« 桃太郎ぶどう | トップページ | 消化不良のパラダイス »

2006.09.07

歌舞伎・文楽の秋、到来

9月6日(水) 「秀山祭九月大歌舞伎 夜の部」 16:30~ 於・歌舞伎座

鬼一法眼三略巻 菊畑」幸四郎(知恵内)、染五郎(虎蔵)、左團次(鬼一法眼) 「籠釣瓶花街酔醒」吉右衛門(佐野次郎左衛門)、福助(八ツ橋)、東蔵(立花屋女房おきつ)、梅玉(繁山栄之丞)、幸四郎(立花屋長兵衛)ほか 「鬼揃紅葉狩」染五郎、高麗蔵、信二郎ほか

 吉右衛門丈がやたらテレビや雑誌に登場して、PRにつとめていた秀山祭(クロワッサン誌やシアターガイド誌でも見かけた)。昼夜ともに魅力的な演目なのだけれど、やっぱり寺子屋の兄弟共演かなあ、と思って、夜の部は3階から気軽に。籠釣瓶を見るだけでもいいや、くらいの気持ちだったけど、それは考え違い? どれも面白かったし、通しで見るとよけいいい感じなのかもしれない。

「菊畑」はそれほど好きじゃないのに、意外によかったなあ。義太夫狂言のコク(こってり具合)が、幸四郎丈と合ってる、というのかしら。ちょっと眠くなったりもしたけど、まあ、そんなもんだよねぇ・・・。

「籠釣瓶」はダレるところがないというか、ほんと引き込まれた。序幕の「見染の場」、一瞬にして魂を抜かれたような吉右衛門の表情からして印象的だった。ちっとも大げさじゃない。でも時間が止まったような感じ。他の出演者もみな適役のよう。中でも東蔵演じる女房がピッと引き締めていたし、芝雀の品よく情のある九重などなど。そして、福助がちょっと不安だったけど(つまり私とは合わないかも、と)、それは杞憂でした。彼はたぶん、ものすごく研究熱心で細かく演じたいタイプなのでは、なんて思ってしまった。愛想づかしの場面で、部屋を出ていくまで、そのシンにあるものがよくわかった・・・ような気がした。

 これで帰ったら、満足はしても少し沈んだ気分だったかもしれないけど、「紅葉狩」で頭をカラッポにできて、ああ楽しかった!と締めることができた。能舞台を模した舞台に、大薩摩、常磐津、竹本、お囃子と、賑やか。実は鬼女であるとはいえ、染五郎の女形を見るのは初めて。美しかった。4人の侍女とともに、そして維茂主従も含めて、衣裳の色合いがとても綺麗だった。後半(鬼女)に移る前、アイ狂言の位置づけは4人の神様。全員おぼっちゃま方なんだけど、特にちびっこ(玉太郎)が可愛くて、客席はメロメロの体であった。彼らが引っ込んでから、鬼女たちが出てくるまでがちょっと間があきすぎの気もしたけど、致し方なしですかね、衣裳や隈取りなどを考えると。

 「籠釣瓶」と「紅葉狩」に出演の高麗蔵さんが、すごく存在感があった。芸の幅が広い役者さんだと思う。

 舞台に咲き誇る大輪の菊の花や、鏡板の松と一緒に描かれた紅葉など、秋だなあ、と。今月からしばらく歌舞伎や文楽を見ることが多くなりそうだけど、さい先のよいスタートが切れて嬉しい。

|

« 桃太郎ぶどう | トップページ | 消化不良のパラダイス »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃太郎ぶどう | トップページ | 消化不良のパラダイス »