« 勘十郎さん、大奮闘 | トップページ | ドラマ・リーディングで、のんびり秋の夜 »

2005.09.15

思わぬ展開に泣いてます

 13日の文楽は、仕事のスケジュールがハッキリしなくて、行けるか行けないか二転三転。友人に売ろうと算段もしたけど、結局無事に観ることができた。しか~し、敵は思わぬところに! 絶対大丈夫だったはずの、今日(14日)のシアターコクーンを仕事のために逃してしまうとは。しばらく立ち直れないかもしれない。いや、4時間以上もあるらしい「天保十二年のシェイクスピア」だから、1時間やそこら遅れたって行けばよかったんだけど・・・ああ、大枚が消えてしまった。日銭稼ぎの身の上なのに。シクシク。

 思えば、蜷川さん@コクーンのトホホは、これが2回目。2年ほど前には、観劇日を1日、間違えてた・・・あの時も、唐沢さん主演だったっけ。こういうポカを何度もやってるわけじゃないから、やっぱ蜷川+コクーンが鬼門ということかな。気を取り直すためには、どこかで一暴れしなくっちゃ。

|

« 勘十郎さん、大奮闘 | トップページ | ドラマ・リーディングで、のんびり秋の夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勘十郎さん、大奮闘 | トップページ | ドラマ・リーディングで、のんびり秋の夜 »