« 「見た目が9割」の世の中で「下流社会」を生きる | トップページ | 奈良に行きたくなっちゃう「死者の書」 »

2006.02.26

千秋楽のサプライズ(@_@)

2月26日(日) 歌舞伎座・夜の部(「京鹿子娘二人道成寺」「小判一両」)

 今月2回目の夜の部。前回は1階の後ろの方から見たのだが(=花道はよく見えた)、今回は3階から。いつぞや世田谷線に乗っているときに携帯からweb松竹を見ていて、比較的前の列を発見し、ついつい「購入する」を押してしまったのだ。とはいえ、出がけにバタバタしたので、「石切梶原」はすっぱり諦めて「二人道成寺」から。

 1回目の休憩になったところで入ったのだが、すでに舞台写真売り場は大にぎわい。吉右衛門ファンの義母のお土産にしようと思っていたのに・・・一度は、まっいいか、と。でも、考え直して2回目の休憩でやっと購入。ただし、ろくに見本も見えなかったから「幡随院長兵衛」を1枚のみ。いや~、こんなに大変だとは。

 「二人道成寺」では、今日は所化の中の松也くんをちゃんとチェック。やっぱ背高さんである。「まいまいづくし?」では(どなたかはわからず)、しずやしず・・・静御前・・・しずかといえば、で「荒川静香は氷上の舞い」も。3階からでも、踊りはなかなかよく見えて楽しかった。玉三郎丈の手の動きの柔らかさ(なめらかさ)を実感。

 そして「小判一両」。そういえば前回見たのは2月4日で、まだ始まったばかりのころだから、台詞もちょっとギクシャクのところもあったっけ。もちろん今日はそんなことはない。右之助さんは茶屋女でも品があるのよね~。あいかわらず、菊五郎-吉右衛門はよいわよいわ、と思いながら見ていて、ああもうオシマイかぁ、と思った瞬間、とんでもないことが!! 机に突っ伏して亡くなっている田之助丈を、菊五郎丈がうしろから抱え起こすようにして「イナバウアー」 まさに場内どよめいたとはこのことよ。そして幕・・・。あ~、びっくりしたなぁ。

|

« 「見た目が9割」の世の中で「下流社会」を生きる | トップページ | 奈良に行きたくなっちゃう「死者の書」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

20日の文楽のところに書き込むべきや否や?でもここに強く共感して?!

冷たく激しい雨の日曜日、私は文楽の千秋楽第2部に出かけました。曽根崎心中は蓑助勘十郎の出演が最後の天神森の段だけというのが、想定外。お二人の芸の素晴らしさが際立って感じられたような気もします。

そして隣で半眼になっている家人AおよびBに
「ほら、イナバウアー!」
と囁いて、意識を蘇生させていたのでした。

前に第3部を見たのですが、住大夫さんをたっぷり聞けて満足でした。小鍛冶も新鮮でしたね。

投稿: タンゴ | 2006.02.28 23:20

キビダンゴさま
間違いました。ひとつ削除してください。

投稿: タンゴ | 2006.02.28 23:27

タンゴさま。ほいっ、1個消しました。
ココログって、時々反応遅いのよね~。

文楽のイナバウアー、わかります! 
今回は私にはほんと色々目新しくて、楽しかったです。
3部制だと、2時間半くらいだからわりと気軽・・・
でも、3部全部見るのは大変で、悩ましい(←誤用?)
次回はぜひ、住大夫さんを聴かなくっちゃ!!

投稿: きびだんご | 2006.03.01 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「見た目が9割」の世の中で「下流社会」を生きる | トップページ | 奈良に行きたくなっちゃう「死者の書」 »