« 落語会メモ その1 | トップページ | 楽しい狂言と至芸を満喫 »

2006.10.19

落語会メモ その2

10月18日(水) 「市馬落語集」 19:00~ 於・お江戸日本橋亭

市丸・手紙無筆、市馬・野ざらし--仲入り--市馬・夢金

 早めに行こうと思いながら、やっぱりギリギリになってしまう。席を取ってくださっていたN翁に申し訳ない・・・というのも、やはり満員状態の中の「席取り」は気を遣うでしょうから。それにしても、以前は7割くらい?の入りだったことを思うと、落語ブームゆえか、市馬株上昇のゆえか。

 会場で、12月16日の「市馬・談春二人会」と、12月23日の「落語集」の予約を受け付けていたが、どちらも指定席で、早く申し込まねば!というところのよう。

 「野ざらし」は歌がたくさん入るんだなあ、と感心した。すっかり「歌の人」の師匠ならでは?と思っていたら、もっと歌を入れていた名人(昭和30年ころ)がいるのだそう。N翁のウンチクである。「夢金」はなんだか“絵になる”噺で、風情たっぷり。中で、娘が舟に乗る時の乗り込み方を船頭が教えるくだりが、とてもリアルで、ちょうど私も着物で行っていたので、より実感があった。

Ooshima ←というわけで、昨日はこれ。珍しくそもそも自分用の、結婚するときに持たされた大島。実際に袖を通すまでに20年以上!! 数回着ただけで(胴裏がイカレてたので)洗い張りをして、これが再デビュー。木々の柄の帯と鬼の帯留めで、気分だけは紅葉狩り。

|

« 落語会メモ その1 | トップページ | 楽しい狂言と至芸を満喫 »

落語」カテゴリの記事

コメント

ほんとに、素敵でうっとりしますね、着物。
私も、頑張りますからっ!!
でも、着物が似合わないんだよな~。
そして、東京までは着て行かれないなあ。
新幹線の中で帯がぐっちゃぐちゃになりそうだもん。

わたしも、黄八丈を着た妹(じゃないんだけど)が船に乗りこむとこ、船の桟につかまって乗って、尻持ちつくとこがリアルに目に浮かびました!
すごいな~っと、感動しっぱなしでしたわ~。
ネタおろしって、人前ではじめてやるってことですよね?
完璧ですよね?
あの後、もっとゆっくりできたら、飲みながらいろいろと感想とか話したりしたかったですけど~。
12/23日は泊まりますのでっ!!
一緒に泊まりますか?(笑)

投稿: まー坊 | 2006.10.20 20:59

まー坊さま。
16日もそうだったんですが、着て行こうと思いつつ
くじけるのが、毎度の私のパターン。
でも、今回はまー坊さんにアピールしなきゃと、
頑張ったのよぉ。ねっ、すっかりその気になったでしょ。
まずは、地元の落語会からどうぞ!!
こう言ってはナンだけど、歌舞伎やなんかよりも
落語の方が気楽に着物で行けるように思います。
私も落語と出会わなければ、着物はずっと箪笥の肥やしだったはず。

で、12/23の誘惑の魔の手が伸びてきてるわね。
ホテルを取らなくても、飲み屋で夜明かし(^_-)!?

投稿: きびだんご | 2006.10.20 21:29

こんばんは。ふくちゃんです。16日の研精会OBにN翁(?)さんに紹介をしてもらいました者です。そのN翁よりきびだんごさんが着物を着て市馬集に来られたとレポメールをもらいました!拝見したかった・・・。市馬さんの掲示板に登場される方は皆さん面白いですね。特にたる八さんという方の書き込みは毎回笑って読んでます。また今度お会いできることを楽しみにしております!

投稿: ふくちゃん | 2006.10.24 22:53

ふくちゃん。ようこそです。
もうねぇ、N翁がふくちゃんの隣で鼻の下を・・・〈以下削除〉
↑これは、たる八さんの真似です。

市馬ファンの方々は、皆さん、なんか雰囲気いいんですよね。
この秋は「目黒のサンマの里遊覧」は実現不可能みたいですが、
そんな企画があったら、ぜひ参加してくださいね。
また、どこかの落語会でお目にかかりましょう!

投稿: きびだんご | 2006.10.25 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落語会メモ その1 | トップページ | 楽しい狂言と至芸を満喫 »