« 「功名が辻」を今ごろ | トップページ | ホーム&アウェー、落語と歌 »

2006.12.03

久しぶりに、お能で「道成寺」

12月3日(日) 「第5回 泰晴会」 13:00~ 於・国立能楽堂

道成寺縁起絵解き小野俊成(道成寺副住職)--休憩--仕舞「老松」 能「清経」シテ長谷川晴彦、ツレ青木健一、ワキ梅村昌功ほか 狂言「福の神」山本則俊、山本則秀、遠藤博義 仕舞「実盛」「野宮」--休憩--能「道成寺」シテ梅若泰志、ワキ舘田善博ほか

 さてもさても、久しぶりの能であることかな。これは演者の家族ルートで声がかかって、先日の花形歌舞伎メンバーほかで見に行った。本日の千駄ヶ谷駅は、大学ラグビーやらバレーやら(?)もあるらしく、賑わってました。

Nou01 Nou02

 

  道成寺縁起絵巻の絵解きは、話し方も流暢で面白かった。毎日、喋ってるそうだから、上手いのも当然かしら。能舞台の上に、イーゼルを横長にしたような台が置かれて、そこに絵巻のレプリカ(当たり前)を広げながら解説。途中、「ほんらい絵巻はこのように見ていたのです」という言葉に、ふと「伴大納言絵巻」を思い出す(誰が持っててどういうふうに見てたのか気になっていたから)。プログラムの下段にも8ページにわたって絵巻が載っていて、これはアイディアだなあと思う。

 仕舞のうち「老松」は、初舞台のお嬢ちゃん。周りはやはり孫でも見る感じ・・・。でも、ちょっと小さすぎるんでは、と思った。能舞台の空気というのはあると思うから、それを乱さない程度にわかるまで待った方がいいんじゃないのかなあ(と素人は思うんだけど)。狂言の野村裕基くんの舞を見たのは4歳と何ヶ月、というところだったと思うけど、微笑ましくも張りつめたものがあった。

 「道成寺」を以前見たときは、同じ国立能楽堂の正面席最後列だった。今回は脇正面5列めだったから、鐘をつり上げたりする動きがとてもよく見えたし、鐘入りの時の緊迫感もじかに感じた。それはとてもよかったんだけど、でも全体をみるのには正面席の方がよかったかな、と思ったり。前に見た時の感じにとらわれているのかもしれないが。(滅多に脇正面で見ない、というのもあるかな)

 去年のこの会では、長谷川さんが「道成寺」のシテで、私はその時のを拝見していない(今回の方が地味めという説も)。私が以前見たのとも、印象はかなり違っていて、全体的にアッサリしていたように思う。たくさん見れば、また語れることもあるかと思うけど、なかなか・・・。

 あ、仕舞ではやはり梅若万三郎さんの「野宮」がとても素晴らしかった。全く素養がない者にも伝わるものがある、というのが不思議なくらい。

|

« 「功名が辻」を今ごろ | トップページ | ホーム&アウェー、落語と歌 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「功名が辻」を今ごろ | トップページ | ホーム&アウェー、落語と歌 »