« 伴大納言「絵巻」の謎・・・ひとりごと | トップページ | 床の上にペットボトル »

2006.11.01

新橋演舞場、本日初日

11月1日(水) 「花形歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・新橋演舞場

番町皿屋敷」松緑(青山播磨)、芝雀(お菊)、松也(お仙)ほか 「勧進帳」海老蔵(武蔵坊弁慶)、菊之助(富樫)、芝雀(源義経)ほか 「弁天娘女男白浪」菊之助(弁天小僧菊之助)、松緑(南郷力丸)、團蔵(鳶頭清次)、左團次(日本駄右衛門)ほか

 去年、「児雷也」をわくわくしながら見たのは11月の新橋だった(そしてそれが、松助丈の最後の舞台だった・・・)。今年は海老蔵、菊之助、松緑がそろうというので、楽しみにしていた。演目もポピュラーなものばかりだし。それに、松也くんとか團蔵さんとかも、ご出演なんだも~ん。

 昼の部は本当は楽日近くに見ることになっているのに、それまで待ちきれず、たまたま3階の1列を見つけたので迷わず行くことにした。一応、演舞場へは計3回見に行く予定だけど、各階制覇(笑)、となった。幕見があれば、もっとふらふら行っちゃうね。

 で・・・やっぱり菊之助くんは素敵!! ほんとに綺麗だし声もよく通って、輝くばかりでございます。ま、要するに、お目々がハートマークになってたわけ(笑)。

 ちょっと冷静になってそれぞれを振り返ると・・・。私は「皿屋敷」は苦手(というより嫌い)と思いこんで避けていたけど、それは「播州皿屋敷」の方であった。どうもあれは嗜虐の感じが受け付けない(出来のよくないのを見たのかな)。岡本綺堂作の「番町皿屋敷」は、別にお菊をいじめたりしないのね。花見の場、青山播磨の屋敷の場ともに、ちょっとテンポが悪い部分もあったと思うけど、初日だもんね。町奴では猿弥が「いかにも」の感じでよかった。松緑は、後の南郷力丸より青山播磨の方が台詞回しは好き。見た目は南郷、かなあ・・・。

 海老蔵は、ほんと登場しただけでわ~っと客席に熱気を巻き起こす。今日もそれをまざまざと感じたのだった。でも、出だしはよかったんだけど、なんかちょっとね、と思っちゃった、台詞のリズムとか。芝雀さんの義経は雰囲気がとてもよかった。今日はお菊よりも義経の方が好きだな。とにかく品のある役がいいと思う。

 今日、絵のようなワンシーン(←舞台全体から切り取った)、というなら「勧進帳」の富樫-弁慶なんだけど、「人物クローズアップ」ならば勿論、弁天小僧。おなじみの台詞も楽しい。いや~、やはりこれは近くで見たかった。最後の勢揃いの場は、なんとなく迫力不足というか、スカッとしなかったから、次回を楽しみにしよう。あ、團蔵さんをもうちょっと見たかったな。

 お昼を買いに外へ出て戻ったときに、ちょうど海老蔵ママと菊之助ママがお互いに挨拶をされてるところでした。

|

« 伴大納言「絵巻」の謎・・・ひとりごと | トップページ | 床の上にペットボトル »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

あら、私も参りましたよ、演舞場の初日(^。^)
弁天がよかったなぁ。
ママたちがご挨拶してる時、私は知人とロビーで立ち話していたので、すれ違ったようですね。

投稿: 猫並 | 2006.11.02 20:27

猫並さま。ようこそ!!
(再び)すっごいニアミスですね。
もっと周囲を注意してればよかった。

・・・ほんとにねぇ、素敵でした。菊之助くん。
今日も「思い出し溜息」(笑)。
次に昼の部を見るときは、着物で行くつもりです。

投稿: きびだんご | 2006.11.02 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伴大納言「絵巻」の謎・・・ひとりごと | トップページ | 床の上にペットボトル »