« フトコロにも秋風がビュ~:10月展望 | トップページ | キーワードは「刑務所系」@日本美術応援団 »

2005.10.01

作家のサイン会

kawakami ←これを買ったとたんに、吉祥寺でサイン会が開かれることを知った。アチャ~、もう買っちゃったよ。と言いつつ、どうせ他の用があって行けないんですけども。

 基本的にサイン会、サイン本などに興味はない。が、一度だけ、講演&サイン会に勢いこんで(整理券を貰って)行ったことがあるなぁ、と思い出した。おや、やはり吉祥寺だったんだ! それは誰のかといえば、池澤夏樹さんで、本は・・・たぶん「海図と航海日誌」。お声がちょっとイメージが違ったのと、幼少時の母親の記憶=息子の世話そっちのけで、ギボン「ローマ帝国衰亡史」を読みふけっていた、というのがすごく印象に残っている。当然、私も似たようなことをやってますからね。

 でもこの時は、お話を聞いて帰りにサインされた本を受け取る、というものだった。彼がシャイだから? ちょっと残念だったなぁ←遠い目。

 あ!! もう一つ、サインのことを思い出した。だんだん記憶が甦ってくるね。大昔、神保町の三省堂の入り口で、小田実さんがサインをしているのに遭遇。誰も並んでいなかったし、上京したてで珍しかったから、サインをしてもらったのだった。でも、どんな本だったかは覚えてません。写真を撮られた気がするけど、今なら「肖像権」で問題? で、ほかにも覚えてないだけで、実はサインをもらってたりして・・・興味ないと言いながら(笑)。

 ところで川上弘美「東京日記 卵一個分のお祝い。」は、全く川上ワールド全開という感じ。たま~に「東京人」の連載で読むけれど、フィクションだと思っていた。今回まとまったものの「あとがき」には、「五分の四くらいは、ほんとうです」とあって、かえってビックリ。でも「五分の四」というのは、あくまで川上さんの感覚だからな、と思っている。

|

« フトコロにも秋風がビュ~:10月展望 | トップページ | キーワードは「刑務所系」@日本美術応援団 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フトコロにも秋風がビュ~:10月展望 | トップページ | キーワードは「刑務所系」@日本美術応援団 »