« ややこしや~(観) ややこしや~(呑)♪ | トップページ | 義経2題?「青菜」と「猫忠」 »

2005.05.22

「時代物」も「世話物」も満足、の文楽・千秋楽

5月22日(日) 「文楽公演 第2部」 16:30~ 於・国立劇場小劇場

伽羅先代萩」 竹の間の段、御殿の段、床下の段
 竹本住大夫、豊竹咲大夫/野澤錦糸、鶴澤燕二郎 ほか
 吉田簑助(乳人政岡)、吉田文吾(八汐)、吉田和生(沖の井)ほか
桂川連理柵」 六角堂の段、帯屋の段、道行朧の桂川
 豊竹嶋大夫、竹本千歳大夫/鶴澤清介、鶴澤清治 ほか
 吉田文雀(お半)、桐竹紋寿(お絹)、桐竹勘十郎(儀兵衛)ほか

今日の席は前方右。すなわち床の近くなので、やっぱり迫力があってよかった。美しい見台や、人によって違う床本(表紙)なども少しだけチェック。

文楽で「先代萩」を見るのは初めて。・・・って、歌舞伎だって、そんなに覚えちゃいないんだけど、大鼠のことばっかり思ってたら、雀やら狆も出てくるのでした。鼠は人間が演じるのね~。御殿の段の切が住大夫さん。ずん、と響いてくるようなお声を堪能した。でも、情感たっぷりの語りの中で、政岡が嘆き泣く場面では、私は正直言って拍手するよりも、ずーっとそこに浸っていたかったな。そう思うことが二度ばかりあった。
(というのは玉三郎「鷺娘」でも少し思ったことだった。勿論、めちゃくちゃ拍手しちゃうんだけど、んな早くから手を叩くんじゃなくて、しばらく放心していたい、みたいな気持ち)

「桂川連理柵」は歌舞伎でも見ていない(と思う)。六角堂は昨年末たまたま行っていたので、おやまあというところ。このごろ文楽にはまっている落語仲間が「嶋大夫さんがいいのよ!」と力説していたのだが、実際に見て聞いて、よくわかった。帯屋の段、登場人物も多くて、コミカルな場面がいっぱいのところ、何回笑ったかわからない。役者を例に出すのは間違ってるとは思うが、敢えて言えば勘三郎の芝居のような、サービス精神たっぷりで、多少あざとさも感じるような義太夫と語っている姿であった。帯屋の段は、文楽を全く初めて見る人にもとても面白くていいんでは。「奥」は、千歳大夫さん。床近くにいたばっかりに、ちょっと苦手かも、と思ってしまった。この時の三味線の雰囲気がとても好き。
最後の道行では、三味線5挺で迫力(「冥途の飛脚」の道行も同じだったのに、それほど感じなかったのは、ただひたすら場所のせいでしょう)。先日も「おや!?」と注目した呂勢大夫さんのつやのある高音。ちょっと珍しくないですか?

お土産は住大夫さんのCD「艶容女舞衣 酒屋の段」。来月、義太夫・常磐津の会でこれを聴く予定なので。

|

« ややこしや~(観) ややこしや~(呑)♪ | トップページ | 義経2題?「青菜」と「猫忠」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ややこしや~(観) ややこしや~(呑)♪ | トップページ | 義経2題?「青菜」と「猫忠」 »