« 今年の初落語は、節分の夜の「掛取り」 | トップページ | 目指すは「御神酒徳利」善六のおかみさん!? »

2005.02.06

くだらない話だけど。浅草歌舞伎余談

書き忘れていたので。今年の浅草歌舞伎・第2部の「鏡獅子」のことを。

といっても、主役のあの人のことではありません。
老女飛鳥井(勘之丞)! 髪の毛が白髪というよりは黄色っぽくて、その髪の色といい、お顔の感じといい・・・春風亭小朝さんを思い浮かべて仕方なかった。という、下らないけど喋りたい話を、する相手がいないまま、忘れてた。

そして、何かと話題でもあった、胡蝶の二人(橋之助の長男・次男)。近くの「口さがない」オバサマが、歌舞伎やるんなら太ってちゃダメよ、な~んて言ってたけど、確かにこの二人に胡蝶の役はいかがなものか、とも思うが、小さいときに太っていても成長してスッキリというのはよくあるよね、と。一応、親の気持ちになってみました。

この日は浅草観光の一日だったので、昼食は「レストラン大宮」へ。2階がいっぱいで初めて1階のカウンターで、ハヤシライスを食べたのだが、あっさりしていて美味。ちゃんと食事できる店って、ここと「美家古寿司」くらいしか知らないので、ちょっと迷ったけど、やはりお寿司はお高いのでパスでした。
その後、新仲見世あたりをフラフラして、漬け物、手焼き煎餅、芋きんつば・かりんとうを買ったり、開演までの時間調整もかねて「アンヂェラス」でお茶したり。でも、最後に散財してしまったのは、予想外の雪→雨で、え~いとばかりに立派な傘を買ってしまったこと! 同情(?)されたのか、傘袋をおまけしてくれた。

|

« 今年の初落語は、節分の夜の「掛取り」 | トップページ | 目指すは「御神酒徳利」善六のおかみさん!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

どこかで小朝のことについて読んだと思ったら、ここでした。先日独演会にいってきました。近いからというだけの理由で、落語はこれで3回目かな?
大きなホールの後ろのほうだったので、髪の毛の具合とかはよく見えませんでした。
噺の題が一つもわからなかったことに、後から気付いて愕然。遅刻したせいでしょうか、チラシもないし、こういうこともありなんですね、落語では。とても脱力して楽しみました!
くだらないけど喋りたい話をさせていただきました。

投稿: タンゴ | 2005.02.16 15:16

タンゴさま
3回目の落語ということは、前2回は私がお誘いした会ですか?
小朝さんとか談志さんの会だと、どんな噺をされるか、事前にはわからない場合が多いようです。
終演後、どこかに張り出されていたかもしれませんよ。
「脱力して楽しむ」! なるほどね。何よりでした!!

投稿: きびだんご | 2005.02.16 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の初落語は、節分の夜の「掛取り」 | トップページ | 目指すは「御神酒徳利」善六のおかみさん!? »