« 車椅子で歌舞伎座をめざすぞ! | トップページ | しみじみ義太夫&ウキウキ常磐津 »

2005.06.29

笑いすぎに注意!「うら騒ぎ」

6月29日(水) 「うら騒ぎ ノイゼズ・オフ」 14:00~ 於・新国立劇場小劇場

urasawagi 作/マイケル・フレイン 翻訳/小田島恒志 演出/白井晃 出演/沢田亜矢子、今井朋彦、井川遥、羽場裕一、山崎美貴、森塚敏、白井晃 ほか

 まずは一言、ものすごくよくできた芝居(脚本)で、大笑い! 新国立劇場の「シリーズ『笑い』」の最終作だけのことはある。開演10分ほど前に客席につくと、そこには今日の芝居のキャストなどを記したリーフレットが置いてある・・・あれれ、「うら騒ぎ」を見にきたのに「NOTHING ON」となってるよ。

 実は「NOTHING ON」という芝居の、初日前夜の通し稽古(第1幕)、北九州公演マチネの舞台裏(第2幕)、千秋楽の新潟の舞台(第3幕)という設定なのである。ミセス・クラケット役の沢田亜矢子をはじめ、みな実名で登場して劇中劇「NOTHING ON」を演じる。演出の白井も、「演出家・白井」役の俳優でもある。(この説明でわかるんだろうか。)

 さて第1幕は、初日を明日に控えているのに台本の遅れでゲネプロもできないまま通し稽古のドタバタ。ここでは白井さんはほんとに客席側からマイクで指示を出す。それにしても、同じ「シリーズ『笑い』」で実際に台本が遅れた作もあったから、ものすごくリアルな感じ。ここでは劇中劇にアハハと笑う。

 そして第2幕。どうやら無事に公演も進行しているのだが、1幕で示唆されていた人間関係(演出家は若い女優と舞台監督助手の二人とつき合ってる、等々)が、のっぴきならないことになっている。そんな北九州公演の舞台のうらっかわ。つまり1幕で見た劇中劇のセットの裏が舞台。なるほど裏はこんなことになってるのか。そして、わーわー言いながらも、芝居をしてる・・・ああ、ドタバタ。 第3幕は、ちゃんとした劇中劇、のはずが、もう収拾がつかない。それでもなんとかかんとか、舞台は進行していくんだけど。うわっ。

 原作はイギリス人の作だが、舞台を日本に置き換えてみな実名で演じているというのがわかりやすさの源だろう。なんだかほんとに「NOTHING ON」の現場に立ち合っているみたい。こんなに涙が出るくらい笑った芝居というのも珍しい。久しぶりに見た今井さんをはじめ、それぞれある意味イメージ通りの俳優を演じていて、妙に納得。劇中劇での泥棒役、森塚敏さん(青年座代表・日本劇団協議会会長)が、とてもとてもいい味だし、ああ面白かった!

|

« 車椅子で歌舞伎座をめざすぞ! | トップページ | しみじみ義太夫&ウキウキ常磐津 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

いいなあ、きびだんごさん!!
私は『うら騒ぎ』のチケットは楽勝で取れるだろうと思って、発売日にぴあステーションに並んだら
あっさり「売り切れです」のお答え。

うーん、三谷幸喜あたりが書きそうな話なので
観たいなあと思っていたのに!

当日券なんてあるのかなあ。

投稿: アオジタマンゴーハタネズミ | 2005.07.01 07:14

・・・ハタネズミさま。え~っ、即座に売り切れってほどの人気だったんですか?
私は発売初日に買ったのではなかったかも(すでに忘れてる)。平日だからかな。
当日券にぜひトライしてみて!!

投稿: きびだんご | 2005.07.01 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車椅子で歌舞伎座をめざすぞ! | トップページ | しみじみ義太夫&ウキウキ常磐津 »