« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.25

「四天王」つながり(追記あり)

 2007年の1月は、どうやら「四天王」の月。偶然ながら、互いに関係のないお芝居と絵の両方で、四天王に出会ったのだから。

 といっても、「朧の森に棲む鬼」においては、宗教的なものでは全くなくて、三羽烏、四天王、という使い方の「四天王」。エイアン国の四天王は、ヤスマサ、サダミツ、ウラベ、ツナである。ツナだけが女性で、秋山菜津子が演じた。しかし、舞台上に四天王が全員そろうことはない。早い段階でヤスマサが欠け、後に主人公ライ(染五郎)が一員となったときには、すでにサダミツも亡く、ライは四天王の一人「ただし3人しかいないけど」という状態だった。奉られる存在としてのイチノオオキミの下で、実質的な権力者集団の四天王という構図が、とてもわかりやすかったように思う。

 いっぽう、山口晃の絵で見た四天王は、廣目天、持国天・・・という宗教的な四天王である。それが、見上げるくらいに大きな絵で(等身大くらい?)、流麗な線に彩色も施されており、きわめて現代的な顔立ちをしている。中で、廣目天は女性で、長い髪をなびかせてこちらを向いているのが印象的だった。これを見た時、それでもすぐには「朧」のイメージとは結びつかず、ただ「山口さんが、舞台の衣裳デザインをやったら面白いかも」と感じたのは、意識下にツナたちの四天王があったような気がする。

 単に、両方を同じ時期に見た、というだけのことで、そこにどんな意味も存在しないのだけれど、図らずも自分の中では結びついてしまうことの面白さ。何かに出会うことの楽しさ、と言ってもいいかもしれない。 

【追記】と、四天王が気になっているところへ、27日付け朝日新聞夕刊の「コリオレイナス」の劇評を見たら・・・四天王像がモチーフの舞台装置、と書いてある。シェイクスピアの(舞台ではなく)戯曲に親しんでいる昨今ではあり、ほんとは見るべきなんだけど、どうもシェイクスピアの歴史物は苦手というか、それに向かうエネルギーがないのです(涙)。その後の「恋のから騒ぎ」ちゃうちゃう「恋の骨折り損」は見るつもりだから、劇場の遠さのせいじゃない。・・・な~んて書きながらも、突然見に行く、かもしれないが。

| | コメント (0)

チラシの山

Chirashi  今月に入ってから、パルコ劇場、シアターコクーン、新橋演舞場に行ってるから、必然的に同じチラシを貰うことになる。ふだんは家に持ち帰るけど、さすがに22日の演舞場では劇場に捨てて帰った。

 ←なんで、こんな写真を撮ったかというと・・・。地元の新聞販売店のサービスで、月1回、演劇やら美術展のチケットがもらえる。夏場はサッカーとか野球のチケットもある。1月の申込みの中に、お芝居「雪まつげ」とあって、私は「雪まろげ」のはずなのにどうしてこんな間違いをするかなぁ、キーボードの誤打ではありえないし、と引っかかっていたのである。それが、このチラシを見て、そうだったのか!! 折角の味のある字なのにねぇ。

 そういえば息子が小さい時、「○うへい」という名前なのに、私の母がハガキに書いた宛名の「う」が「ろ」に見えてしまい、「○ろへい」じゃない!とフンガイしてたっけ。くだらないことまで思い出しちゃった。オソマツサマ。

| | コメント (0)

2007.01.24

ゆったりと国立劇場の歌舞伎を楽しむ

1月24日(水) 「梅初春五十三驛」 於・国立劇場(12時50分ごろ入場)

 初日に見たのに続いて2回目。チケットは発売初日に買っていたので、3階1列(2階8列)の通路際で、安いし見やすくてよかった。・・・でも、開演の12時に行くのはもともと無理だったものの、休憩時間を読み違えてすっごいショック(タイムテーブルを見てたはずなのに、幻だったのか)。ほんとは二幕のアタマから見るつもりが、やっと「岡崎」の「化け猫」に間に合うというていたらく(しかも暢気にお昼を食べてた。ガーン)。

 今日はいろんなシーンを単純に楽しんだ。化け猫に田舎芝居、菊之助くんのりりしい白井権八、エトセトラエトセトラ。中ではやっぱり三津五郎丈が楽しんでる感じの弁調役が、こちらもウフフと楽しめた。終演は4時35分くらいだったから、少しシェイプアップされてたもよう。たとえば、「富士ヶ根屋の場」などで。

 それと、手ぬぐい撒きも大勢でだけじゃなく、神主の菊五郎が登場するときに花道で撒いたり、亀蔵(死人!)が撒いたりしてて、へぇ~なのだった。松也くんの「三宅坂小梅」としてのギャグは、テレビのお笑い番組を殆ど見ないこともあって、やっぱりあんまり面白く感じなかった。というか、もう少し見ていたかったよ!

 この時間に終わるなら、千秋楽に見ることにしても大丈夫だったなあとは思うけど、まあいいか。のんびりゆったり、純粋に菊五郎歌舞伎を楽しめて気分よく帰ってきたのだった。

| | コメント (0)

「和ごころをまとう」お披露目展のお知らせ

石田節子プロデュース 和ごころをまとうhttp://www.rakuya.co.jp/shop/event.html

1月24日(水)~30日(火):銀座かねまつホールにて。毎年、この時期にかねまつホールで行われる石田節子さんの個展も、今年で7回目。今回は、晴れの日のスタイルをアンティークを中心に、とのことなので、振袖とか打ち掛けとか、綺麗なのが並ぶのでしょうかね~。ビルの5階ではあるけれど、気軽に入れるから、銀座へ出たついでにのぞいてみてはいかがでしょう。

 そういえば! 去年は浅草歌舞伎を見てかねまつに回ったのでした。前日降った大雪に泣き、洋服で。この冬はほんとに暖冬ですね。地球は大丈夫なのか!?

| | コメント (0)

2007.01.23

「鏡獅子」に大拍手

1月22日(月) 「寿 初春大歌舞伎 夜の部」 16:30~ 於・歌舞伎座

廓三番叟」雀右衛門、富十郎、芝雀ほか 「祇園祭礼信仰記 金閣寺」幸四郎(松永大膳)、玉三郎(雪姫)、吉右衛門(此下東吉)、東蔵(慶寿院)ほか 「春興鏡獅子」勘三郎ほか 「切られお富」福助(お富)、歌六(赤間源左衛門)、高麗蔵(赤間屋女房お滝)ほか

 そんなわけで、新橋演舞場から歌舞伎座へ移動。このブログを始めたのが2004年9月で、当時は毎日真面目に出社し、月末には夜間労働・タクシー帰宅もあったっけね。それを思えば、平日にのんきに劇場へ行ってるなんて、夢みたい。・・・とはいえ、3階席のハシゴをする、というあたりが私の限界か(私らしいとも言う)。

 さてさて、今月の歌舞伎座は、昼夜ともに踊りが2つあって、常日頃「踊りは苦手」と言ってる私は、はぁぁ・・・ではあったのだけれど、久しぶりに見た「鏡獅子」がとてもよかった。

続きを読む "「鏡獅子」に大拍手"

| | コメント (2)

2007.01.22

☆祝400個めの記事☆朧、再見!

1月22日(月) 「朧に森に棲む鬼」 12:30~ 於・新橋演舞場

 はたと気がついてみれば、前回アップした山口晃の個展が、当ブログ399個めの記事でした。で、手持ちのバカバカしいネタはやめて、新感染「朧の森・・・」再見を、記念すべき400個めとすることに。

 もともと今日は歌舞伎座・夜の部に行く予定で、特に「朧」を見るつもりはなかったのだが、おあつらえ向きにマチネで3階1列を発見したので、えいっとばかり行くことにしたのである。これだと4時終演→そのまま歌舞伎座、4時半開演だもの! チケットWeb松竹サマサマだね~。 

続きを読む "☆祝400個めの記事☆朧、再見!"

| | コメント (2)

2007.01.19

久しぶりに中目黒の画廊へ

山口晃「ラグランジュポイント」(1月20日まで) 於・ミヅマアートギャラリー

Yamaguchi  頭の中がいつもゴチャゴチャしてるので、何かを忘れているような気がしてならなかった・・・! 今朝、思い出して、あわてて仕事の前に、中目黒に行き、山口晃の絵を見てきた。12月5日からやってたのにね。

←案内ハガキの「武人」

 ミヅマへ一人で行くのは初めてだったから、果たしてちゃんと行けるのか不安だったけど、覚えているもんだ。それにしても、とてもギャラリーがあるとは思えない古びたビルである。そこの2階なのだが、今回は5階にも作品があって、まず、5階から見るようにと2階のドアに張り紙が。

続きを読む "久しぶりに中目黒の画廊へ"

| | コメント (0)

2007.01.18

芝雀丈が落語会に出演!?

 今年もらった年賀状で、一番ビックリしたのは、「三月はいよいよミックス寄席に、芝雀丈が登場します」という文面だった。これには、えっ!?と思うしかない。で、あわててミックス寄席のサイトをチェック。

http://home.att.ne.jp/apple/mix/index2.html

 正雀さんとの会なのか、対談とか・・・?と思っていたが、どうやら歌舞伎でもお馴染みの落語をなさるらしい。そういえば、やはり落語がお好きで自分でも演じられた役者さんは、福助さんだったっけ。いったいどんな会になるのかな。

 去年、芝雀さんは舞台でよく見ており、印象にも残ったのだった。ちょっと丸っこくて可愛いの。品がある(というのは大事だと思う)けど、高ビーじゃない感じ? で、落語ではいったい・・・ドキドキしちゃうぞ。

| | コメント (0)

今年初めての・・・狂言

1月17日(水) 「第37回 野村狂言座」 18:30~ 於・宝生能楽堂

素囃子「男舞」 「大般若」万之介、竹山悠樹、月崎晴夫 小舞「七つ子」「暁」 「文蔵」萬斎、万作--休憩--「六地蔵」深田博治、石田幸雄、高野和憲、破石晋照、時田光洋

 パタパタと宝生能楽堂へ向かい、席に座ったとたん、「そういえば今年は『翁』を見なかったなぁ」と思ったのだった。来年は見なくっちゃ(笑)。・・・と思っていたら、本日の演目で見たことのない「大般若」は、三番叟を思い起こさせるもの。僧と神子(みこ)と施主が登場する。

続きを読む "今年初めての・・・狂言"

| | コメント (2)

2007.01.15

歌舞伎座・昼の部、演目に不満あり

1月15日(月) 「寿 初春大歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・歌舞伎座

松竹梅」(松)梅玉、橋之助 (竹)歌昇、信二郎、松江、高麗蔵 (梅)魁春、孝太郎、芝雀 「俊寛」吉右衛門(俊寛)、福助(千鳥)、段四郎(瀬尾太郎)、富十郎(丹左衛門尉基康)ほか 「勧進帳」幸四郎(弁慶)、梅玉(富樫)、芝翫(義経)ほか 「喜撰」勘三郎、玉三郎ほか

 今年になってから、「やっぱり行くか」と思いチケットを調達(頭の中は国立劇場だったので・・・)。だって、あんまり当たり前すぎる配役だし、面白いだろうとは思うけど、「そそられない」と思うよ。でも、「松竹梅」は綺麗で、何も考えずに楽しむことができたかな。ただし「松」はまだ客席がざわざわしていて、あんまり印象に残らず。「竹」は背景の絵がすがすがしいのと(竹の絵が好きなのだ)、雀笹平など雀役の拵え(衣裳)が楽しかった。「梅」は女形3人であでやかに。でも魁春って化粧のせいか、顔がこわいんですけど。

続きを読む "歌舞伎座・昼の部、演目に不満あり"

| | コメント (2)

2007.01.14

舞台の楽しさを満喫!

1月13日(土) 「朧の森に棲む鬼」 17:30~ 於・新橋演舞場

作/中島かずき 演出/いのうえひでのり 出演/市川染五郎(ライ)、阿部サダヲ(キンタ)、秋山菜津子(ツナ)、真木よう子(シュテン)、高田聖子(シキブ)、粟根まこと(ウラベ)、田山涼成(イチノオオキミ)、古田新太(マダレ)ほか

 今までの、劇団☆新感線+市川染五郎は、なんとなく機会がなくて見てこなかった。「阿修羅城の瞳」とか「髑髏城の七人~アオドクロ」とか。・・・それをちょっと後悔してしまうくらい面白かったなあ。先月、シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」の試写会に行ったとき、すごく熱心な染五郎ファンに出会ったのだけれど、そのことを思い出して「なるほど!」なのだった。

続きを読む "舞台の楽しさを満喫!"

| | コメント (2)

2007.01.12

音羽屋ーっ!(^^)!

Otowaya  「待合室」、「犬神家の一族」、「愛の流刑地」などなど。去年の後半から今年にかけて、尾上菊五郎家の皆さんが主演する映画が目白押し。しかも母子共演などの話題もたっぷりで、雑誌類でも、正直「またか」と思うほど、インタビュー記事が載っている。

 ←この中では、アエラと婦人公論はライターも同じ(同じ衣裳の写真もある)。内容自体は、今までにも見たり聞いたりしている話が多いかな。クロワッサンの母と息子対談が、カラー写真もいっぱいあって、気に入っている。でも、映画はどれも見てないんだよね~。地元でも愛ルケは上映されるけど・・・うーん、行かないと思う。それよりも、「やわらかい生活」「フラガール」あたりを見逃したのが残念。またチャンスを待とうっと。

 さっきから、録画の「徹子の部屋」寺島しのぶを見ていて、その後、NHK古典芸能鑑賞会の「土蜘」へ、ついでにテレビでも音羽屋三昧でありまする。・・・お父上も見なくっちゃね。

 !そういえば、来週発売の某誌の対談にも、ご登場の予定(だれが?)という情報をキャッチ。またあの話かなどと思いつつ、楽しみに待ってよう。

| | コメント (2)

2007.01.10

「ロープ」2007

1月10日(水) 「野田地図 ロープ」(2回目) 19:00~ 於・シアターコクーン

 前回見たのはわずか2週間前とはいえ、12月の終わりだったので、今日はタイトルに2007と付けてみた。3階の横っちょから見たのとは違って、1階2列めという前すぎる席(しかもまた下手側)で、極端から極端へ、という感じではある。

 でも、近いのはもちろんいいことが多いわけで、いろんな状況がよくわかり、そして迫力もたっぷり。リング内のプロレスシーンよりも、ケーブルテレビの3人の迫力が特に。(以下、ネタばれ!)

続きを読む "「ロープ」2007"

| | コメント (2)

2007.01.07

雨の中、志の輔らくごを聞きに(ネタ入り)。

1月6日(土) 「志の輔らくご in PARCO 2007 其の壱」 14:00~ 於・パルコ劇場

Shinosuke  1ヶ月公演は去年だけかと思いきや、今年も! 去年と同様に、其の壱から其の参までで、追加公演を入れると25公演だそうです。ネタ出しされている演目は、其の壱:メルシーひな祭り、其の弐:歓喜の歌、其の参:狂言長屋で、このうち聞いたことのない「メルシーひな祭り」を選んだのである。

 内容などには、壱の公演が終わる8日までは触れないことにして、画像は入り口でチラシとともに渡されたクリアファイル。私は小さいバッグしか持ってなかったから、この中にチラシを挟んでクルッと丸めて持ち帰った(なので、真ん中が少し折れてる)。

 *以下に、ネタと感想を追記しました。其の弐、参で、また演じられるものもあるのかしら。

続きを読む "雨の中、志の輔らくごを聞きに(ネタ入り)。"

| | コメント (2)

2007.01.06

お正月、銀座にて「和の世界」へ

1月5日(金) 「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展」(1月15日まで) 於・松屋銀座

Ikeda  年末年始、東京は穏やかな日々が続いた。もう少し後に予定していた「日本のおしゃれ展」に行くにはちょうどいいんじゃない!? と、急遽出かけた。去年は「帯留」がメインで(ちょうど『帯留』という本を刊行)、百足の帯留なんかに驚いたのだっけ。今年はお正月らしいコーディネートや、髪飾り、煙草入れ・紙入れ、ショール、もちろん帯留などなど、たっぷり見てきた。

 今年は池田重子さんの半生記『美の世界』が出版されている。地元の書店でも買えるのだけど、会場で買うと簡単な図録(リーフレット)がもらえるので、わざわざ銀座から持ち帰ったよ~。「時代布 池田」に勤めてから独立された方と、着物を通じて親しくしているので、時々、池田さんについて聞く機会があったり(細雪さながらの四姉妹とか)、目黒のお店でお目にかかることもあるけれど、こういうふうに一冊にまとめられると、また別の迫力がある。

 会場では、池田さんのコレクションの出発点となった帯留が展示されている。「いまこれを手に入れなければ」という思いの強さは、ほんとに半端じゃなかったのだ。単にお金持ちのお嬢様、奥様だったわけではなくて。また、宝物という、平田郷陽の人形「嗟嘆」もあり、人込みの会場で見てさえも、胸をつかれるようである。

 私など、親から回ってきた平凡な着物を着るので精一杯だし、小物ですらもなかなか本物は買えないけれど、やっぱり綺麗な本物を見るのは楽しいし大事なことなんじゃないかと思った。そして、どこかで「これ!」という物に出会って、つきうごかされたら、手に入れればいい。その「これ」はブランドとか値段ではないのだと思う。

| | コメント (2)

2007.01.03

初日の国立劇場

1月3日(水) 「通し狂言 梅初春五十三驛(うめのはる ごじゅうさんつぎ)」 12:00~ 於・国立劇場大劇場

序幕【京都】【大津】 二幕目【池鯉鮒(ちりゅう)】【岡崎】 三幕目【白須賀】【新居】 四幕目【由比】【吉原】 大詰【大磯】【品川】【江戸】 菊五郎、時蔵、三津五郎、松緑、菊之助、田之助ほか

 去年の1月も国立劇場には松の内に行ったのだけれど、やっぱり一度は初日に行ってみたいな~と思ったので、がんばってチケットを確保。さすがに華やかでした! ロビーが広いから、こういう時はいいわね。

 と言っても、お芝居自体はやはり「復活狂言」(166年ぶりだとか)だから、いったいどういうの?と思いつつ。まあ菊五郎丈が何役もやるらしい、化け猫が出る、というあたりはわかってたんだけども(以下、多少ネタばれあり)。

続きを読む "初日の国立劇場"

| | コメント (2)

2007.01.02

今年もよろしく(^_-)

新年おめでとうございます

 いま「しんねん」と入力して変換したら「信念」が出てしまい、これでは年末にテレビ放映された「THE 有頂天ホテル」じゃないか! と、新年早々ズッコケ気味です。

 私は28日で2006年の観劇を終了。その後は一転して引きこもり状態で、この5日間で1日しか玄関を出ていません(年始挨拶のみ)。普段の私はそんなもの、なんですよ~。

 さて、今年は・・・。やはり「仕事」と「家事」と「趣味」をうまくバランスをとってやっていく、というのが一番の目標です。「趣味」だけで生きていければいいけれど、そうはいかないのだから、どれもおろそかにせず、「丁寧に」暮らしたい、と思っています。今までもそれぞれに頑張ってきたつもりだけれど、走り抜ける消費人生から、ゆっくり賞味人生(?)へ、転換点のような気がしています。

 いくら年を重ねても、好き勝手な印象を書くだけの「永遠のシロート」ブログは、成長しません。何も学習しないのか!? でも、今年も気取ったり背伸びしたりせずに、今の私が感じることを、記録していけたらいいな、と思っています。どうか、よろしくお付き合いくださいませ。

【追記】どうも毎年、仕事-家庭-趣味を上手にバランスよく、と決意している私。ということは、うぎゃ~働きたくない、わーんもっと気儘にやりたい、へとへとで劇場に駆け込むのは違うなぁ・・・などなど、思う日もあるってことで。 

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »