« 「万作を観る会」 | トップページ | 「観世九皐会別会」・・・さて我が「能力」は? »

2004.10.25

「国本武春ソロライブ」

10月24日(日) 17:00~ 於・スタジオアムリタ(吉祥寺)

前に予定として書いた通り、千駄ヶ谷で狂言を見た後は中央線で移動して吉祥寺へ。受付で落語仲間のPさんと出会って、お互いにビックリ。開演を待つ間、少しお喋りができてよかった。彼女は「横浜にぎわい座」や「木馬亭」にも行っているとのことで、さ~すが。

「待ってましたっ」の国本さん登場・・・休憩なしでほぼ2時間、達者な喋りや三味線も存分に披露されてあっという間に過ぎたのだった。
まずは、「解体新書」(世田谷パブリックシアター)でも経験済みの、「待ってました」「たっぷり」「日本一」の掛け声の練習から・・・。そして

♪落語を題材にした「松山鏡」
♪ふしぎなお経?「アジアの祈り」。これは客席の私たちも一緒に練習。“あんがらずうだら”あ、もう忘れちゃった。

津軽、琉球、中国、スペイン(フラメンコ)のメロディを三味線で。その後、アメリカ留学の話も交えて、
♪「しけこみブルース」と「敬老ロックンロール」

「忠臣蔵」はさわりだけだったが、松の廊下の部分の手つきを皆で練習。忘年会にいいんだとか!?
ラスト♪「巌流島」で、アンコール「ええじゃないか」。

それこそ地下の秘密倶楽部のような会場で、笑って歌って(!)あ~面白かった。やっぱりクセになりそうな国本ワールドなんである。

|

« 「万作を観る会」 | トップページ | 「観世九皐会別会」・・・さて我が「能力」は? »

講談、浪曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「万作を観る会」 | トップページ | 「観世九皐会別会」・・・さて我が「能力」は? »