« これが今年の聞き納め | トップページ | 今年もよろしく(^_-) »

2006.12.30

2006年の忘れ物(ぐだぐだ日記)

12月30日(土)

 関東地方は穏やかな年の暮れです。おかげで大掃除がはかどる・・・(いや、休憩のしすぎ)。そういう家事のお供がベートーベン第7番、というあたりが、いかにもわかりやすい、相変わらずの私なのだ。

 今年は、滅多に連ドラを見ない私が、「吾輩は主婦である」と「のだめカンタービレ」の2本も見た! とはいえ、どちらも最初から見たわけじゃなくて、半分近くまで進行したあと、それまでの分を録画したDVDを貰って、やっと見始めたわけで。ドラマを敬遠する家族の白い目に耐えつつ、見たのでした。「のだめ」は漫画がとても好きだったので、ドラマはう~ん、と思って見てなかったんだけど、けっこう漫画に忠実にコメディやっていたのに好感がもてた。それと、友人同士、師弟、家族、それぞれが思いやる部分が、いやみじゃなくてとても好きだった。音大の谷岡先生、江藤先生あたり、特に・・・。

 昼間、芸能花舞台(NHK教育)で、今年の回顧をやっていた。国立劇場開場40周年元禄忠臣蔵」、團十郎丈の復帰(5月歌舞伎座)、鶴澤燕三襲名、そのどれも見に行けたことは幸せだった。えっ、単にお祭り好き、イベント好きなだけかも、ですが。

 思い出した時に書くけど、10月に「元禄忠臣蔵 第一部」で、「かたおち」という言葉の連発が気になったと、当ブログにも書いた。その後、12月の第三部では幸四郎丈が「かたておち」と言っていたのですね~。それはそれで、おや、「かたておち」と言ってる、と即座に反応してしまう、困ったわたくし。つい、書き忘れていたので、ここに記録しておきます。これはまあ困った職業病? それでいえば「吾輩は主婦である」の中で、「三四郎」がらみのストーリーだったかで、「みやこ」という名前が出てきて、仕事友と「美禰子」だったら「みねこ」のはずだけど、あれは何だろう、もじったのか、などという話題になった。喉をかすった小骨くらいなものですが。いろんなアンテナは面白いんだか不自由なんだかわからないけど、それであれこれバカを言える友人もいて、悪くはない。 

|

« これが今年の聞き納め | トップページ | 今年もよろしく(^_-) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これが今年の聞き納め | トップページ | 今年もよろしく(^_-) »