« 娘道成寺で手拭いをナイスキャッチ! | トップページ | 「息子」は「父」を踏み越えて~MYTH »

2006.05.17

吉右衛門・団七に舅殺しの苦悩を見た

5月17日(水) 「五月大歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・新橋演舞場

ひと夜」宇野信夫・作 芝雀、信二郎、歌昇ほか 「寿式三番叟」染五郎(三番叟)、亀治郎(三番叟)、種太郎(千歳)、歌六(翁) 「夏祭浪花鑑」吉右衛門(団七)、歌六(義平次)、信二郎(一寸徳兵衛)、段四郎(釣舟三婦)、福助(お辰)ほか

 日曜につづいて「新橋演舞場」へ。ただし今日は3階Bだけどね。演舞場の3階はたぶん初めてのはず。「ひと夜」は新派のお芝居なんで、そうですか・・・という感じかな。時代が大正末の設定ということに、まず面食らったが、気楽に見てオシマイ、なのでした。

 「三番叟」も、歌舞伎で見るのは初めて。先日テレビで、萬斎さんと染五郎さんの「二人三番叟」は見たのではあるけれど、あれはまた全く別なので。今まで能舞台で見てきた三番叟だが、歌舞伎だと義太夫や三味線が入り、また黒御簾から大太鼓も聞こえるなど、華やかなんである。そして染五郎・亀治郎というPARCO歌舞伎コンビの三番叟は、ほんと見応えがあった。特に亀治郎は激しい動きなのに、顔(頭)がブレないんだよね。種太郎くんの清新さも◎

 「夏祭浪花鑑」といえば、勘三郎の団七ばかり見ている私(コクーンと松竹座)。しかもNY公演の映像までも。今回一番印象に残ったのは、タイトルにも書いたように、長町裏の舅殺しのシーン。たぶん、今までは泥だらけの義平次と団七の立ち回りに気を取られていたのだと思うが、吉右衛門・団七には、成り行きによる刃物騒動から、自覚して「手を下す」ときの葛藤、躊躇いが、ありありと感じられた。封建的な家族制度に縛られていた時代の、「大それた親殺し」のおののきさえも・・・。だから、躊躇ったのちに「なむあみだぶつ」と唱えてとどめを刺す、その「なむあみだぶつ」で笑いが起こった時は、それはないんじゃない?とさえ思ってしまった。(「ひと夜」が笑いを誘うお題目だったことの延長?)

 段四郎丈の三婦もカッコよかった。このところ、福助さんには文句のつけっぱなしなんだけど、お辰もねぇ・・・。顔は綺麗でもナヨナヨはしてないと思う。もっときっぱりしたお辰の方が好き、と言っておこう。

|

« 娘道成寺で手拭いをナイスキャッチ! | トップページ | 「息子」は「父」を踏み越えて~MYTH »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 娘道成寺で手拭いをナイスキャッチ! | トップページ | 「息子」は「父」を踏み越えて~MYTH »