« 二度目の一人芝居は、戸田恵子 | トップページ | 1月のおさらい、2月のもくろみ »

2005.01.24

今年は満足、浅草歌舞伎

1月23日(日) 15:00~ 「新春浅草歌舞伎 第2部」 於・浅草公会堂

(お年玉=年始挨拶、門之助)
「御所五郎蔵」 獅童(御所五郎蔵)、愛之助(星影土右衛門)、亀治郎(甲屋女房郁)
「鏡獅子」 七之助
「恋飛脚大和往来 封印切」 愛之助(忠兵衛)、亀治蔵(梅川)、男女蔵(八右衛門)、門之助(おえん)ほか

去年は、これは面白い(カッコイイ)というのがなくて、今年行こうかどうしようか迷ったのだが、浅草観光も含めて友人と楽しむ、ということで、3年連続で1月の浅草歌舞伎へ。

結論から言うと、ほんとに満足しました! それは第一に、愛之助さん。封印切の忠兵衛は、すごい熱演だったと思う。ちなみに第1部は「成駒屋型」で、私が見た第2部は「松嶋屋型」で演じられた。・・・って、封印切を見るのは初めてで、どうしても「新 近松心中物語」の阿部寛の忠兵衛が浮かんでしまう私だったが。
最初はけっこう、軽くておかしい忠兵衛なのだが、それが井筒屋の場では一転、にくたらしい八右衛門に挑発されて、封印を切ってしまうまでに追いつめられる。その葛藤や苦悩。冷静に考えれば「思慮がない」んだけれど、純粋な一途さは、前半の忠兵衛があればこそ。
井筒屋おえんを演じた門之助も、ぴりっと締めて印象深い。

そして第二に「鏡獅子」。やっぱり見せ場の多い踊りだし、迫力あり。七之助の毛振り(髪洗いというのか)はもうちょっと?のような気がするが。でも、彼のファンだと目がハートになりそうではある。で、何が良かったかというと、実はお囃子。傳左衛門さんの小鼓をはじめ、緊迫感たっぷりで、引きこまれてしまった。長唄もとてもよかったし(これで、去年の「吉野山」の時の、変な清元は帳消しか。あ、去年も七之助の踊りだったんだ)。

獅童も、持ち味が出ていて、去年よりはうんとよかったように思う。役によるのか?

去年ぶつぶつ言っていたら、「長い目で見守らなくっちゃ」と友人に言われた。確かに、若手が大きな役を演じるのだから、完成品を求めてはいけないよね。浅草歌舞伎の意義とか良さが、ちょっとはわかったかもしれない。
それにしても、光ってました。愛之助さん!!

|

« 二度目の一人芝居は、戸田恵子 | トップページ | 1月のおさらい、2月のもくろみ »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二度目の一人芝居は、戸田恵子 | トップページ | 1月のおさらい、2月のもくろみ »