« 「赤鬼 日本バージョン」 | トップページ | 「楡の木陰の欲望」 »

2004.10.17

「東西狂言の会」

10月17日(日) 16:00~ 於・三鷹市公会堂

 ・「寝音曲」 茂山千之丞、丸石やすし
 ・「業平餅」 野村萬斎、野村万作、石田幸雄ほか

三鷹で年に一度行われる、茂山家と野村家の「東西狂言の会」。ほぼこのためにMARCL会員になっていると言っても過言ではないワタクシ。でも、正面の列は取れなかったけど。
まずは石田幸雄さんの解説から。あいかわらず軽妙な喋りで、ぐいぐい引きこまれる。それでいて初心者にも親切な解説だから、狂言への親しみが増しそう。私も狂言を見始めた頃に石田さんのお話を聞いて、基本のところを言葉で教わったように思う。

♪「寝音曲」
解説の中で石田さんが、東西での違いとして「東京の方が武張っている」という意味のことを仰っていたが、たしかにより人間くさいというのか、やわらかさを感じた。千之丞さんは1923年生まれとのこと。とてもそうは思えないつややかな声で、文句なしに楽しい「寝音曲」だった。

♪「業平餅」
狂言には珍しく豪華な衣裳(王朝貴族)と面を使うということで、装束にも注目。それにしても稚児で裕基くんが出てきた時には小さなどよめきというか、「かわいい」という声がこだましてくるような空気だった。このあたり地方公演(だよね?一応)ならではの雰囲気がある。業平は全くコミカルで驚くほど。家にある同じ萬斎さん出演の「業平餅」DVD(NHKのを録画)をざざーっと見たときには、ここまでは感じなかったのだけれど。あとでちゃんと見て、おさらいしよう。

能楽堂のピンと張りつめたような清々しい舞台が好きで、つい「どうせなら能楽堂で見たい」なんて思ってしまうのだけれど、「遺産」としてまつりあげられるものではなく、庶民の中で生き続ける狂言のエネルギーは、身近な会場に足を運ぶ個々の人たちに根ざしているのかもしれない。

(初めて狂言に着物で行く:黒地のお召)

|

« 「赤鬼 日本バージョン」 | トップページ | 「楡の木陰の欲望」 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「赤鬼 日本バージョン」 | トップページ | 「楡の木陰の欲望」 »