« 喬太郎「一日警察署長」に大爆笑 | トップページ | お久しぶりです「古典とわたし」 »

2004.12.04

ハコと中身の不一致?「イケニエの人」

12月4日(土) 14:30~ 大人計画「イケニエの人」 於・世田谷パブリックシアター

松尾スズキの作・演出で、阿部サダヲやクドカンほか大人計画総出演の芝居が、パブリックシアターに登場! ということで、チケット争奪戦も厳しかったのでは。私もSePT先行予約にはあっけなく敗れ、なんとかイープラスで確保。S席なのに2階の3列目だ、とガッカリしていたけれど、ちょうど舞台の真正面で通路脇、座席自体がかなりな階段状なのでとても見やすくてよかった。観客は若い人がほとんどでした、やっぱり。

しかし、芝居に関してはあまり書くことがない・・・。少し前に見た「赤鬼」は、見終わってから考えることがありすぎて、やや私の手に余るがゆえに、書けなかったのだけれど、これはそういうわけではなくて、うーん、ストーリーがよくわからない。それならそれで、ギャグ満載で笑いのめされるとかならまだしも、そうでもなくて。ゆえに、2時間余りの上演時間がとても長く感じられた。

後から思うに、これがパブリックシアターじゃなくてもっと小さな劇場ならば、役者の濃さとも相まってかなり濃密なものになって、印象もまた違ったのでは、ということ。この芝居にとっては「ハコ」が大きすぎ&お上品すぎたような気がしている。全くの偏見かもしれないけど。が、役者さんはほんとにそれぞれ個性的で面白かった。特に誰、と挙げられないくらい。←これにも問題アリか?
劇中で、東北旧石器文化研究所の事件がパロられていたことが、私にとってのツボだったかなあ。

|

« 喬太郎「一日警察署長」に大爆笑 | トップページ | お久しぶりです「古典とわたし」 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喬太郎「一日警察署長」に大爆笑 | トップページ | お久しぶりです「古典とわたし」 »