« 手製のブックカバーと栞・・・っていうの? | トップページ | 娘道成寺で手拭いをナイスキャッチ! »

2006.05.10

まずは目出度や「外郎売」

5月10日(水) 「團菊祭 五月大歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・歌舞伎座

江戸の夕映」大佛次郎・作、市川團十郎・演出 海老蔵(本田小六)、菊之助(柳橋芸者おりき)、松緑(堂前大吉)、團蔵(松平掃部)ほか 「雷船頭」松緑、右近 「外郎売」團十郎(外郎売、実は曽我五郎)、菊五郎(工藤祐経)、三津五郎(小林朝比奈)ほか 「と助十」岡本綺堂・作 菊五郎(駕籠かき 権三)、三津五郎(駕籠かき 助十)、時蔵(女房おかん)、左團次(家主 六郎兵衛)ほか

 3階の後ろの方からノンビリ見た夜の部とは違って、ラッキーなことに1階のかなり前方の席で見ることができた。演目も「たっぷり」という感じで、充実していたと思う(即ち、くたびれたってことで)。特に右寄り(上手)で見ていたから、「江戸の夕映」の蕎麦屋での海老蔵、「外郎売」の團蔵(梶原景時)はいい位置で、うっとり見つめてしまいましたとさ。

 「江戸の夕映」は、今日演じた3人(平成の三之助)の祖父たちにあてて書かれたものとのことだが、いや~、脈々と受け継がれていくのね、そういう遺伝子。3人ともがとてもよかった。個々人の魅力プラス相乗効果というところかしら。菊之助が粋な柳橋芸者で、最初の船宿での少し酔った風情とか、きっぷのよさとか、新たな魅力? 松緑演じる大吉との信頼関係がシンにあって気持ちいい。今日の私は海老蔵の「美しさ」を改めて認識したのだった。箱館戦争からひっそり帰ってきて蕎麦屋で飲んでいるシーン。台詞がほとんどない場面でも、彼自身が輝いてみえた!

 「外郎売」は花道の出で、もう少し、わ~っと来るのかと思ってたのだが(初日からはだいぶ経つからか)。でも、團十郎丈、菊五郎丈が並んでの口上ではジーンとしてしまった。なんかほんとに気持ちの伝わる口上だったのだ。萬次郎さんが大磯の虎で、あの特徴ある声なので、ついパルコ歌舞伎のはじけっぷりを思い出しちゃったよ~。

 最後の世話物「権三と助十」は、江戸の長屋の雰囲気が伝わってきて楽しかった。落語みたいな雰囲気もある。そもそも「井戸替え」からスタートするんだし。ぞろっぺいな長屋の衆の代表のような、菊五郎と三津五郎の呼吸(滑稽味)もピッタリ。なんだか空気が楽しいのよ。その中で、團蔵がちょっと緊張をもたらし田之助が顔みせして締める、というところ? カッコいい若者担当が松也くんでした。

 最後にくだらない感想を。「権三…」で家主を演じた左團次さん。ちょっと台詞に苦労する場面もあったのだけど、それを思っても、去年の「十二夜」は初日までにすっごく頑張られたのだろうなぁ。あと、隣の席の老夫婦にイライラ、というのは今日で2回目。どちらも夫の方がブブブーな人で、集中力が続かないみたいなんだけど、妻の方もナントカ言ったらどうだい、と。あと20年もしたら自分がそんなふうに言われないようにしなきゃ。っていうか、20年後だって、夫と私は別々のことをしていて一緒には動いてないね、きっと。

|

« 手製のブックカバーと栞・・・っていうの? | トップページ | 娘道成寺で手拭いをナイスキャッチ! »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手製のブックカバーと栞・・・っていうの? | トップページ | 娘道成寺で手拭いをナイスキャッチ! »