« 「人生は何事をも為さぬには余りに長いが…」 | トップページ | 「敦」について思うこと »

2005.09.10

歌舞伎座にて、「決戦・壇ノ浦」後!

9月10日(土) 「九月大歌舞伎 夜の部」 16:30~ 於・歌舞伎座

平家蟹」 芝翫(官女玉蟲)、魁春(玉琴)、左團次(僧雨月)ほか:語り・白石加代子 「勧進帳」 吉右衛門(弁慶)、富十郎(富樫)、福助(義経)ほか 「忠臣連理の鉢植 植木屋」 梅玉(弥七実は千崎弥五郎)、時蔵(お蘭の方)、松也(お市)ほか

 大河はつづくよ、歌舞伎座までも♪ と言いたくなるほどのタイミングで、まずは「平家蟹」。壇ノ浦で平家が滅びた後の、おどろおどろしい物語・・・チラシに、語り・白石加代子とあった時点で、これは!?と思っていたのではある。役者さんが登場する前に、時代背景などを、あの口調で彼女が語るのであった。

 うむむ、ほとんど芝翫≠白石加代子という感じ(おどろおどろしさが)。誰がこんなストーリーを、と思ったら、岡本綺堂なのだった。舞台もすごく暗くて(当たり前か)、なんかぐったり。

 今月はこれしかない(?)の「勧進帳」。やはり弁慶-富樫の緊張感には圧倒された。長唄やお囃子も含めて、目が耳が、惹きつけられる、というところ。富十郎丈の富樫はとても好きだなぁ。飛び六方がちゃんと見られる席なら、言うことなかったけど、そんな贅沢はできません・・・。

 これで帰ってもいいくらいだったけど、松也くん見たさ(笑)に、最後まで見る。「十二夜」では従者役であまり台詞がなかったが、今回は町娘で、かわいい。「児雷也」が楽しみ! で、これは「忠臣蔵外伝」の一つとのこと。最後にお蘭の方が本心を語るくだりで、「三勝・半七」に仮託したところが、へぇぇでもあり、気がそちらに飛んだ、とも・・・。それにしても、妙に「お腹いっぱい」なのは、「平家蟹」ゆえなのは間違いない。ふ~。

【追記】一晩眠って「平家」の怨念から解き放たれてみると、「勧進帳」富樫の大きさが一番響いてたんだな、と思う。弁慶はちょっと保留。

|

« 「人生は何事をも為さぬには余りに長いが…」 | トップページ | 「敦」について思うこと »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「人生は何事をも為さぬには余りに長いが…」 | トップページ | 「敦」について思うこと »