« 「息子」は「父」を踏み越えて~MYTH | トップページ | 文楽・三味線の襲名披露 »

2006.05.18

これも「一寸徳兵衛」

Michitsuru_img03  今月、新橋演舞場で「夏祭浪花鑑」、国立劇場で前進座の「謎帯一寸徳兵衛」が上演されている。前進座も見てみたいのだけれど、一寸時間がないのよねぇ。というか、今月、若衆歌舞伎もあって、集中しすぎでしょう!

 ゴールデンウィークに、岡山駅の地下街入口に「地酒」の特設コーナーができていて、その時このお酒を見つけた。勿論、ひたすらネーミングに目を奪われたわけ。買って帰らなかったのをちょっと後悔した。

 一寸徳兵衛のキーワード(?)は「玉島」。いまの「新倉敷駅」は新幹線ができる前は「玉島駅」だったのだが、伝統芸能的にも惜しい「地名喪失」のような気がする。来月、歌舞伎座で上演される「藤戸」も玉島に近い辺りである。お能の「藤戸」も見たことがなくて、あれこれ見たい物がいっぱいだぁ。

|

« 「息子」は「父」を踏み越えて~MYTH | トップページ | 文楽・三味線の襲名披露 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「息子」は「父」を踏み越えて~MYTH | トップページ | 文楽・三味線の襲名披露 »