« 皐月さよなら、水無月の涙雨 | トップページ | 刺激的かつ理知的な、朗読・辻邦生の世界 »

2005.06.03

どかーん武春、どまんなか

6月3日(金) 「どかーん武春劇場」 19:00~ 於・パルコ劇場

(本ブログのマイナーチェンジ実行がアダとなり、各種不具合発生中。マシンが古いのはわかってるけど)

第1部・浪曲「英国密航」
第2部・ブルーグラス・バンド「ラスト・フロンティア」の演奏

幕が上がると、トルコブルーの地の布(キッチュな富士山と雲が描かれている)が掛かった演台が。私の席は、中央通路より後ろではあるが、ちょうど左右真ん中のようで、ほんとマイク位置の正面だった。この劇場は、前の人の頭なども気にならないから、とても見やすい。国本さんは、いつものように「待ってました」「タップリ」などの掛け声指導もしながら、それこそタップリの「英国密航」を。よく考えたら、最初に見たのが鼎談「MANSAI 解体新書」で、次が吉祥寺でのライブだから、きちんと浪曲を聴くのは初めてなのだった(4年前くらいにJAL名人会で玉川福太郎師を聴いたことはあるものの)。

浪曲とは「うなる」もの、くらいしか思ってなかったのだが、一人何役かの台詞もあり、落語、講談、浪曲・・・それぞれの話芸(でいいのかな)の、面白さと豊かさを思う。国本サンの大らかなエンターテイナーぶりを満喫。

そして15分の休憩を挟んで、紋付き袴から一転、スーツにネクタイ姿に三味線を持って登場(本人曰く「余興好きのサラリーマンじゃありません」)。彼のアメリカ留学時代の成果、ブルーグラスバンドの演奏である。他のメンバーは、
・マンドリン ・ギター ・バンジョー ・コントラバス
で、楽器が大きくなるに従って、体格も良くなるという感じ。私は見ながら、バンジョー氏にトルシエ・バンジョー、コントラバス氏に、(元阪神の)バース・ベースと名付けてしまったのだった。マンドリン、ギター(MCも)のお二人が歌も担当しているのだが、声の質も似ているのか、とても耳に心地よく広がりを感じさせるものだった。ここに三味線が入っても何の違和感もない。少し繊細さには欠けるけれど、逆に力強さともなっていたようだ。曲はブルーグラスの名曲から、国本氏のつくったもの(横丁、忍者などがタイトルに入る)、そして、お馴染みの「アジアの祈り」や「ええじゃないか」まで。客席と一体となった楽しいステージだった。

私は一時期、(アジアの)民族音楽に入れ込んでいたこともあるのだが、それぞれの地域に根ざした音楽の楽しさ、そして広がり繋がっていく豊かさなど、改めて実感したのだった。最近はご無沙汰している檜原村の野外音楽堂あたりで、このブルーグラスを聴くのもいいんじゃないかと、ふっと思ったことだった。

|

« 皐月さよなら、水無月の涙雨 | トップページ | 刺激的かつ理知的な、朗読・辻邦生の世界 »

音楽」カテゴリの記事

講談、浪曲」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。こんにちは。
私も行って来ました。

グッズを売っているカウンターでThe Last FrontierのCDを買いました。
全14曲中、国本武春が作った曲は5曲収録されています。
『Appalachian Shamisen』 『Lonesome Yokocho』 『Ninja Rag』 『Dream of Geisha』そして『Pray for Asia(アジアの祈り)』
中に5人の写真があり、それが可笑しいんです。
アメリカ人の4人が箸で寿司(カルフォルニア・ロール?)を食べている横で、国本武春がホットドッグに齧り付いているショット。

グッズを買った人は、終演後、サイン会に参加できると言われましたが、恥ずかしがりやの私はサインは貰わずに帰ってきてしまいました。
だってえ・・・・・国本さん以外のメンバーも全員座って待ち構えているんだもん。

投稿: アオジタマンゴウハタネズミ | 2005.06.05 09:27

・・・ハタネズミ様、いらっしゃいませ。な、ながい名前。
(でも、ネズミ取りの餌を仕掛けた気分に・笑)

金曜日もグッズ売り場は大にぎわいでしたよ。サイン会もあったようです。
ところが私は終演後、ここで仕事関係の知人にバッタリ会って、
お互いに「なんでここにいるの?」と大騒ぎしてしまい、
予想外の雨も降っているしで、そのまま一緒に渋谷駅へ直行。惜しいことをしました。

投稿: きびだんご | 2005.06.05 10:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皐月さよなら、水無月の涙雨 | トップページ | 刺激的かつ理知的な、朗読・辻邦生の世界 »