« プラハへ持って行った本 | トップページ | 時差ボケのリハビリに、八犬伝 »

2006.08.22

待ち受け画面の候補

20060819_1917  これはプラハの街なかで撮ったもの。実はポスターなんだけど、あまりに可愛かった(?)ので。これと私が並んだショットも一応ありますが、門外不出ですな。毒が2乗以上になって皆さんを汚染するでしょうから。

 なんのポスターかといえば「MUSEUM OF COMMUNISM」のもの。チェコの民衆の積年のうらみ、みたいな部分もあるでしょうか。ほとんど毒のなさそうなミーシャを使ったポスターもあったけれども。

 ホテルに案内パンフが置いてあったり、こうしてポスターが貼られていたりするけど、ガイドブックには全く載ってない。とても小さいもののよう。そしてさんざん歩き回ったのに、行ってない私。ものすごく心残りである。せめて・・・そのうち携帯の待ち受け画面にしようかな。

|

« プラハへ持って行った本 | トップページ | 時差ボケのリハビリに、八犬伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさーい。
夏休み、チェコ旅行なんて、とってもすてきです。いつか行ってみたいです!
しかし、このポスター、たまらないですね。ツーショットもぜひ見てみたいです……。
この写真もそうだけれど、東欧の、たとえばエプロンやスカーフの何でもないものの柄とか、民族衣装の刺繍や色など、可愛いな〜と思うものがあります。

投稿: ポンジュース | 2006.08.23 22:16

ただいま~。うむむ、長年せっせと働いたのだから、たまにはこんなこともなくっちゃねぇ。
写真を撮っていても、常にヘンテコなものに心惹かれます。綺麗な風景なんかは、絵葉書とかガイドブックとおんなじじゃあツマラナイ、と思ってしまって。
プラハも建設中のこれからの街、という感じがしました。観光客が溢れていて(欧米人+アジア系)、コンサートのチケット売りに「明日!」などと日本語で声をかけられたのでした。

投稿: きびだんご | 2006.08.23 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラハへ持って行った本 | トップページ | 時差ボケのリハビリに、八犬伝 »