« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005.04.27

「山中常盤」とは何だ

4月26日(火) 映画「山中常盤」 11:30~の回  於・岩波ホール

ゴールデンウィークを控えたこの時期、クドカン映画でも香港映画でもなく、「山中常盤」を観に行くというのも、私なりのミーハー路線ってわけで(しかも、再上映だから1周遅れだね)。
しかし、上っ面にのみとらわれているから、岩佐又兵衛、絵巻・・・くらいの知識しか持たずに行ってみましたらば、常盤とは常盤御前、サブタイトルも「牛若丸と常盤御前--母と子の物語」だなんて、やはりどうしたって出会ってしまう義経サン。

「山中常盤」は全12巻の絵巻で、古浄瑠璃を題材にしたもの。150メートルに及ぶというこの絵巻を映画にするという発想そのものに、まず驚く。そして、詞書としてつけられていた古浄瑠璃に曲をつけ(by鶴澤清治)、太夫が語る。といっても、エンエン絵巻が順を追って映し出されているのではなくて、ストーリーに関わる風景、ナレーションが挿入される。この時の音楽はサティのヴェクサシオン。

最初のうちは、正直、面食らったようなところもあったのだけれど、だんだん絵巻の世界に取り込まれていった。クライマックスの、山中宿で常盤と侍女が盗賊に殺されるシーン、そして牛若が仇を討つシーンなど、いまもその絵の構図や色彩(コミカルなまでに残酷な殺しの場面!)が脳裏に甦る。

映画は、単に絵巻を新たな音楽で見せるのではなくて、そのストーリーに重ねるようにして、作者・岩佐又兵衛の生い立ち(戦国大名の子に生まれながら、父が織田信長の怒りをかったために一族がみな殺され、乳飲み子だったがゆえに助かった)と、21で斬首されたその母への思いを映し出す。

個人的には、浄瑠璃の作調と小鼓などを担当している仙波清彦さんの名前が懐かしかった。10年くらい前に何年か続けて、彼が出演するコンサート(Asian Fantasy)に行っていたんだもん。鼓の家に生まれたパーカッショニストという認識だったのだが、久しぶりに彼の名前に出会った。そういえば、サティをよく聴いていたのも同時期だったかもしれない。浄瑠璃を語ったのは豊竹呂勢太夫さん。淡々としていながら深みのある声だったなぁ。

 

| | コメント (3)

2005.04.23

新緑の上野公園、藝大美術館へ

4月22日(金) 「厳島神社国宝展」 於・東京藝術大学大学美術館(5月8日まで)

 3月25日から開催されている、台風被害復興支援・厳島神社国宝展に、やっと行って来た(午後3時から会社なので、その前に、ということで)。平日の昼の上野公園には、いい天気に誘われて人がいっぱい。それぞれに新緑を楽しんでいるようだが、そそくさと藝大へ向かう。行く機会がなくて初めてである。

 国宝展はエレベーターで上がった3階。まず狛犬が迎えてくれた。展示は
 ・平家ゆかりの品々(鎧兜、太刀、扇、厳島神社の古神宝など)
 ・平家納経
 ・芸能(能装束、面)
 の3部構成となっている。鎧は目の前で見ると、美しく細工された革が使ってあって、技術や美意識などの面でも興味深い。安徳天皇のオモチャだったと伝えられる檜扇も印象的。
 どうも、見て美しい物に惹かれるので、文書類はそそくさと。目玉の平家納経は、見返し部分の美しい絵と、「冒頭の10行は清盛の筆」などという説明でちょこっと経を見る。ちょうどチラシの表面にドーンと写真が載っている「法華経 薬王菩薩本事品第二十三」の展示期間中だったのはラッキー!
 そして、実はというか当然というか、能装束をウキウキと楽しむ。中でも、安土桃山時代の唐織がよかった。というのも、「鳳凰桜雪持笹文様」の鳳凰がとってもアジア~!!で、当時の交易に思いを馳せたり、そんな(今から見ればキッチュな感じもする)鳳凰が能装束というのも、妙に楽しい。

 地下1階は藝大のコレクション展で、全く予備知識なく覗いてみてビックリ。入るとすぐ正面に、高橋由一の「鮭」がドーン。そしてあの大きなのは「序の舞」だぁ、というわけで、私でも知っている有名な絵に遭遇したのであった。

 平家納経と能装束は会期中に展示替えがあって、もう後半だから、全部は見られないのが残念。でも、おおっと思った物(ここに書いた法華経とか唐織など)は、みんなチラシに載ってるということを帰宅後に知って、私は「美術館が対象にしている典型」かしら、と妙におかしい←やはり行こうかと思っていたらしい夫は、文書が出てないなら行かないそうで、「綺麗な物じゃないと人は呼べないよ」という話になった。

 

| | コメント (2)

2005.04.19

娘道成寺をじっくり見た

4月18日(月) 「四月大歌舞伎・昼の部」 11:00~ 於・歌舞伎座

「ひらかな盛衰記 源太勘當」 勘太郎(梶原源太景季)、海老蔵(梶原平次景高)、秀太郎(母 延寿) ほか
京鹿子娘道成寺 道行より押戻しまで」 勘三郎(白拍子花子)、芝翫ほか(所化)、團十郎(大館左馬五郎照秀)
与話情浮名横櫛 見染めの場 源氏店の場」 仁左衛門(与三郎)、玉三郎(お富)、勘三郎(鳶頭 金五郎)、左團次(蝙蝠安) ほか

浮かれているので、今月2度目の昼の部観劇。1回目は3階から、今度は久しぶりに脱・3階(ったって2階だけど)。最近の遅刻を深く悔いて、15分前には到着。・・・でも、売店で買う物もないなぁ。

さすがに花道がある程度見える席だったから、道成寺にも満足。といっても、いつものように踊り自体はどうも苦手なんだけど。その分、衣裳をじっくり観察。能装束では裾の方に見える黒地に模様入りの丸紋が、歌舞伎では帯に使われている。愛読している『演目別にみる能装束』(2004年11月6日の項参照)によると、やはり女の怨霊のスタンダード・ファッションらしい。捕り手はみんな「花四天」と言うのかと思ったら、この道成寺のは「鱗四天」で鱗柄を着ている。怨霊本人じゃないのに、鱗なんだ! とびっくり。(私の夏の袋帯が鱗柄なんだけど、道成寺を見るのにいいかも)
所化には左團次、海老蔵、勘太郎ほか、豪華メンバーの出演。
見る位置の問題(前回は上手側、今回は下手側から見た)なのか、後見との呼吸なのか、引き抜きが美しくなかった、というか、今日はバタバタしてるふうに見えてしまったのだが・・・。

「源太勘當」は、源太-平次の、兄弟の対比が面白いんだろうし、あんまり何も考えずにアハハと見てればいいのかな。

今月2回見てももいい、と思ったのは、「切られ与三郎」のため。数年前に見たときは、勘三郎は蝙蝠安だったっけ。勿論、同じ仁左・玉コンビで。お約束のシーン、お約束の台詞のあれこれを、待ちかまえて「うっとり」というところ。たまたま貰ってきた「歌舞伎座掌本 春季号」というリーフレットに、与三郎の「羽織落とし」や扮装、手ぬぐいのかぶり方や模様等について書いてあって面白かった←上方と江戸の対比という点でも。
遠くの席からは、なかなか細かいところまで見えないのだけれど、「目のつけどころ」はいろいろあって、興味は尽きない。


| | コメント (0)

2005.04.17

「落語と芝居はおともだち」

4月16日(土) 第5回人形町翁庵寄席「落語と芝居はおともだち」 18:00~ 於・人形町翁庵

(前座・立命亭八戒)、喬太郎・転宅、小宮孝泰・英語落語「厩火事」--仲入り--
対談(喬太郎/小宮)、喬太郎・すみれ荘201号室 --ねぎせいろtime

何がきっかけで出入りするようになったのか忘れたけれど、めちゃくちゃ多趣味の翁庵若旦那(?)のサイトがきっかけで、初めて伺った落語会。おお、すでに第5回なのか。初めての場所はいつも道に迷うから、事前に学習して行ったはずなのに、「A3出口」を見失って危なかった・・・。すこし遅れて入ったら(ごめんなさい)、すでにギッシリ! 前座さんはプロでじゃなくて、趣味でやってらっしゃる方。
喬太郎さんの痛風は少しよくなられたみたい。「転宅」を彼で聴くのは初めてだが、泥棒に入った先で卓にあった蕎麦を食べるなんぞは、さすがに当意即妙(っていうの?)
小宮さんは去年の春、文化庁から派遣されてロンドンにいらしてたそうで、そのロンドンでの話がたいそう面白かった。英語落語も短いのだけれど、声の調子などがおもしろく、特にお崎の感じがよかったなあ。

仲入り後の対談は、お二人が並んで立って、まるで漫才のよう。小宮さんの方が8歳上なんて、ちょっと思えないぞ・・・。共通点としての「つか芝居体験」から話が始まる。それにしても、(角川文庫の)推理小説に熱中→「熱海殺人事件」→現パルコ劇場での「熱海」観劇で、つか芝居にはまったという喬太郎さん。それが高1くらいらしいから、ほんとに多大な影響を受けたんだろうな。小宮さんの「コントを作ってる時はすごく暗い」という話や、「火焔太鼓」稽古場でのオモシロ話などもあり、いや~もっともっと聞きたいくらい。
そして、「すみれ荘201」に行くのは必然でしょう。ホテトル音頭などもたっぷり(帰りにメロディが頭の中で鳴り響いてた)。

落語のあとは、名物「ねぎせいろ」をいただく。志ん朝さんがこのねぎせいろをとてもお好きだったとか。細い上品なお蕎麦を、あたたかいつゆで食べるのは全く初めてだが、ちょっと癖になりそう! ちょうど女性4人のテーブルになったので、あれこれ落語話に花も咲いた。

主役のお二人を堪能したのみならず、素敵なチラシ作りや、三味線・太鼓など、ほんとに多趣味な方が集まっていて、その部分でも感心した。私は単に一観客ではあるが、ネットが縁で出会えたことをとても幸せに思う。

| | コメント (4)

2005.04.15

意外にも「毛抜」がgoodの、歌舞伎座・夜

4月14日(木) 「四月大歌舞伎 夜の部」 16:40~ 於・歌舞伎座

「毛抜」 團十郎(粂寺弾正)、團蔵(八剣玄蕃)、海老蔵(勅使桜町中将)、勘太郎(秀太郎) ほか
口上
「籠釣瓶花街酔醒」 勘三郎(佐野次郎左衛門)、玉三郎(八ッ橋)、段四郎(治六)、富十郎(立花屋長兵衛)、仁左衛門(繁山栄之丞) ほか

今気がついたのだが、4日に見た昼の部のことを、書いたつもりで書いていなかった。実はもう一度行くので、その時にまとめて。
「毛抜」は不覚にも10分ちかく遅刻してしまい、入場したらすでに勅使が出ていた。以前見たときには、それほど面白いと思わなかったのは、なんでだろう? 今日はすごく面白かった。というのも、團十郎が私の中で、ぴたっと弾正という役にはまっていたからでは、と思う。ふっと「春風駘蕩」という言葉が浮かぶような、おおらかさと楽しさを満喫したのだった。

口上は3階Bから見ていたこともあって(しかもオペラグラスを忘れたし)、雰囲気を楽しみました、というところ。

「籠釣瓶」は勿論、玉三郎の美しさが一番!? もう少し、ぐぐっとくるかと思っていたけど、それほどでもなかったかな。段四郎の治六が、田舎の人らしい律儀者って感じでよかった。あれ、栄之丞の印象が薄いのは、そんな役?

遅刻必至だったため、「毛抜」をパスして口上から見ようかと、一瞬思ったのだけれど、そうしなくてよかった。

| | コメント (0)

2005.04.12

2席のカップリングに拍手、の「落語集」

4月11日(月) 「市馬落語集」 19:00~ 於・お江戸日本橋亭

古今亭菊六「転失気」、市馬「碁どろ」--(仲入り)--市馬「花見の仇討」

池袋の10日間に引き続いての今日、ネタ出しされていたから、この季節ならではの「花見の仇討」を楽しみに出かけた。昨日までのポカポカ陽気とはうって変わって「花散らしの雨」(=市馬日和)で、それだけにいっそう「花」に思いを致しつつ、でもあった。

まずニュースは、ついに市馬師匠にお弟子さんが! まだ見習いとのことだけれど、「いちろう」クン(字は不明)、栄えある一番弟子なんだから、頑張ってね。
前座の菊六さんは円菊師匠のお弟子とのこと。ちょっと年齢不詳という感じ。成田屋・団十郎パパとお父上が大親友だって(市馬師匠談)。

「碁どろ」はプログラムによると、お客さんからのリクエストだそう。あまり寄席にかかることもない噺ということだが、碁にのめりこんじゃう様子が楽しい。佳品って感じかな。
仲入り後にこの噺について、「寄席でやる人がいないのもわかる、地味な噺」と仰っていたが、でも年齢とともに風格、味が出て、師匠の貴重な噺になりそうな気がする。というか、私はけっこうこういう噺が好きなんだな~。シンプルだけど、丁寧に作られたすまし汁、ってところがね。
そして楽しみだった「花見の仇討」は、今年もこの時期に(花を見送りつつ)聴けたという喜びもあり、「碁どろ」の他愛ないホンワカ感が私の余裕にもなっていたようで、無心でひたすら楽しむことができた。

ということで、うまく言えないけれど、なんか「噺を聴く楽しみ」にしみじみ浸れた一夜で、それには2席の組み合わせも関係してるんじゃないかな~。そして、美声で沸かせたり、長講大ネタで惹きつけたりも勿論いいけれど、地味な噺でピリっとしめる、という「武器」もなかなかなのでは、と思っている。

| | コメント (0)

2005.04.10

桜吹雪にピッタリのお能だったのに

4月10日(日) 「観世九皐会 四月定例会」 14時30分ごろ入場 於・矢来能楽堂

(「田村」)
狂言「二人大名」 野村萬、野村万蔵、野村扇丞
仕舞「呉服」「西行櫻」「笹之段」
「鵺」 シテ坂真太郎、ワキ村瀬提、大鼓・亀井広忠、小鼓・曽和正博 ほか

当然、1時開演の定例会なのであるが、1時間前にはまだ家におり、あせって駆けつけるよりも狂言から、と「田村」をパスすることにした。しかし、皮肉なもので、自宅の周辺はかなり強い風に桜の花びらが降るように舞っているのに、そんな桜景色が背景の「田村」を観ないってわけで・・・。

なんと実は、野村萬さんの狂言を拝見するのは全く初めて。野村兄弟は皆さんお年を召してなお素敵な方たち、という印象であるが、飄逸という言葉がピタっとくるような風貌である。威張っていた大名が、太刀や裃などを奪われ「返してほしければ」と、犬や鶏のけんかの真似やら、都ではやっているという「起きあがり小法師」の真似などをさせられる。可哀想なんだけどなんだか楽しそうでもある・・・。

「鵺」は、源頼政に討たれた鵺の亡霊ということで、相変わらず(?)「義経」とリンクしているかのようだ。
こんな桜吹雪の暖かい夜に、不思議にぴったりくる能だったのだと、何時間も経ってから思い返している。シテの坂さんがとてもよかった、とは先達爺さまの談。

| | コメント (0)

2005.04.09

新国立劇場でお笑いを

4月9日(土) 「コミュニケーションズ」  13:00~ 於・新国立劇場小劇場

構成・演出/渡辺えり子 日本劇作家協会共同企画
作/いとうせいこう、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、鄭義信 ほか
出演/綾田俊樹、片岡弘貴、金内喜久夫、神保共子 ほか

3月から7月まで続く、新国立劇場の「シリーズ 笑い」第2弾。監修が別役実と永井愛だし、このところ私は渡辺えり子モードかも、ということで。あまりにいい席だったので驚いたのだが、そういえば2月に宇宙堂を見に行った時に先行チラシを貰って、それで一日早くラクラク取ったんだと、今思い出した。

コミュニケーションズという芝居は、副題に「現代劇作家たちによるコント集」とある通り、全21場を作家たちによる14のコントとコミュニケーションズ(説明不能? 出演者全員が楽器を演奏しての歌もあり)でつないだもの。いかにも渡辺えり子なのが、舞台上手側にタテに出る字幕=そのコントのタイトルと作者名(→歌舞伎座の「今昔桃太郎」)や歌だろうか。

細切れのコントだが、最初と最後にはほぼ漫才の形式、ほかにも2人芝居的なものから、出演者全員(9人)によるものまで、多種多彩。どれも軽くておもしろくて、でも妙に満腹「ごっちゃんです」という感じがしている。
昨日が初日ということで、台詞が覚えられないこととか、じつはけっこうアドリブがバンバン入っていたようだ。それがまた、実際に寄席で漫才を見ているかのような錯覚を持ってしまうことにも繋がった。
実際、俳優さん達は大変だろうなあ、と途中でふっと気づいた。いくつかの作に共通する設定もあるけれども、基本的には全く無関係の役、台詞がこれでもか、というくらいに2時間あまり続くわけだから。そんな中だからこそ、力量とか持ち味が、そのまま出てしまうのかもしれない。
綾田俊樹さんは見た目が「脂のぬけた松尾スズキ」で、クセのある役がはまっていたし、神保共子さんの綺麗な声と台詞回しなど、「普通であって光る」感じが印象的・・・と、ほんとに9人全員について、書けそうな気がする。
矢崎広くんのような可愛い子が息子で家にいたなら、とても楽しそうだし(笑)。

演出家、作家、俳優・・・それぞれの才能に、改めて思いを馳せた芝居であった。後半にもう一度見てみたいぞ。

| | コメント (0)

2005.04.07

革命とはお腹がすくものなり

4月7日(木) 「池袋四月革命」 18:30頃入場 於・池袋演芸場

カレンダーを睨んでいると、どうやら革命に行きやすいのは今日だ! ということで、仕事を終えてからそそくさと有楽町線に乗ったのだが・・・。山手線でなら、池袋駅を降りて演芸場にすぐに行けるようになったのに、有楽町線では無理なのだ。地下の迷路が抜けられず、唯一わかるメトロポリタンから地上に出て、やっとたどりついたので、彦いちさんの噺がきけませんでした。ごめんなさい。

扇辰・片棒、仙三郎社中(太神楽)、三太楼・四段目--仲入り
市馬・お神酒徳利、喬太郎・(最終的には)一日署長

扇辰さんの、息子が一人だけという設定の「片棒」は初めて聴いたような気がする。その息子は、お弔いで木遣りだの手古舞いだのを出しましょう、という坊ちゃんである。こういう派手な展開の噺と扇辰さんは、ちょっと意外な感じだなあ。三太楼さんの「四段目」は、何回か聴いたことがあるが、ほんとに楽しい。市馬さんといい三太楼さんといい、やはり歌舞伎が好きな人だからこそ、と思う。
さて市馬師匠は、昨日、何やら不本意な高座だったもよう? 今日はマクラもそこそこに「お神酒徳利」へ。実は前半ちょっと眠くなっちゃいましたぁ。木曜だからね(理由になってない)。ほんとに後味のいい噺なので、気持ちいい。そして痛風の喬太郎さんは、たぶんいろんな噺をくっつけつつ(派出所ビーナスやら諜報員メアリーやら。名前から想像してるだけだが)、「一日署長」へ。前回聴いた時と同じく、犯人・市馬、説得役・三太楼なのだが、二人が今日やった噺をちゃんと盛り込んで展開しているのがおかしい。特に、サゲまで「四段目」バージョンというところに、並々ならぬ才能の一端が。

で、地下道で迷ったおかげで食べ物を調達できず、昼間、お花見散歩のついでに食べたのが変わり蕎麦の「桜切り」だったから、もう空腹で空腹で・・・。ゆえに、いちごサンドと稲荷寿司というめちゃくちゃな夕食になっちゃいました。えっ、一応「お神酒徳利」でお稲荷さんね(笑。苦しい言い訳)。

| | コメント (0)

2005.04.03

家に帰って、会津のお酒!

4月3日(日) 「池袋四月革命(池袋演芸場・夜の部)」 18:45入場 於・池袋演芸場

鏡味仙三郎社中(太神楽)、三太楼・初天神--仲入り--
市馬・猫の災難、歌武蔵・らくだ

新年度の始まりというこの時期、実は私だってなかなか忙しい。土日にはまとめて片づけ物を・・・と思いつつ、結局行ってしまった池袋革命。当初の予告では、本日は市馬師匠が1時間半みっちり、とのことだったが、直前になって歌武蔵さんが加わることになった。悲しんだ人も約○名。

さて、仙三郎社中の仙花さんが、前座を無事終えてデビューとのこと。今日は五階茶碗を。ういういしくて若者のファンがつきそうな感じ。池袋の吉右衛門こと仙三郎さんの「急須」の芸は、いつ見ても素晴らしい。そして、本領発揮の三太楼さん「初天神」。以前聴いた時より一段とパワーアップしていて大爆笑だった。やっぱり、ちょっとネジが外れたような人物って、めちゃはまってるような。
そして、仲入り後、まずは2人そろって高座へ。歌武蔵さんと並ぶと、市馬師匠がやけに細く小柄に見える。少し掛け合いで喋った後いったん引っ込んでから、今度は出囃子に乗って師匠登場! 何しろ2人で90分だから、マクラもタップリだったのだが、先日の新宿末廣亭の余一会に談志さんが飛び入りで出演した話から、前座時代の池袋・談志トリの時のあれこれを。声の明るさもあるけれど、どんな話題でも決して人に不快感を与えない、というのが市馬師匠の特徴ではないかと思ったり。
ネタは「猫の災難」で、相変わらず呑み助の酔いっぷりがおかしい。ほんとに目が据わってるんだもん。
その後、歌武蔵さんは、マクラなしで「らくだ」を。たまたま昨日、我が家で話題になった噺だったから、偶然の符合に驚いた。屑屋さんが歌いながら長屋の路地にはいってきたり、「かんかん踊り」(と言っていた)ではハメモノ入りだったり、随所に意外な展開があってなかなか楽しかった。
革命の主役2人ともが、お酒をしたたか飲んで酔っぱらう噺だったので・・・ワタクシも帰宅後には、(なぜかちゃんと冷蔵庫に入っていた)会津喜多方のお酒をミニミニグラスで1杯、戴いちゃいましたとさ。

| | コメント (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »