« 「他人の不幸の上に自分だけの幸せは築けません」 | トップページ | 一日中、机に向かって・・・「金明竹」を思う »

2006.02.05

見どころ一杯の、歌舞伎座・夜

2月4日(土) 「二月大歌舞伎 夜の部」 16:30~ 於・歌舞伎座

梶原平三誉石切」 幸四郎(景時)、歌六(六郎太夫)、愛之助(俣野)、彦三郎(大庭)ほか 「京鹿子娘二人道成寺」 玉三郎、菊之助、門之助ほか 「人情噺小判一両」 菊五郎(笊屋安七)、田之助(小森孫市)、吉右衛門(浅尾申三郎)ほか

 見に行く前は、とにかく「二人道成寺」だ! 石切梶原は、しゅっちゅうかかる演目だけど、あんまりねぇ・・・。小判一両とやらも、さて。と思っていたのだけれど、意外にというか、どれも面白くて、よくぞこの3つを並べてくれました、と満足して帰路についたのだった。

 石切では、初役という歌六さんの六郎太夫がとてもよかった。すごく伝わってくるものがあった、という感じかな。それと、愛之助さんが憎らしい役を、にくにくしげに。口跡もいいし。彼はどうしても優男系をイメージしちゃうんだけど、なかなかどうして。この二人に出会ったことが、本日の◎。彦三郎さんの台詞が、ちょっとフガフガしてたのは、私が今まで気がつかなかっただけかな。で、景時は・・・演技過剰と思わなくもない?

 前回の「二人道成寺」を見ていないので、尚更期待が高まっていたのだが、いや~、夢のような時間であった。今もまだうっとりしているよう。所化で「舞いづくし」を担当した猿弥さんを見てると、噺家さんみたいで、おかしかったし・・・というのが、ちょっとした息抜きで、あとはもう、見とれておりましたです。ポヨヨ~ン

 そして「小判一両」は、菊五郎-吉右衛門が見応えアリ。やっぱりカッコイイお侍の吉右衛門丈(長谷川平蔵みたい)と、余裕の魅力とでもいいたいような菊五郎丈。二人の料亭でのやりとりの呼吸とか、う~ん、ひっくるめて大人の芸だなぁ、と。

 今日は私が歌舞伎見物に引っ張り込んだ友人と一緒だったのだが、ちょうど去年の浅草歌舞伎で注目した愛之助、門之助の出演ということで、より身近に、応援するような気持ちで見ていたらしい。そんなところにも浅草歌舞伎の意味があるのかもしれない。そして、私は・・・夜の部全部に出演の松也くんも見なくっちゃ、と、石切梶原ではついつい彼に目が行ったりしていた。でも、さすがに道成寺はそんな場合じゃありませんでしたぁ。

 目を引くはずの芸能人と擦れ違ったりしてもなかなか気がつかない私なんだけど、今日はなぜか小田島雄志さんを、幕間ごとに発見。利根川裕氏とか、文化人っぽい方々も・・・。さすがに、書店で目黒考二さんはすぐにわかったりする私だからなぁ(苦笑)。でも、もっと違うタイプの人を見つけたいゾ。

 

|

« 「他人の不幸の上に自分だけの幸せは築けません」 | トップページ | 一日中、机に向かって・・・「金明竹」を思う »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「他人の不幸の上に自分だけの幸せは築けません」 | トップページ | 一日中、机に向かって・・・「金明竹」を思う »