« 休日昼の、お江戸日本橋亭 | トップページ | 鯉朝さん、真打おめでとう »

2006.07.31

手帳を見ながら、ため息をつく

 はあぁ、今日で7月もおしまい。やっと梅雨明けしてみれば、もはや「秋風」の涼しさではありませぬか。

 私のいろんな予定(日雇い状態の仕事も含めて)は、とりあえず全部、手帳に記録する。いま8月の予定をウムウムと眺めるに、久しぶりのまとまった旅行を計画していることもあって、観劇方面は「夏枯れ」状態である。それでも、webチケット松竹で歌舞伎座の1列目ほぼ真ん中という席に遭遇して、ふらふらとクリックしてしまった、なんてのもあるけれど(納涼歌舞伎はせいぜい行っても3階席、と思ってたのに・・・)。生涯一度くらいは1列目で見てもよかろう、みたいな気持ち??

 そして徐々に9月、10月の予定が埋まり始めている。なんたって9月以降、国立劇場開場40周年記念の文楽や歌舞伎があるし、万作家のあれやこれや、永井愛に長塚圭史に・・・と、うかうかと予定を入れていて、はたと気がつくと実家に顔を出す日をひねり出せない、困った状況。あ、明日発売の「にぎわい座」を諦めればいいのか。どうも「にぎわい座」とは縁がないなあ。

 そしてもう一つのため息は・・・。前に触れた「若冲展」なんだけど、辻先生の講演にはずれてしまい(実は往復葉書を2通出したのに、どっちも)、未だチケット2枚を持ったまま。できるだけ朝早いうちに行こうと思うんだけど、なかなかそんな日がないよ~。ほっんとに、人混みとか行列が苦手だから(好きな人はいないでしょうが)、うへへへへ、という気持ちも。はっきり言って月曜日が一番暇で自由になるのに、そんな日は休館日なんだもんね。でも!元気を出して行きますわよ。

 8月は劇場に足を運ぶ回数は少ないと思うけれど(でも3回はあるか、最低)、また違う視点からブログのネタも探せるといいなあ。今後ともよろしくお願いいたします。

|

« 休日昼の、お江戸日本橋亭 | トップページ | 鯉朝さん、真打おめでとう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休日昼の、お江戸日本橋亭 | トップページ | 鯉朝さん、真打おめでとう »