« 「十二夜」の音楽 | トップページ | 江戸糸あやつり人形芝居+毬谷友子 »

2005.07.23

久しぶりに大人計画を満喫・・・「キレイ」

7月21日(木) 「キレイ 神様と待ち合わせした女」 18:30~ 於・シアターコクーン

作・演出/松尾スズキ 音楽/伊藤ヨタロウ 出演/鈴木蘭々、高岡早紀、阿部サダヲ、宮藤官九郎、秋山菜津子、橋本じゅん、岡本健一、大浦龍宇一、片桐はいり ほか

 大人計画を、S席で見たことはないはず。私にはストーリーが理解できない危険性があるし・・・でも見てみたい、という妥協点を探すと、今回はコクーンシートとなった。若干見えにくい箇所があるのは承知の上。阿部サダヲ(と鈴木蘭々)が通路に降りて、いきなり客(男女問わないみたい)にキスしてしまうシーンなど、上から見てるのも面白い。しかし、昔の「熱海殺人事件」も、そんなことしてたっけ。

 「キレイ」がこんなに面白くまた興味深い作だとは思わなかった。さすがに再演されるだけのことはある。何よりも脚本がしっかりしているのだろう。久しぶりに戯曲を読んでみたくなった。時系列や場所などが、かなり重層的に絡み合っているのだが、でもわかりにくくはなくて、ああ!と理屈でなく理解できる感じ。たっぷりの歌(これってミュージカルですか?)にも違和感がない。ソロはちょっとつらいところもあったけど。

 鈴木蘭々は急遽代役で立っただけに、どう?と思いながら見に行ったのだが、役のイメージにはとてもよく合ってたと思う。も少しオーラみたいなものがあれば、なおよかったかな。大人計画のいつもの面々は、やはり面白い。阿部サダヲが登場すると、とたんに舞台が活気づく。クドカンの顔立ちは、妙に化粧映えするんじゃないかしら。片桐さんは、いつものようにすっごく存在感のある役なのだが、どうも台詞が聞き取りにくくて苦手かも。

 ところで、初演(奥菜恵主演)のDVDが出ているとのことなので、すぐにでも買いたい、という気分。彼女が主演するという話題は、その昔聞いてるはず。でも詳しくチェックすることもなく来てしまったのだが、今回の岡本健一の役は篠井英介さんなのだそう。「脳の血栓のためにオツムが弱くなったハリコナ(阿部サダヲ)」と、戦争で撃たれた結果、「血栓が消滅して脳がクリアになったその後のハリコナ(岡本健一)」。ただしゲイにもなってしまったという設定。この部分ゆえに篠井さんだったとしたら、ちょっと違うなぁと思ってしまう。どうせなら篠井さんは、頭脳明晰で冷酷な女、をやってほしい。

*時間がなくてすぐに書けなかった上に、半分眠りながらの文なので、面白さなどについて触れてないじゃん、と思うけど、とりあえずこれにて。

|

« 「十二夜」の音楽 | トップページ | 江戸糸あやつり人形芝居+毬谷友子 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

私も観てきました。
席は横の通路のすぐ後ろで一番下手。横から役者が出入りする姿がバッチリでした。
最初に松尾スズキが酔っ払い姿で登場するのを最初に気がついたのはおそらく私。誰も観ていないのだろうに、わざと階段でコケる演技までしていました。
♪わーかい娘が
って歌いだした瞬間に
♪コックーン
って続けるだろうなって思って「あはは」と笑ったら、こっちを見て、「先にわかっちゃったら、歌いにくい」と言いながらも♪コックーンっと歌ってました。
大人計画の芝居は客席乱入が多いから気をつけないといけませんね!♪ 
コクーン・シートで阿部サダヲの客席乱入キスが観られたのはうらやましい(?)1階席だと、これはよくわからない~。
前回の公演はビデオで観ました。
篠井英介のハリコナいいですよ。岡本健一くんもカワイクてステキですけどぉ~

投稿: アオシタマンゴーハタネズミ | 2005.07.24 08:59

・・・ハタネズミさまは、きっとご覧になると思ってました!
よかったですねぇ。書き損ねましたが、「癒し」も感じました。

そして昨夜、いてもたってもいられず(笑)、DVDをネット注文した私。

投稿: きびだんご | 2005.07.24 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「十二夜」の音楽 | トップページ | 江戸糸あやつり人形芝居+毬谷友子 »