« 低温の「桜姫」、瞬間的にはときめくけれど | トップページ | 佐々木蔵之介の人気を実感! »

2005.06.14

たまには本の話題で・・・近藤史恵「ねむりねずみ」

kondoufumie  歌舞伎方面のことや本の話などをよくしている友人が、貸してくれた一冊。もともとは私が同じ著者の「二人道成寺」(文藝春秋刊)を読んでいて、感想を聞かれたのがきっかけ。この時の私の返事は「図書館で借りるか、文庫になるまで待ってもいい」というものだったのだが、彼女はそれから、近藤史恵の「歌舞伎ミステリー」にはまっていったらしい。

 以前「二人道成寺」を読んだ時に思ったのは、歌舞伎の世界が舞台でそれなりに面白いのだけれど、肝心の「人物造型」に難がある、ということだった。ストーリーなどはとっくに忘れているが(>_<) その記憶だけは鮮明なのだ。ああ、あのとき「摂州合邦辻」を見たくなったのも確か。

 今回読んだ「ねむりねずみ」にしても、やはり似たような感想を持った。人物が描き切れていなくて中途半端なんだ。一方の軸である中村銀弥・一子の夫婦にしても、そこに加わってくる良高にしても、結びつく必然性があまり感じられない。大部屋俳優の(謎解きにも少し加わる)瀬川小菊はなかなか魅力的とは思うが、彼はあくまで脇役だから。 素材やストーリー展開自体は悪くないだけに、惜しいなと思う。ま、電車の行き帰りなどに、近藤史恵の本はこれからも読むかもしれない(「桜姫」というタイトルの本も発見)。

 当初の「黍々亭」増築計画では、書斎(or書庫)もlivedoorあたりのブログで企てていたのだが、建築申請を済ませただけで挫折=つまり、器はすでにある・・・。ま、「みる きく よむ」あらゆるカンゲキごとは、ここで細々とやっていくかな。手狭にはなりそうにないし。

|

« 低温の「桜姫」、瞬間的にはときめくけれど | トップページ | 佐々木蔵之介の人気を実感! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低温の「桜姫」、瞬間的にはときめくけれど | トップページ | 佐々木蔵之介の人気を実感! »