« 染五郎の色気、仁左衛門の情感 | トップページ | ちょっちハズレの「三鷹の芝居」 »

2006.06.08

右之助さんをたっぷり!

6月7日(水) 「歌舞伎鑑賞教室 国性爺合戦」 14:30~ 於・国立劇場大劇場

解説・歌舞伎のみかた(坂東亀三郎) 「国性爺合戦 第1幕・獅子ケ城楼門の場、第2幕・獅子ケ城甘輝館の場 同紅流しの場 同元の甘輝館の場」芝雀(錦祥女)、松緑(和藤内)、秀調(老一官)、右之助(渚)、信二郎(甘輝)ほか

 鑑賞教室を見るのは初めて。なんとなくフラフラと・・・という感じで(でも2階1列だけどね)。1階は高校生がいっぱいだから、そっちに紛れ込みたくはないでしょう。実は今月の出演者はみんなけっこう好きなので、それに惹かれて。

 開演と同時に、会場がほんとに真っ暗になって、キャーキャー。一瞬どうなることかと思ってしまった。明るくなると、回り舞台、セリが目の前に現れ、そしてスッポンから亀三郎さんが印を結んで登場。浅黄の着物と紺(?)の袴が雰囲気に合って爽やかでした。解説は手堅いというかお行儀よくて、面白みにはやや欠けてたかな。

 さて「国性爺合戦」だけど、これは衣裳や大道具(館)のきらびやかさで選ばれたのだろうか。あるいは日本の伝統芸能である歌舞伎で、中国が舞台、という意外性も? でも第1幕はあまり動きがなくて、地味といえば地味だから、退屈だったかもしれない。

 私は今まで何回か触れてると思うけど、右之助さんの「品のある老女」がとても好きなので、今日はたっぷり見られて大満足。信二郎さんもとても見映えがするし、・・・と言いつつ、全体にちょっと平板というのか、もっとワクワクしたかったな。

 義太夫が前半(楼門~甘輝館)、清太夫さんだったから、おおっ、なのだった。そうそう、義太夫には字幕がついていたから、つい文字を追ってしまったり。イヤホンガイドといい字幕といい、どうも集中力が分散して、私には今ひとつピッタリこないなぁ。

|

« 染五郎の色気、仁左衛門の情感 | トップページ | ちょっちハズレの「三鷹の芝居」 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 染五郎の色気、仁左衛門の情感 | トップページ | ちょっちハズレの「三鷹の芝居」 »