« 二人会の面白さ | トップページ | 元禄忠臣蔵の通し、本日完成 »

2006.12.19

歌舞伎座「昼夜」で、くったくた

12月19日(火) 「十二月大歌舞伎 昼の部/夜の部」

昼:「八重桐廓噺 嫗山姥」菊之助(八重桐)、團蔵(煙草屋源七)、松也(沢瀉姫)ほか 「忍夜恋曲者(しのびよる こいはくせもの) 将門」時蔵、松緑 「芝浜革財布」菊五郎(政五郎)、田之助(大家長兵衛)、團蔵(大工勘太郎)ほか 「勢獅子」雀右衛門、梅玉、松也ほか

夜:「神霊矢口渡」富十郎(頓兵衛)、菊之助(お舟)、團蔵(六蔵)ほか 「出刃打お玉」菊五郎(お玉)、時蔵(おろく)、田之助(広円和尚)ほか (「紅葉狩」は未見)

 昼の部だけは早くから見に行くことにしていて、その後、夜の部にもやはり行こう、ということになって・・・結局、ほかに日がなく昼夜続けてという体力勝負となった。偶然どちらも3階2列だったというのがおかしい。「紅葉狩」に松也くんでも出ていたら、最後まで見たかもしれないけど、まあいいか、と。で、帰宅後にちゃんと夕食を作って食べたから(途中まで朝のうちに仕度)、ひきかけた風邪もひっこむというものでしょう(笑)。

 実のところ、今月は「是非ともこれを見たい」という演目はなかった。嫗山姥はそれほど・・・という感じだし。私には。でもでも、菊之助は見たいし、團蔵、松也の2人がそれぞれ昼夜2つずつ出演するのでは、やはり見逃せなかったのである。

 役として、見て面白いのは「神霊矢口渡」かな。そのウブな一途のお舟と、理が勝ったような(? いろいろ喋るし)八重桐。どちらも見とれちゃったよ~。今日の発見は、お舟が倒れている時の姿の美しさ(太鼓を打つ前)。たぶん完璧に美しいポーズで、力が抜けてて、微動だにしない。3階から見下ろすから、その感じがよくわかる。そんなところで感心するなんて、と思うけれども。

 そして今、書きながらやっと気がついた!今月の團蔵さんは3回死ぬのではありませぬか。最後まで元気なのは「芝浜」だけ(笑)。どの役もよかったけど、やっぱいかにも悪人の森藤十郎(出刃打お玉)が、カッコよかった。松也くんも、お姫様から町娘、傾城、鳶の若い衆と、幅広かったね。

 「芝浜」を見るのは初めて。落語と違って最後にお酒を飲むんだね~。でも、「歳末感」のあるラストで、やはり12月に見るのにふさわしい。そして、「出刃打お玉」は、菊五郎丈の怪演ですか? ストーリー的に「おやぢモード」気味で、どうもね、と思いつつ。昼夜ともにちょこっとだけ出演の田之助丈が流石の存在感だなあと。

 しかし、やっぱり疲れる昼夜の通し。昼の部は特に座席環境がよくなくて、よけい疲れたのかも。

|

« 二人会の面白さ | トップページ | 元禄忠臣蔵の通し、本日完成 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!
あの椅子に昼夜はキツイですよね…せめて国立並みの椅子だったらまだしも。歌舞伎座改装に期待するのは椅子がよくなること!
最後の紅葉狩りの、ぼたんが踊った役あたりを松也くんにやらせたかったですね。あのくらいの役をやりたいポジションの役者はいっぱいいる…なのにポッと横から。
初日に見た神霊矢口渡、ちっともいいと思わなかったけど、桟敷から斜めに見たんじゃわかんないわよねと思いなおして再見するつもりです。というか、もともと12月は楽に夜を観るというのを掟にしてるもんですから(^^ゞ
そうですか、良かったですか。期待しよう。

投稿: 猫並 | 2006.12.22 00:27

猫並さま
ほんとに、椅子は国立劇場の圧勝です(笑)。
国立の客はおとなしくて、いらつくことが少ないし。

昼夜の間には、津田屋と奥村書店を覗いてました。
「紅葉狩」は、どうせパリの練習でしょ、みたいな
気もあったし。ぼたんは彼女が入るとどんな感じなのか
見てみたい気もしたんですが・・・。

猫並さん、千秋楽にお出かけということは、
「出刃打お玉」で、特別なことがあるかしら?
よい締めくくりとなりますように!!

投稿: きびだんご | 2006.12.22 02:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二人会の面白さ | トップページ | 元禄忠臣蔵の通し、本日完成 »