« 半年後の「十二夜」 | トップページ | 「他人の不幸の上に自分だけの幸せは築けません」 »

2006.01.30

歌舞伎で五・六段目、落語は七段目

1月30日(月) 「鈴本演芸場 1月下席・夜の部」 17:20~

前座・市朗(出来心)、三三・道灌、太神楽(和楽社中)、圓太郎・真田小僧、錦平・看板のピン、漫才(遊平・かほり)、文左衛門・手紙無筆、菊之丞・片棒--仲入り--燕路・紙入れ、紙切り(正楽)、市馬・七段目

 市馬師匠がトリを取っている鈴本に、最終日になってやっと行けた。いつもなら、ノンビリ途中から聞けばいいや、という感じで行くのだけれど、今日は交代出演で三三さんの出番だから頑張って間に合うように到着。←三三さん贔屓のN翁に敬意を表して。

 市朗くんの、やっぱり冗長な「出来心」の後だから、同じ前座噺の、三三さんの「道灌」の聞きどころがわかったかも、な~んて。緩急というか、リズムというか。キャリアが全然違うのだから当たり前の話で、こういうのを間近で聞いて市朗くんも成長していくのでしょう。

 今日の顔ぶれの中では、たぶん全く初めてなのが錦平さん、そして久しぶりが文左衛門さん。○平、という人にはちょっと相性が悪いときもあって、不安だったけど、大丈夫でした(とはいえ、それほどインパクトもなかったけど)。文左衛門さんは、やんちゃなキャラがあんまり出てなかったかな。菊之丞さんの「片棒」は、息子が一人。派手なお葬式を出します!と、お囃子やら手古舞いなどを。芸達者やね~。この菊之丞さんと市馬師匠の羽織の脱ぎ方が、あいかわらずカッコイイよ。

 市馬師匠は、なんとなくのどかな感じの客席でもあり、ゆったり。相撲の呼び出しも披露して下さった。「相撲と我々寄席と、もう一つ仲間のようなのが芝居。1月は初芝居で・・・」というあたりから、期待が高まる!! 去年の勘三郎襲名から、海老蔵の襲名での「睨み」のくだりで、ちょこっとマネもあったよ。そして、わ~いの「七段目」。もう嬉しくって仕方なくて、ニコニコしながら聴いていた。2階で若旦那(平右衛門)と定吉(おかる)の芝居をたっぷり。ここで「七段目」が聞けるとは思っていなかったから(冬の噺かも、と)、いっそう満足だった。

 帰り道、山手線内でもウフフと思い返していたら、乗換駅で降り損ねてしまうし、駅から自宅までの道のりも、ニコニコしながら歩いていた。誰か見ていたら、相当アヤシイ女だったでしょう。今年もいい年に違いないね。

|

« 半年後の「十二夜」 | トップページ | 「他人の不幸の上に自分だけの幸せは築けません」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半年後の「十二夜」 | トップページ | 「他人の不幸の上に自分だけの幸せは築けません」 »