« 能で季節を楽しむ | トップページ | 今日は人形に注目! の「冥途の飛脚」 »

2005.05.12

「鷺娘」に魂をぬかれました(笑)

5月12日(木) 「五月大歌舞伎 夜の部」 16:40~ 於・歌舞伎座

「義経千本桜 川連法眼館の場」 菊五郎(佐藤忠信/源九郎狐)、菊之助(静御前)、海老蔵(義経)、左團次(法眼)ほか
鷺娘」 玉三郎
「野田版 研辰の討たれ」 勘三郎、三津五郎、染五郎、勘太郎、福助 ほか

かなりラッキーなことに、今までになくいい席が入手できたので、ウキウキと・・・? ならいいのだけれど、連休疲れ(ただし遊びにあらず、しいて言えば介護方面)を引きずっていて、やや足取りが重かった。
ゆえに、久しぶりの菊之助くんにも、ややぼーっとしていた。菊五郎丈の安定感のある芝居と、身体能力には驚くばかり。ちょこっとしか出なかったけど團蔵さんは、やはり好きだなぁ。

で、この疲れが「鷺娘」で、吹っ飛んだのでありました。実際にこの踊りを観るのは初めて。篠山紀信撮影の短いDVDはあるのだけれど、現実に圧倒されました! 今まで常に「踊りはパス」と書いてきたけど、そんな私でさえも、もう引きこまれてしまった。かなり演劇的、というか、感情移入! 鷺の姿で、天に消えていきそうな気がした。

「研辰」は、勘三郎の芸達者は勿論だが、若者たちがみな美しくカッコいい。そして、いかにも野田さん、というあれやこれや・・・。文句なしに楽しめた。やはり同じ野田さんのでも「鼠小僧」より遙かにいいなあ。群集心理、時代風潮の怖さとでもいおうか、妙にそんなものが心に残って、そういう意味では歌舞伎を観たんじゃないみたい。

さすがに東京での襲名興行も最終月。満足満足の演目なのでした。


|

« 能で季節を楽しむ | トップページ | 今日は人形に注目! の「冥途の飛脚」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

むふふふふふふふふふ、今週土曜に行くのですよ。今からワクワクドキドキ鷺娘。

投稿: クヮン | 2005.05.13 02:16

クヮン さま。
ふむむむむむむむむむ。私よりもはるかに玉三郎ファンだから、きっとしばらくは抜け殻ですね(断言)。
ところで「ふ」という文字が並ぶと、見てるだけで「ふふふ」となっちゃうんですね!

投稿: きびだんご | 2005.05.13 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 能で季節を楽しむ | トップページ | 今日は人形に注目! の「冥途の飛脚」 »