« 全部見たかったなぁ「青木さん」 | トップページ | 「内心の自由」とポピュリズム »

2005.11.02

秋晴れの日には家に籠もって(笑)

☆きのう買った本

nodame2  最近、自宅仕事(内職ともいう)を抱えて、毎晩泣きながら(=目が疲れてボロボロ涙が出る)やってたのだが、きのうめでたく手放した! こんな時は帰りに書店に寄るに決まっている。勝手知ったる地元の書店で、ノンビリ・・・。やっぱりこんな「脱力」してる日には、馴染んだ本屋さんでなくてはね。

 うまい具合に、気になりながらも買い損ねていた「キップをなくして」(池澤夏樹)を見つけた。「南の島のティオ」で池澤ファンになった私だから、なんだか心惹かれる。あとは週刊文春の阿川対談に登場したばかりの川上弘美「此処彼処」。あそこで話題になっていたのは「東京日記」だけれど。コミックスのコーナーをチェックしたら、そうだ「のだめ」の関連本が出ていたんだ、と。これは普段だったら「全く!」と言って、買っていないかもしれないなあ。あとは、気分だけでもと大橋歩「着物は楽しい」。さいきん着物本も溢れかえっているけれど、やっぱり「著者」でしか買わないって感じ。

 重い荷物は絶対持ちたくない私でも、なんとかガマンできる範囲におさまって、ウフフ気分で帰宅。だけどね。観劇記録はたまってたし、今日もこれから、仕事にでかけるし(出稼ぎともいう?) タイトルはただの願望なんです。はぁぁ、秋晴れの午後、ほかほか布団にもたれて読書三昧をしたい・・・。

|

« 全部見たかったなぁ「青木さん」 | トップページ | 「内心の自由」とポピュリズム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全部見たかったなぁ「青木さん」 | トップページ | 「内心の自由」とポピュリズム »