« 買った本/買わなかった本 | トップページ | そうだ、弘前行こう@情熱大陸 »

2006.06.24

師匠対決・本の部

師匠対決・本の部

右は私の落語師匠N翁の、左はお能のN老人の、それぞれ自費出版本。
お二人とも、長年勤めた会社(あら、どちらもマスコミ関係だ)を定年退職されて10年余、今までの趣味の道を集大成、というところだろうか。
残念ながら、お能の方は、入口にも到達しないうちに小休止の私だが、この詩集は半分以上が「弱法師」「江口」「邯鄲」など、お能がテーマ。やはり見たことがあるものは親しみを感じるというか、ボンヤリ見ていても甦る一瞬はあるんだな、と思う。

N翁は落語にジャズ、N老人はお能を、何十年も(50年以上!?)趣味としてこられた。それだけでもすごいと思うのに、こうして本までものすなんてと、感服しきり。
いつまでもお元気で、いろんなお話を聞かせてもらいたい。

|

« 買った本/買わなかった本 | トップページ | そうだ、弘前行こう@情熱大陸 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日久々に神保町をぶらぶらし、詩集など購入してしまいました。主に大正末から昭和前期(戦前)にちょっと活躍した詩人なのですが、20年前に較べると古本屋でたまに見つける詩集の値段も随分上がってしまいました。別に再評価されているわけでもないので、これもデフレ脱却の証左ですかね。

投稿: 松乃鮨 | 2006.06.25 23:33

松乃鮨さま。えっ、詩集ですか・・・なんかイメージ的には「漢詩」をお読みになってるような(笑)。
古本屋は地元の小さい所しか行かないです。それも滅多に行かない。どっちかというと、古本屋さんを家に呼んで、ごっそり(こっそり?)引き取ってもらいたいです。

投稿: きびだんご | 2006.06.26 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買った本/買わなかった本 | トップページ | そうだ、弘前行こう@情熱大陸 »