« 夏はやっぱり幽霊で・・・納涼歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座・3部制を望む »

2005.08.14

コイズミって義経? まさか。

(日曜日、大河ドラマを見ながら)

 去年、地元ドラマでありながら途中で挫折したのだけれど、今年は今まで見続けているNHKの大河。我が家もオーソドックスなのが好きだったのか!?  初めのうち、語り手も兼ねている白石加代子が怖いよね~、なんて言っていたのだが、そのうち、夏木マリが出てきたんだ(笑)。平幹二朗の後白河とその奥方・夏木マリ・・・ちょっと怖すぎるぞ。

 判官びいきという言葉があるくらい、一般的に義経は人気がある。が、人気者は好きじゃないんだなぁ。TVを見ながら、「義経って、ただやみくもだし、掟破りじゃない?(平家物語より)」などと言ってると、家人曰く「小泉は織田信長と言ってるけど、実は義経なんじゃないかな。そのうち冷静な頼朝に取って代わられたりして」。う~む、確かに「やみくも」で「掟破り」でもある? けど、頼朝がいないじゃないの!!

 私の郷里の選挙区にも刺客が放たれたりして、政治状況は「見る」ぶんには面白い。が、そんなところに気を取られているうちに、方位計が変調をきたすのではないか。ふっと大学入学時の授業=マルク・ブロックなんぞを思い出した。

*こんな話題に至った理由は、「義経」の出演者名に「小泉孝太郎」がデカデカと載っていたから、という単純なものに過ぎない・・・。オソマツさま。

|

« 夏はやっぱり幽霊で・・・納涼歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座・3部制を望む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏はやっぱり幽霊で・・・納涼歌舞伎 | トップページ | 歌舞伎座・3部制を望む »