« 大阪にて、お江戸の噺を聞く | トップページ | 不思議な「ひまわり」を見た »

2006.07.13

図録の厚さ27 ㎜「若冲」その1

図録の厚さ27<br />
 ㎜「若冲」その1

7月12日(水) 「若冲と江戸絵画展」  於・東京国立博物館平成館

混みそうだから早めに行ってきた。と言っても行く気充分で、前売券を2枚購入(辻惟雄先生の講演会があるし)。招待券を諦めたから買ったのに、今週になって1枚入手…そんなに行けるのか!?
やっぱり「鳥獣花木図屏風」をじかに見てられてよかった。8日のテレビ東京「美の巨人たち」にも登場してたっけね。「桝目描」は気が遠くなりそうな“オタクちゃん”ぽさというのが実際に見た第一印象だけど、次にすっごく楽しくなった。うきうきする感じ。
それと対照的なのが、葛蛇玉「雪中松に兎・梅に鴉図屏風」。以前、雑誌のグラビアで見て記憶に残っていたのだが、実物はやはりすごかった。墨地に雪の白さの、しんしんとした空間…。

とりあえずこの2点のみについて書いたけど、残りはまた。
ところで、辻先生の講演は当たるかなあ。本郷郵便局の私書箱宛てだから、本郷郵便局前ポストに投函してみた(往復葉書代を割り引きしてもらいたいゾ)。

|

« 大阪にて、お江戸の噺を聞く | トップページ | 不思議な「ひまわり」を見た »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪にて、お江戸の噺を聞く | トップページ | 不思議な「ひまわり」を見た »