« 「保名」「葛の葉」がよくわかった! | トップページ | 老優追っかけ・映画編 »

2005.09.20

老優追っかけ・歌舞伎座編

9月20日(火) 「九月大歌舞伎 昼の部」 11:40入場 於・歌舞伎座

「菅原伝授手習鑑 賀の祝」 段四郎(白太夫)、時蔵(桜丸)、歌昇(梅王丸)、橋之助(松王丸)、福助(八重)ほか 「豊後道成寺」 雀右衛門

 とりあえず3階Bを買ってはいたものの、なんだか全部は見る気にならず(というか、他に行きたいところもあって)、2つだけ見る。ほんとは弥次喜多が楽しみだったのだが、モリゾー&キッコロが出てくるらしいし、画像で見る限りあまり可愛くないし・・・で、予定を変更したのだった。

 「賀の祝」はひたすら段四郎さん。渋さ加減がよろしいようで。あとは、松王丸と梅王丸夫婦の衣裳がそれぞれ楽しいなあと思いつつ。こういう「これでもか」という「くどさ」みたいなものが、歌舞伎かしらん。いや、決して貶しているのではない。

 この題名に反して、内容は「祝い」どころではないのも、不思議。梅王丸・松王丸のやりとりのところは面白かったけど、その後、桜丸が登場してからが盛り上がらなかったような気がするのだが。

 今月、昼は雀右衛門丈が見られればヨシ、かもしれない。おん年85くらいだっけ。あんなに美しい姿で踊る、ということ自体が奇跡の感じ。さすがに手の動きなどが中心だけれども(でも清元には不満・・・単にあんまり好きじゃないだけかな)。今ふと歌舞伎座HPの幕見料金を見たら、この20分の幕だけに料金設定がしてあってビックリ。松竹は商売上手?

 義母へのお土産に、舞台写真を購入。雀右衛門丈を1枚と、夜の部・吉右衛門丈の弁慶を1枚。今月は筋書を買わなかった代わりに。

|

« 「保名」「葛の葉」がよくわかった! | トップページ | 老優追っかけ・映画編 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「保名」「葛の葉」がよくわかった! | トップページ | 老優追っかけ・映画編 »