2018.07.16

下北沢B&Bで、演劇の話をたっぷり聞く

7月16日(月・祝) 「長塚圭史×田中大介『阿佐ヶ谷スパイダース』劇団化を語る」19:00〜 於・下北沢B&B

いやー、喉元過ぎればナントヤラ。またやらかしてしまった。19時スタートなのに、20時と思い込んでた。
*ちゃんと理由があって、最近申し込んだ8月のトークが20時からだったから!

ハッと気づいた(メールからチケットを表示した)のが6時を回ったころ。夕食を作って一息入れたところだったの。ギョギョギョ。一瞬、パスしようかとも思ったけど(暑いしさ)、いや遅刻しても行くんだ! そこから、ソッコーで着替えて駅まで自転車を飛ばした。幸いにも!ちょうど電車が来て、明大前でも待ち時間ナシで急行が。ありがとぉぉ。
B&Bは同じ下北沢で近所に移転して初めて行ったけど、道にも迷わず、7分ほど前に到着。1ドリンク付きで、いつもならコーヒーか白ワインだけど、流石に「ビール下さいっ」。

遅く着いたわりに、前の方の席を確保するあたりが、年の功かもしれん。

聞き手は徳間書店の方とのこと。長塚さんより少しだけ年下なのかな。あらかじめ椅子に来月、吉祥寺シアターで上演される阿佐ヶ谷スパイダース「MAKOTO」のチラシが置いてあって、まずはこの新作と劇団化の経緯などを(それまで20年くらい、阿佐ヶ谷スパイダースというプロデュース・ユニットだった)。

長年、3人で(長塚、伊達、中山)やって来て、解散の話も出たりしたみたい。だけれど、2年前、仙台で泊まり込んで(家を借りて3人共同生活)地元の人たちと「はらたくおとこ」を作った経験が、とても大きくて、新たなステップへ、ということに。で、昨年末、オーディションをして7人を迎え入れ(オーディションはものすごく大変!とのこと)、他にも中村まこと、村岡希美といった面々も加わった。照明とか制作のスタッフも劇団員。

長塚さんは、語りが真摯で率直。あっという間に時間(休憩10分込みで約2時間)が過ぎてしまった。印象的だったことをいくつか。

2時間の間に「ぐるぐる回る劇場」という言葉が少なくとも3回登場。ちょうど去年、長塚さんが50人しか入れない劇場で「王将」を上演したのとほぼ同時期に、あちらがスタートしたから、というのもあるのかな。大勢を動員する、ちょっと縁のない劇場というニュアンスと、でも興味はある、みたいな、複雑な部分がうかがえたのだけれども。

稽古場には子供連れでくる人も多いから、あちこちで子供の声がして、それがいい感じ(←手放しではない)。このあたりに話はちょっと意外な気がした。

秋に神奈川芸術劇場で上演する「セールスマンの死」は、風間杜夫さんを得て、戯曲が面白いしとても楽しみとのこと。新訳上演。相手役が片平なぎさなので、聞き手の田中さんが「スチュワーデス物語ですね!」。長塚さん「えっ、気づかなかった」

……というわけで、来月は「MAKOTO」を見ます。

| | コメント (1)

2018.07.14

ナショナル・シアター・ライヴを見る

7月13日(金) 「アマデウス」18:55〜 於・吉祥寺オデヲン

(National Theatre Live IN JAPAN 2018)

作/ピーター・シェーファー 演出/マイケル・ロングハースト
出演/ルシアン・ムサマディ(サリエリ)、アダム・ギレン(モーツァルト)、カーラ・クローム(コンスタンツェ)、フラーデ・ブレイ(カヴァリエリ←メゾソプラノ)ほか
演奏/サウスバンク・シンフォニア 195分

NTLで「アマデウス」上演とのことで楽しみにしていた。日本橋に見に行けずがっくりしてたら、吉祥寺で見ることができて、ありがたい。
そして、ほんとに素晴らしかったよー。

80年代のミロス・フォアマン監督の映画「アマデウス」はとても好きで、DVDでも何回か見てる。何年たってもその記憶があるがゆえに、それが逆に不安でもあったかな。でも、それは杞憂でした。サリエリたちに対する私のイメージは崩れることなく、でも視点の違いも感じるという……。そもそも、サリエリ役のムサマディは黒人なんだけど、全然意識しない。
舞台は、このサリエリの独白(と補助役=状況説明的、そよ風という役名の2人)で展開していく。

特筆すべきは、生演奏でオケも舞台上にいること。しかもお芝居に積極的に参加。つまり場面場面で演奏場所も違うし、役者がそばを通り抜けたり、いろいろ。演奏も「見せる」要素大、というところ。
オペラ歌手も加わって、迫力がある。そりゃあ、ドン・ジョバーーンニnoteとか、魔笛とか、演奏されるわけでね。テーマ曲ともいうべき交響曲25番はロック調のアレンジだったり。聞き応えたっぷり。

そして、苦悩の人サリエリ! 長生きしたがゆえの残酷な人生。早熟な天才モーツァルトとキュートなコンスタンツェ。目も耳も頭も満足ですわ。


57a2fd9d99bd40fbb7c7e4d3c9122f0b


| | コメント (0)

2018.07.13

植木屋さん、ご精が出ますね」

7月12日(木) 「市馬落語集」 19:00〜 於・国立演芸場

開口一番(市朗・堀の内、市弥・初天神、市馬・青菜ーー仲入りーー市馬・唐茄子屋政談

D428812105ad4502952a2b4fcbdf64ac

落語集に、珍しく2回続けて行ってきた。次回も行くつもりだけど、会場でもチケットを売っていた年末恒例「歌う落語集」には、きっと行かない……と思うよ。

市朗くんは、大きな声が元気いい「堀の内」。前座さんでこの噺を聞くのは初めてかもしれない。
ところでこの前、吉祥寺で前座くんが座布団に座って斜めの方向にお辞儀してたのが、相当気持ち悪かったんだけど、この日は当然、誰もそんなことはなくて、やっぱりそれが当たり前だと何にも思わないんだな、と。

市弥くんも、たいそう久しぶりだなぁ(次は市童くんが聞けるかもね)。マクラが市馬師匠よりもだいぶ長かったと思う。「初天神」もあっさりオーソドックスなのが、やっぱりこの一門らしいんでしょうね。

さて1席目、白っぽい着物に黒の紗の羽織で涼やかに登場。昔の池袋演芸場のエアコンの噺などでひとしきり笑わせて、「植木屋さん、ご精が出ますね」shine 噺が進むにつれて徐々に笑いの頻度が高くなり、笑い声が大きくなっていく。椅子の背もたれに身体を預けて、ゆったりのんびり。

2席目は、マクラもほぼなくて、遊びがすぎる若旦那が……「船徳」?と思ったら(季節ネタは続けないものなの?)、徳が吾妻橋から身を投げて死のうとするじゃないの。
おおっ!「かぼちゃ屋」かな、などと思いながら聴いてた。噺の完成度としては「青菜」かもしれない(たぶん高座にかける機会が青菜より少ないと思う)。でも、時計を見たら9時半近くてびっくりした。長屋のおかみさんも助かるし、後味よくお開きとなりました。


| | コメント (0)

2018.07.12

夏は花園神社のテント芝居

7月11日(水) 「天守物語 ー夜叉ヶ池編ー2018」19:00〜 於・花園神社境内特設ステージ

原作/泉鏡花 脚色/高取英 構成・演出/加納幸和 出演/松本紀保、田渕正博、原川浩明、一色洋平、水野あや、外波山文明ほか 演奏/寺田英一

久し振りに夏の花園神社・椿組のテント芝居へ。本日初日。
たまたま幼稚園時代のママ友と見に行く(もちろん宴会つき)という話がまとまって、私が少し安いチケットを手配。突然の雷雨の可能性も、なんて脅されてたけど、お天気は大丈夫。小屋の入り口で団扇をもらって(出るときに返す)、パタパタ扇ぎながら見た。中はぎっしり満員。

85609f64ed434aee940bc409aa792344

私はずっと「天守物語」としか思ってなかったんだけど、開演前の口上で、えっ?夜叉ヶ池編⁇と。よくよくみれば、チケットにもそう書いてあるし、配られたパンフには、さらに「異空間」の人たちも。これねー、なまじ「天守物語」なだけに油断して、ろくに見なかったのかも。

オープニングは猪苗代亀ヶ城で、腰元や殿様たち(妖かしも?)が歌って踊るシーンから。パッと景気づけにいいわね。……が、ここの殿様、武田衛門之助が毒を盛られて、首を……。
と、なぜか母親と青年の場面が。これ、明治16年、というのは後から知った。この「異世界」は、息子が語る「彼の見た夢」が軸で、母恋いの部分かな。ちょっと耽美イメージだったり。

そして、夜叉ヶ池のある鹿見村も。龍神伝説を持ち、その龍神をなだめるための鐘を撞く男の娘・白雪と、図書之助は恋仲である。

で、やっとお馴染みの姫路城、おなじみの場面が! 松本紀保さんの富姫の圧倒的な存在感に目を奪われる。わりと地味なイメージがあったけど(以前、この椿組で見た時もそれほど華やかではなかった)、流石の姫さまでありました。高麗屋っ。←実際に声がかかってたよ。ま、予測はできた。
一方の亀姫と舌長姫は花組芝居の役者さん、ということで、こちらはキモ可愛い存在かなぁ。

姫路城と鹿見村、そして異空間を行ったり来たりしながら、大詰めは天守物語でありながら、それらが一体となっているような、面白い脚本だった。

終演後は、もう少し新宿駅に近寄って、ドイツビール屋さんで一献。なんか、正しい夏の過ごし方、という気もしたぞ。

*鹿見村のパートは、日照り続き、雨乞い、龍神、洪水、水に呑まれる、などがキーワードになってるので、なんだかね、タイミング悪かったよ。

27be2fa903f444d89cc09613cca8a1f1

↑オープニング。(ステージ・ナタリーのサイトより)


| | コメント (0)

2018.07.10

思いついて落語会へ

7月8日(日) 「武蔵野〈七夕〉寄席」14:00〜 於・武蔵野公会堂

開口一番(春風亭昇咲・転失気)、市江・権助魚、桂米福・寝床ーー仲入りーーボンボンブラザース、市馬・らくだ

B4c23414ae584a43b60484f46e1ee8b8

これ、気がついたら売り切れてたんだけど、朝、武蔵野文化事業団のツイートで「関係者席開放につき、数席、当日券あり」とあるのを見つけた。ちょうど暇な日だし、吉祥寺駅前だから行くのも楽チン……と即決。当日券だけどネット予約もできるし、その点はよかった。

関係者席というだけあって、歌舞伎でいうと「とちりセンター」と言った席。お客さんは地元の高齢者多し、という感じかな。

前座、昇咲(しょうさく)さんは昇太さんの弟子だって。いきなり坊さんが小僧に「転失気とは何か」を答えさせるところから。このパターンは初めて。なかなかテンポよくてよかった……けど、座布団でお辞儀する時、真っ直ぐ正面に向かってお辞儀してほしいなぁ。初めとおしまいに。こんなのも初めてだ。

市江くん。独特のキャラがあるよね、とは思うんだけど、やっぱり滑舌が気になる。何度も出てくる「網とり魚」がよく聞き取れないと思うぞ。

桂米福さんは全く知らなくて、上方の噺家さんかと思っちゃった。米丸さんの弟子なのね、ということで歌丸さんのことも少し。割と渋い感じの風貌なので、市馬師匠より年上かと思ってたけど、そうじゃなかった。派手さはないけど、間の取り方とかうまくてアハハハと笑ったなー。

仲入りの後はボンボンブラザースの太神楽。こういうお年の芸人さんは、たいてい市馬師匠の会で出会ってるんだよね、ということで2回目。正直、前の記憶は全くなかった(11年前らしい)。いかにも寄席の太神楽、という芸。
ところで私の席は中央通路から3つ目。最初、隣2つが空いてて、途中で隣に若い男の子が(今どきのスラリな青年)。仲入り後からは通路際に座ってたんだけど、この太神楽の時、観客参加で舞台にあげられたんだよね。若いから目立ってた、ということもあるでしょうけど、関係者席の列だけに、「仕込みじゃないの?」などと思っちゃったわ。

さて、市馬師匠。季節柄、夏の噺が聞けるかしら、と思ってたらば、殆どマクラもなしに「らくだ」でした。いつもながら屑屋が酔って豹変するところが面白い。茶碗に2杯飲んで、酒が回っちゃうのね! 心地よく噺の世界に浸って、楽しかった!


| | コメント (0)

2018.07.09

「晴れの国」はどこへ

7月9日(月)

土曜日、13時開演の紀伊國屋サザンシアターに向かう途中、そして終演してから、メールのやりとりや電話が忙しかった。いや、朝から、親戚・友人とLINEなどでやりとりもしてたか。

というのも、私の実家が、水害の被災地の一つ、岡山県総社市だから。そして家から総社市役所までの距離と、真備町役場(昔は吉備郡真備町だった)までの距離はそう変わらないはずだから。ま、要はそんな所ですのん。

岡山県のキャッチフレーズは「晴れの国おかやま」のはずなのに、一体どうしたことか、と思ってしまう。

さいわい私の場合、無人の実家も、姉や姪の家も殆ど被害はなかった(水没地域ではないから)。でも、実家に老親が住んでいたら、などと思うと冷や汗が出る。災害の時は、病人や老人、こども……ほんとに気になるもの。(私も今はかろうじて元気だけど、明日は我が身)

東京はとっとと梅雨明けして、それほど雨も降ってないのに、西日本にどうしてあんなに長時間大雨が。まぁ、いろいろ説明されても、ただただ理不尽だなぁと思うよ。

*そうだ。今回の災害で、精力的にツイッター発信などもしている市長さんが注目されてるもよう。小さい市だから、歴代の市長は、友人の親、イトコの同級生などなどで、今の市長は姉の恩師の息子さん。その辺が田舎らしさでもある。(新しい住民が増えていけば、そういうこともなくなるのかな。)
もともと橋本龍太郎秘書だったそうだけど、そのうち国政に打って出て……人相が悪くなったらヤだなー。

| | コメント (4)

2018.07.08

尾上右近くん主演のストレートプレイ

7月7日(土) 「WATER by the SPOONFUL 〜スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ〜」 13:00〜 於・紀伊國屋サザンシアター

作/キアラ・アレグリア・ヒュディス 翻訳・演出/G2. 出演/尾上右近(エリオット)、篠井英介(オデッサ)、南沢奈央(ヤズミン)、葛山信吾(ジョン)、鈴木壮麻(ウィルスキー)、村川絵梨(マデリーン)、陰山泰(アマン教授ほか)

07942e5bc3be4fc987f11a021fa45451

歌舞伎役者だけでなく、清元栄寿太夫としてもスタートした右近くん。このタイミングでストレートプレイに主演ですか! 篠井英介さんもご出演ということで素早く製作のパルコでチケットを買ったのよねー。……えーっと、かなりお安いチケットも見かける昨今coldsweats02
これねー、出演者がちょっと地味?ということもあるかしら(私は陰山さんも大好きだけど!)。
そして、タイトルがなんだかなぁ、でもある。「ウォーターなんとか」としか言えないもん。その上、サブタイトルが私の好みじゃない。ま、それはどうでもいいんですが。

上に、公式サイトにある人物相関図を載せたけど、私はあらかじめほぼ何も見てなかったので、最初のうちは、?と思う部分も。それは主に、「俳句ママ、オランウータン、アミダクジ、ミネラルウォーター」というハンドルネームで呼び合うチャットの世界。それを舞台の上で視覚で見せるわけですもん。ま、見てるうちに、この状況と彼らが重症の「薬物依存」の過去を持ち、なんとかそこから脱しようとしていることがわかってくる。
一方、右近くんのエリオットも、また様々なことに直面しつつ生きている。若いけどエリオットの抱えているものは、とてつもなく重い。子供の頃のつらい記憶、実の母との確執、イラク戦争での傷(心にも身体にも)……。いとこのヤズミンは、自分も問題を抱えつつもそんなエリオットをフォローしてる。

シンプルな舞台装置で、チャット部分と、現実の会話場面の転換も鮮やか。音楽もとても素敵。ヤズミンの仕事の関係もあって、コルトレーン「至上の愛」とかも。

右近くんの役は、なかなか手強いと思うんだけど、ナイーブさがいい感じ。でも、やっぱり篠井さんの存在感が圧倒的かな(右近くんのラジオ「カブキ・チューン」にゲスト出演した篠井さんが、「よくこの役を受けたわね」みたいに言ってたっけーー2週にわたって放送されたこの二人の会話はとても面白くて、別項を立てたいくらい)。
まあねー、今この役をやらねばならない、というモチベーションは、どこから?とも思うわ。


| | コメント (2)

2018.07.04

白金台集合、湯島解散

7月4日(水)

前回は仙川ランチのち府中市美術館を楽しんだ友人と、白金台待ち合わせ。私は普段は全く縁のないあたりなんだなー。

医科学研究所内を通り抜けて、松岡美術館へ。

53b28a50ea2c4e9ca491132f1ac28701

↑2階の企画展

ゆったりしたエントランスと、大きな窓越しに見える庭の緑。(人もそういないので)ほんとに好きなペースで見られる。1階は常設展で、古代エジプト関係、ガンダーラ・南インドの仏像、現代彫刻(ヘンリー・ムーアなど)。
そして2階が企画展で、東洋陶磁とエコール・ド・パリ! こうして書くと、ほんとに雑多よね。でも、不思議に和むし、適度な解説にふむむむ。この企画展では、以前行った台湾の故宮南院(青磁や白磁がどっさり)を思い出したし、モンマルトルの「洗濯船」跡なんかも。

ランチの後、山手線で日暮里へ。上野桜木のギャラリーが目的地だったんだけど、ちょっと道に迷ったり。欧米系の観光客が多いのねー。
櫻木画廊「由良環写真展 都市の距爪ーハバナ」
先日、近代美術館で知人の写真に出くわしたり、女性の写真家に不思議と縁がある感じ。

近く(といっても団子坂上)の知り合いの出版社を訪ねたりして、最後は湯島の「シンスケ」にて一献。駅近だし、賑わってました。
暑さも少しだけやわらいで、あちこちのんびり、いい一日でした。

| | コメント (0)

2018.07.02

「狂言劇場」Bプログラムを2回見た

6月23日(土)18:00〜 (1階J列26)
7月 1日(日)14:00〜 (3階A列25)
「狂言劇場 特別版」Bプログラム 於・世田谷パブリックシアター

舞囃子「三番叟」裕基/笛・竹市学、小鼓頭取・鵜澤洋太郎、大鼓・亀井広忠
能「鷹姫」大槻文蔵(老人)、大槻裕一(23日・鷹姫)、片山九郎右衛門(1日・鷹姫)、萬斎(空賦麟)、観世喜正・深田博治ほか(地謡)

Aプログラムは、狂言「呼声」「楢山節考」。今回は「鷹姫」を見たかったのでBプロのみで。
が、23日は萬斎さんのポストトークが付いているからか、最初チケットが取れなくて(友の会で外れた)、万作の会「よいやよいや」先行もダメ。これは先着順で、仕方なく1日の3階席を取った。その後、一般発売が始まったら普通に取れたんだと思う(なので友の会割引で購入)。
結果的に2回見ることになって、3階席の分は売ってもいいか、くらいだったけど、23日にとても面白かったので、上からも見たのよー。

「三番叟」

23日) 裕基君は、紋付袴、直面で。私の席はJ列だけど、特設能舞台だから前から4列目くらい。少し右に寄ってる程度なのでよく見えた。途中で、裕基君の茶色の袴に汗が飛び散ってるのを発見! いやー、精一杯の「三番叟」で、見てる方も力が入りました。
*この夏、パリで親子三代の「三番叟」を上演するとのこと。

74f53984e0514b6fa656f49035cab06b

(C) 世田谷パブリックシアター

さすがに3階から見て面白い、ということはなくて、1日はかなりsleepy


» 続きを読む

| | コメント (0)

2018.07.01

夏が来た!

7月1日(日)

関東甲信は6月29日に梅雨明けしてしまった。確かに、すっかり夏の熱気だよ(しかーし梅雨はほんとにあったっけ?)。 昨日など、姉からのメールにrainマークがついてて、うらやましーいと返信したわよ。

暑くなると、マチネ公演など睡魔に襲われがち。汗をかきかき外を歩いて、涼しい劇場に入るでしょ、日差しにやられた身体はひとたまりもありませんわ。
というわけで(笑)、本日14時からの「狂言劇場」は、かなりsleepy 3階だったこともあるかな……。でも、23日(土)にはしっかり見たから、感想はちゃんと書きますよwink

そして、今年の調布国際音楽祭には、昨日今日と参戦。仕事とかち合ってしまって深大寺のコンサートや、平野啓一郎の小説がらみのコンサートには行けなかった。まあ、また来年だ。

今月、臨時仕事もあって、ちょっと歌舞伎から遠ざかることに……。菊ちゃんの巡業、月末の練馬になんとか行きたいものだ(川越のチケットを手放した)。

| | コメント (0)

«G8会議とミステリー⁉︎