« 雪の残る浅草にて、歌舞伎見物 | トップページ | キルト展を見る »

2006.01.23

今月2度目の国立劇場は3階から

1月23日(月) 「通し狂言 曽我梅菊念力弦」 12:00~

序幕「1 鎌倉雪の下年越の場 2 同 鶴ヶ岡八幡宮境内の場」 二幕目「1 石部屋見世先の場 2 同 塀外の場」 三幕目「鴫立沢対面の場」 四幕目「深川仲町洗湯の場」 五幕目「1 両国広小路の場 2 松坂町長兵衛内の場」 六幕目「深川大工町六三郎内の場」 大詰「万年橋初午の場」(かんたんなキャストは1月6日の項に

 実は国立劇場で1階以外から見るのは全く初めて。休憩時間にうろうろ探検したことはあったけど・・・。ちょうどネットで3階1列中央の席を見つけたので、「もう一度見たい」というのと、「どのくらい見えるのかな」という興味、そして「2500円だし」ということで、購入。椅子の座り心地もよく、花道もかなり見えて、なかなか。時間さえあればいいよね~。

 今日は、二幕・石部屋見世先での、田之助丈が一番心に残っている。お家再興のために娘のおはんを石部屋のバカ旦那に嫁がせなければならない。娘を残して去る母の情愛を玄関先でじっくりと。

 で、前回気になったこのバカ旦那役・松也くんの女方のような声は、ほとんどOK。ずいぶん変わってたと思う。オペラグラスで見ると、ほんとにメイクも「ピエロ」。あるいは、盗賊に柱へつながれる部分も含めて「犬」を意識してるのかも。(着ぐるみの犬もしばしば出てきて、戌年の初芝居なんである)

 そして、四幕の銭湯での風俗やお笑い、五幕・両国の見せ物小屋なども、趣があって楽しい。両国に小屋をかけた悪党役が團蔵さんで、なんかほんとにピッタリ、という感じ。芝雀さんも、きりっとしたシンのある女性を演じて素敵だった。

 ストーリー上では、「天国の刀」が偽物も含めて、あっちこっちにリレー(笑)されていくんだけど、今日はその行方をちゃんと認識しつつ見ていた(ってことは、前回ワケわかんなくなってた、ということで)。大詰の立ち回りは賑やかなオマケかもしれないけど、これがあるから「あ~、楽しかった」という気分が高まる。上から見ていると、傘の花で富士山をかたちづくっているのなどがよくわかった。いやはやカッコよい菊五郎丈でございます。

 三幕「鴫立沢対面の場」で富十郎丈の朗々とした台詞を聞いたあとの10分の休憩時、席で持参の「歌舞伎 ちょっといい話」(戸板康二 岩波現代文庫)を読んでいたら、ちょうど「いつぞや富十郎と会った時、『口跡がじつに達者になった』とほめたら、『真山(青果)先生の芝居をしたからですよ』とうれしそうに笑っていた」(160頁)というくだりに遭遇して、この偶然に嬉しくなったのだった。

|

« 雪の残る浅草にて、歌舞伎見物 | トップページ | キルト展を見る »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の残る浅草にて、歌舞伎見物 | トップページ | キルト展を見る »