« ドラマ・リーディング「いのちをともにした女たち」 | トップページ | 歌右衛門の「阿古屋琴責」 »

2005.09.25

頼朝に疎まれた義経@国立能楽堂

9月25日(日) 「観世九皐会 別会」 13:00~ 於・国立能楽堂

仕舞 「高野物狂」「自然居士」 能「卒塔婆小町 一度之次第」 シテ五木田三郎 ワキ森常好 ほか 狂言「悪太郎」 三宅右近、高澤祐介、三宅近成 仕舞「雨之段、鐘之段、玉之段」「忠度」 能「正尊」 シテ観世喜正 ワキ福王茂十郎 義経長沼範夫 子方鈴木清子 ほか

 観世九皐会の定例会、後期は行ってないのだけれど、別会は行くよね?と言われ・・・へへい、というわけで。有名な「卒塔婆小町」はともかく、「正尊」は全く知らず、とりあえず事前に謡本を見て、義経の話なのか、と知った次第。本日放送の大河ドラマ(見ていない)同様、すでに頼朝と義経の間には、ぬきさしならぬ緊張関係が。                                                                         

 去年の別会でも「檜垣」が老女ものだったが、「卒塔婆小町」も同じくなので、とても動きがゆっくり。始まって10分過ぎても、まだシテは舞台中央まで到達していない? 謡本にある一般的な演出とは違い、最初にワキの高野山の僧ではなくて、シテが登場する小書であった。正直そこまでで緊張感を使い果たしたかもしれない・・・。問答とか狂乱とか、少し予習して(期待していた)部分が、あっけなかったような気がしたのは、意識が飛んでいたからかもしれない。

 「正尊」の方は、とてもわかりやすい能であった。シテが直面なので言葉が聞き取りやすい、ということもあったかな。頼朝から義経を討つように命じられた土佐坊正尊が、偽起請文(熊野参詣のためで他意はない)を読み上げるが、夜襲を図っていたことが露見しやっつけられる。この時、正尊以外に3人のお供がいて、それぞれに義経方と戦う、その立ち回りがとても派手!! 刀の鞘は投げ捨てるわ、やられた時にトンボをきるわ、のけぞったまま後ろに倒れるわ・・・後の歌舞伎を彷彿させる。ちょっとびっくり、という感じで、たまにはこんな能も楽しんでいたのかな、昔の人は、と思ったのだった。

 子どものころに、落魄した小野小町の物語を、親から聞いた記憶がある。日本の美人の代名詞のような小野小町の「なれのはて」を想像し、語ることに、人々はずーっとどんな意味を見出してきたのだろうか。悲劇の義経も、今日にいたるまでエンエンと語り続けられている。日本人の好きな題材、でもあるのかな。そのあたりを、ちょっとつきつめて考えてみたくなるような能なのであった。

 さて来年の別会は、4月30日と決まっているとのこと。「安宅」と、またもや「道成寺」ですが、さて、○ちゃん、どうしますか?(笑)

|

« ドラマ・リーディング「いのちをともにした女たち」 | トップページ | 歌右衛門の「阿古屋琴責」 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ・リーディング「いのちをともにした女たち」 | トップページ | 歌右衛門の「阿古屋琴責」 »