« 淡々と見ちゃったかなブレヒト劇 | トップページ | 文楽ざんまい・昼の部 »

2005.12.11

根津にてオヨヨ

 忘年会のシーズン。根津の風情ある料理屋さんで懐石・・・の前に、時間があったので、オヨヨ書林をのぞいてみる。基本的に古書にはさして興味はない私ではあるが(←図書館で文庫本まで借りてくるくらいだからな)。

 そこで、つい発見してしまったもの:片岡鶴太郎著『きびだんご 機微男子』

 うへへへへ、である。とりあえず、水墨画を描いたりする彼は苦手なんだけど。そういえば、以前、我が師匠(?)N翁から、『喜美談語』とかいうタイトルの、江戸時代の本だったかを教えてもらったこともあったっけ。う~ん、私は、ただの団子です(笑)。

 ちなみに、鶴太郎の本はタイトルにショックを受けて、中身は全く見ないまま。そそくさと逃げ出してしまった。

ayumi  十数年前(!)には、けっこう根津あたりをフラフラしていたのだけれど、すっかりご無沙汰だから、浦島太郎のような気分。オヨヨ書林の近くには「羽田」とかいう喫茶店があったっけ、とか。

 ←そんな新しいお店の中から、NOMADOというカフェで締め! レジの前に古本が置いてあったので、さささっと見た中から1冊ピックアップした。気分にピッタリだったのと、もしかしたら「きびだんご」の口直し??

|

« 淡々と見ちゃったかなブレヒト劇 | トップページ | 文楽ざんまい・昼の部 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淡々と見ちゃったかなブレヒト劇 | トップページ | 文楽ざんまい・昼の部 »