« 「The 能」と「奈良美智個展」 | トップページ | 「第100回ミックス寄席 桃白鳥」 »

2004.11.26

仕事の前に、一芝居? 「葛の葉」を見る

11月25日(木) 幕見「葛の葉」 於・歌舞伎座

今日から仕事が遅めのシフト。その初日=まだ元気、しかも夕食の準備は不要=時間に余裕がある、という2条件が揃ったものだから、いそいそと歌舞伎座へ。10分くらいは並んで待ってたかなあ。結果的には、余裕で座れたしギリギリでも全くOKだったけど。家族のこと(食事とか)など気にせずに、趣味に邁進できてる風な(?)諸氏諸嬢が羨ましくもある<はい、八つ当たりです。
2時出社じゃなくて、4時出社ならば、前回惨敗した「関の扉」に再挑戦できたのに、そこまでは望めず・・・。全くのフリー労働者になろうかな。

さて、今日はこの前は忘れてしまった双眼鏡を持参したおかげで、鴈治郎が障子に書く和歌もよく見えた。傍で実際にどのくらいの大きさなのか見てみたいくらい。左手で書いたり、裏文字だったり、口にくわえた筆で書いたり・・・それが、とても綺麗な字だし、「風景」としてバランスが取れていて、「注文通りに」感心してしまう。基本的にはあまり双眼鏡は使わずに全体を見たい(遠い席でも)、と思っているのだが、まあ時と場合によるということに。そして、やはり「子別れ」にはジーンとしてしまう。

見終わって、銀座一丁目から地下鉄に乗るはずが、銀座駅で妥協(道に迷いそうだったから!?) 。でもおかげで小春日和の弁慶橋あたりを散歩もできて、よい一日(嵐の前のやすらぎ?)なのだった。
ただし、せっかく歌舞伎座に行ったのに、電話予約してある来月の切符を受け取るのをすっかり忘れていた。このまま忘れてしまいそう・・・。

【追記】↑私が散歩した数時間後にニューオータニ前を通った人から「ヨン様はここに泊まるの? オバサンがいーっぱいいたよ」との報告が。成田に到着した日なのでした=翌日ファンが怪我をした。

|

« 「The 能」と「奈良美智個展」 | トップページ | 「第100回ミックス寄席 桃白鳥」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「The 能」と「奈良美智個展」 | トップページ | 「第100回ミックス寄席 桃白鳥」 »