« 舞台の楽しさを満喫! | トップページ | 今年初めての・・・狂言 »

2007.01.15

歌舞伎座・昼の部、演目に不満あり

1月15日(月) 「寿 初春大歌舞伎 昼の部」 11:00~ 於・歌舞伎座

松竹梅」(松)梅玉、橋之助 (竹)歌昇、信二郎、松江、高麗蔵 (梅)魁春、孝太郎、芝雀 「俊寛」吉右衛門(俊寛)、福助(千鳥)、段四郎(瀬尾太郎)、富十郎(丹左衛門尉基康)ほか 「勧進帳」幸四郎(弁慶)、梅玉(富樫)、芝翫(義経)ほか 「喜撰」勘三郎、玉三郎ほか

 今年になってから、「やっぱり行くか」と思いチケットを調達(頭の中は国立劇場だったので・・・)。だって、あんまり当たり前すぎる配役だし、面白いだろうとは思うけど、「そそられない」と思うよ。でも、「松竹梅」は綺麗で、何も考えずに楽しむことができたかな。ただし「松」はまだ客席がざわざわしていて、あんまり印象に残らず。「竹」は背景の絵がすがすがしいのと(竹の絵が好きなのだ)、雀笹平など雀役の拵え(衣裳)が楽しかった。「梅」は女形3人であでやかに。でも魁春って化粧のせいか、顔がこわいんですけど。

 さて、楽しみだったのは「俊寛」で、これはもう満足満足! 吉右衛門はじめ、役者さんがみな丁寧に演じていて、「いいのを見たな」という感じ。今日は、わりと千鳥の福助さんに目が行った。(前列の人の頭で、舞台の中央が分断されたこともあるか) 上使が赦免状を読むところなど、台詞がなくて舞台下手にいる、というのが多いけど、ふっと気がつくと、全身で感情を表していて(でも控えめな立場)、つい千鳥の気持ちになってしまう。最後に、俊寛が岩の上から去っていく船を見送る場面、まばたきもせずに静かに見やる「遠い視線」に釘付け。

 しかし昼食を挟んで「勧進帳」とは。別にこの2つを並べなくてもいいじゃない? 11月に海老蔵・菊之助で見たばかりだから、まあ気持ちの中では比べながら、というところも。しかし!! 勧進帳を読み上げ始めたあたりで、一瞬、赤ちゃんの「ふぇー」という一声が。そして、問答になってから、もうちょっと「ふぇふぇ」くらい・・・。その後はなかったけど、ちょっと勘弁してよ、だった。幸四郎の弁慶って、900回以上演じてるのだっけ。うむむ、後半にちょっと「早口でよくわかんない」部分が出現。もしや、私は何回見ても、あまり好きじゃないのでは、という気がしてきたよ、「勧進帳」。芝翫の義経はさすがで、こういう味はどこからくるのかしら。

 最後も踊りで、勘三郎ー玉三郎という贅沢な顔合わせ。今月はお正月らしく、豪華な顔ぶれではあるけれど、踊り→俊寛→勧進帳→踊りは、はっきり言って不満だなぁ。演目の組み合わせに関しては、夜の部に期待しよう。でも、来月は昼夜で「仮名手本忠臣蔵」の通し、3月は「義経千本桜」の通しとは、それでいいのか、と思うんだけど。

|

« 舞台の楽しさを満喫! | トップページ | 今年初めての・・・狂言 »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

おっとびっくり、またご一緒でしたか。私は西に近い側でした。

ああ、赤ちゃん、気になりましたよね。
それと私にはいびきも。たぶん下のほうからだったと思うんですが、3階まで聞こえるいびきって…勧進帳は役者も散々かも。
芝翫!私もいいと思いました。見てくれが絵のようだし、気品があって、これぞ義経かと。今月これ一役なせいか、すごく丁寧だし。
ホントに、俊寛と勧進帳を一緒にっていうのはちょっとねぇ。今月の演目で納得できるのは鏡獅子だけですよ、私。三番叟だって、何で廓三番叟をやるかなぁ…

投稿: 猫並 | 2007.01.15 22:26

3階で左右に分かれてたわけですね。赤ちゃんは西の方角でしたか? いびきも災難でしたねぇ。昼食後でもあり、私の周囲も相当「討ち死に」状態でした。

昼の部は、芝翫が一番印象に残りました! 次が福助かも。(だ~か~ら、吉右衛門の俊寛は当たり前すぎるってば)。丹波少将の東蔵も、どうかな?と思ってたけど、意外なくらい(というと失礼ですが)素敵でした。

投稿: きびだんご | 2007.01.15 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舞台の楽しさを満喫! | トップページ | 今年初めての・・・狂言 »