« 謹賀新年 | トップページ | 新春アートウォーキング2005「The 能」 »

2005.01.04

新年は歌舞伎から:「新橋演舞場 昼の部」

1月4日(火) 11:00~ 於・新橋演舞場

「毛谷村」 海老蔵(六助)、菊之助(お園)、亀蔵(微塵弾正)ほか
「奴道成寺」 松緑
「人情噺文七元結」 菊五郎(左官長兵衛)、田之助(女房お兼)、團十郎(和泉屋清兵衛)ほか

年の初めのこんな時期に歌舞伎を観に行くことは今までになかった・・・できるだけ月の後半に観たいという気持ちもあるし。でも、そうも言ってられず、とにかく海老蔵/菊之助を観なくてはと出かけたのだった。
いつも開演ギリギリにしか到着できなくて、この余裕のなさをなんとかしたいと思っていたが、今日は20分近く余裕があった。この調子でずっといきたいものである。

さてさて、まずは脇役の話から。特に伝統芸能って、いかに主役が輝くかというのに尽きるような気がするけれど、人気者目当てに見に行って、ちょっとした時に「ああこの人(役)はいいなあ」という役者に出会えるのも嬉しい。たとえば今日の「文七元結」では角海老娘・お光(菊史郎)。優しい声でふんわりした感じが、あの角海老内証の場の、「強い、くどい」空気をうまく和らげていたような気がする。女将お駒の時蔵もぴしっとしていてよかった。でも・・・襲名披露となる尾上右近のお久はどうかなあ。もしかして年齢にしては上手いのかもしれないけど、もっとあっさりしてくれよ~。と、ついつい平成中村座・文七元結での坂東新悟(弥十郎の息子)と比較してしまった。
幕切れ近くでは、出演者がずらり並んでの豪華な口上もあって、さすが六代目菊五郎の曾孫なのである。

「毛谷村」ではまあストーリーは二の次で、海老蔵、菊之助を堪能する。っていうか、そういう狂言でしょう??臼を動かす場面など、不要なんじゃないかと思ったくらい。「奴道成寺」を去年、亀治郎(浅草)で観た、と思っていたが、もう一昨年のことだったのか!! 三種類の面を次々に替えるところが、わりと見える席だったので、なかなか興味深かった。出だしの踊りの時に、能装束風なのにも注目。
「文七元結」は落語好きにはお馴染みの話だし、ふむふむと思いつつ観る。でもそんなに入り込めなかったのはなぜかなあ・・・。菊之助の文七はよかったと思うけど。

というわけで(?)、今年の観劇目標は、・余裕をもって劇場に入る ・菊之助くんを頑張って観る ・道成寺関係のものをあれこれ観る、にしよう。次々に目標項目が増えそうだけど。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 新春アートウォーキング2005「The 能」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 | トップページ | 新春アートウォーキング2005「The 能」 »