« 谷中散歩:「暮らしの中の人形遊び展」 | トップページ | 「見よ、飛行機の高く飛べるを」 »

2004.11.09

「葛の葉」を堪能した、歌舞伎座の昼

11月9日(火) 吉例顔見世大歌舞伎・昼の部  11:00~ 於・歌舞伎座

♪箙の梅
♪芦屋道満大内鏡 葛の葉
♪積恋雪関扉
♪松栄祝嶋台 お祭り

最近は代休と言えば寄席に行くことが多かったのだが、とある事情により、今月は歌舞伎に。3階の第3列、左から3番目の席である。実は1週間前に予約したときから、左の2席と後ろは空いており、身を乗り出してもOKだし結構気楽な観劇であった。しかも最近は(歌舞伎座では)迷惑な客に閉口することがままあったが、それもなくて、ゆったり観られた。

一応目当ては「関の扉」であったが、昼食後でしかも「葛の葉」でかなりエネルギーを使った後でもあり、あぁぁ意識が飛んでいる。踊りの「よさ」がわからないんだ、私にはまだ。しかも私の周りは途中ほぼ全滅と言ってよいほど←どこを見てるのか。でも福助さん登場からは、しっかり観た(って、時間的には僅かかな)。・・・富十郎丈の若々しさを喜ぶ。
「関の扉」の代わりと言っては申し訳ないが、鴈治郎丈の「葛の葉」にはもう大満足。2役の見た目の楽しさや、障子に和歌を書くときの「技」、道行の場の美しさなどなど、これぞ歌舞伎を観る楽しさよ!
そして、「動物と子供には勝てない」というのはCMの世界だけではないようで、「豆松嶋」千之助くんの初舞台で楽しい締めくくりとなった。結構ちゃんと踊ったり、口上があったり、ほんとに伝統芸のおうちのお子さまは、大したもんだなあ。最後は花道からおじいちゃまにおんぶされて入る演出。

「関の扉」「お祭り」では、私の少し後ろで大向こうの声がかかり、なかなか歯切れよくて、さすが! と感心した。特に「お祭り」はもうパワー全開というところで、幕があくとすぐ「延寿太夫!」と清元に声がかかってびっくり。そのあとも「おめでとう!」「豆松嶋!」などなど、私も気持ちよく楽しんだ。

|

« 谷中散歩:「暮らしの中の人形遊び展」 | トップページ | 「見よ、飛行機の高く飛べるを」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

もう3週間ほど昔のことですが、「夜の部」に行きました。まあ、吉右衛門に会いに行ったようなものですが。仁左衛門初役の河内山もなかなか。ちょっとつらかったのが「廓文章」の鴈治郎。これは単に好き嫌いの問題なのですが、どの役でもよだれをすすり上げるようなあの台詞回しがどうにも馴染めないのです。収穫は福助。女形オッカケの私としては、玉三郎、菊之助そして福助、三つまたです。

投稿: クァン | 2004.12.04 00:53

クァンさま、ようこそ。「夜の部」にお出かけの日に、どなたかにお会いになりましたか?(笑)
私も今まで鴈治郎って眼中になかったんですが、あらあってなもんで。
「玉三郎、菊之助そして福助」は全く同感(でも福助の声は好きじゃないかも)。
若い分だけ、菊之助く~ん、のオババな私ですが、彼の揚巻に会える日ももうすぐです。ウキウキ。

投稿: きびだんご | 2004.12.04 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 谷中散歩:「暮らしの中の人形遊び展」 | トップページ | 「見よ、飛行機の高く飛べるを」 »