« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007.02.26

文楽の「三業」解説を楽しむ

2月26日(月) 「あぜくらの夕べ 文楽入門」 16:00~ 於・伝統芸能情報館 レクチャー室

第一部「解説」豊竹英大夫鶴澤燕三桐竹勘十郎--休憩--第二部「実演」艶容女舞衣 上塩町酒屋の段より

 あぜくら会の会員誌で募集があったので、往復はがきで申し込んで行ってきた。電車トラブルもあり、4時ギリギリに着いたので、レクチャー室の後ろの方に座る(定員100名とあったと思う)。三味線がよく見えなかったのは残念だけど、「なら開場を並んで待ってろ」ってなものだよね。まず第一部はお一人ずつ、基本的なことの解説から。文楽入門とは銘打たれてるけど、いやいや、かなり年季が入ったファンも多いような気配。 

続きを読む "文楽の「三業」解説を楽しむ"

| | コメント (0)

2007.02.25

千秋楽のパルコ劇場

2月25日(日) 「フール フォア ラブ」 14:00~ 於・パルコ劇場

 今月6日付けで、プレビュー公演の感想をちょこっとだけアップした「フール フォア ラブ」も、今日が千秋楽。さてさて、楽日はどんな感じなのかな、という気持ちで見に行った。前回は2列めの右寄りだったけど、今回はもう少し後ろ(ただしやはり右ブロック)で、舞台の全景が見えてよかった。

 ほんの20日ほど前に見たばかりなのに、けっこう忘れている部分もあって驚く。あれ、こうだったっけ?みたいな感じ。

続きを読む "千秋楽のパルコ劇場"

| | コメント (2)

「私はだれであるべきなのか」

2月24日(土) 「こまつ座 私はだれでしょう」 13:30~ 於・紀伊國屋サザンシアター

作/井上ひさし 演出/栗山民也 出演/浅野ゆう子(川北京子)、梅沢昌代(山本三枝子)、前田亜季(脇村圭子)、大鷹明良(佐久間岩雄)、北村有起哉(高梨勝介)、川平慈英(山田太郎?)、佐々木蔵之介(フランク馬場) ピアノ演奏/朴勝哲

 こまつ座の芝居はなかなか見に行く機会がなくて(行こうと思い立った時には売り切れていたり)、長らく見ていなかったのだけれど、今回は何しろ佐々木蔵之介に北村有起哉の出演とあっては、何がなんでも!! もちろん・・・というべきか、安全策をとって、初日近くは避けたので、二度の「初日延期」も関係はなかった。でも、そう考える人は多く、まして土曜なので、最後列での観劇となった。この席にはちょっとショックだったけど、結果的には、大あわてで駅に走って仕事に向かわねばならなかったから、出口に近くてOKではあった。

続きを読む "「私はだれであるべきなのか」"

| | コメント (0)

2007.02.23

テレビドラマと三鷹の芝居

 《その1》 18日(日)、珍しく大河ドラマ「風林火山」を最初から見た。佐々木蔵之介が出演するなんて知らなかったから驚いた。真田の殿様役。なかなか魅力的な人物ではありませんか! 佐藤隆太(こちらは最初の頃に出てたから知ってる。お百姓だった)と、いわば主従みたいなことになっていて、あらぁ、この二人は三鷹で兄弟役をやってたよね、と。

 そんな話を、後日、嵐ファンの友人にしたら、「4月からの松本潤主演の連ドラに、二人も出演する」と教えてくれた。三鷹市芸術文化センターで見たのは、二人芝居だったのである。「Team申」というユニット名で(これは蔵之介さんが主宰するユニットらしい)、どうやら二人は1周り違う申年生まれ。年齢もタイプも違うと思うのだけれど、この組み合わせには要注目。

 《その2》さらに、19日(月)朝。「芋たこなんきん」のオープニングから見た。ここから見るのは初めてかもしれない。いつも気がついたら始まってるので。それに見てない日も多いくらいだし。で、気になっていた酒屋の主人がだれだか、やっとわかった! 誰だっけ、どこで見たんだっけ、とずーっと思っていた。荒谷清水という名前を、文字で見た瞬間、そうだ、「青木さんちの奥さん」(@三鷹市芸術文化センター)に出演していたんだ!! ああ、わかってよかったよ(喉の小骨状態)。

 この芝居は南河内万歳一座のもので、基本シチュエーションは決まっているものの、後は役者(ゲスト)のアドリブで進行する、という、なかなか刺激的で面白いものだった。単にゲストの高田聖子&加納幸和見たさで行って、「めっけもん」という感じだったんだなー。

 ・・・と、2日続けて、NHKドラマと三鷹の演劇が結びついたので、むむむ、と。意欲的な演劇公演のみならず、古典芸能(東西狂言会や談志、小朝などの落語、若手の落語)、クラシックコンサート(茂木大輔さんなど)、そしてハコは小さいけど美術展、等々。三鷹はすごく頑張ってると思う。折角、立派なホールがあるんだもの。生かすにはやっぱり魅力的な企画だよね。

| | コメント (0)

2007.02.22

火の女・お三輪

2月21日(水) 「文楽公演 第3部 妹背山婦女庭訓」 18:00~ 於・国立劇場小劇場

「道行恋苧環」「鱶七上使の段」「姫戻りの段」「金殿の段」「入鹿誅伐の段」

 今日の第3部は、とにかく簑助さんに尽きる。そもそも文楽を見始めてから日が浅いわけで、簑助さんもそれほど見てはいないのだけれど、突然、その人形の「美しさ」や「心情」が私の方へ飛び込んできた、という感じ。そうとしか言えない。道行で、最初にお三輪が出てきたときから、ずっと・・・。

続きを読む "火の女・お三輪"

| | コメント (7)

2007.02.21

不思議な空間で落語を聴く

2月21日(水) 「一本柳道中双六」 14:00~ 於・下北沢「劇」小劇場

喬太郎・豆や、喬四郎・?(新作)、喬太郎・不二家残酷物語--仲入り--白鳥・長屋の花見、喬太郎・へっつい幽霊

 2月13日から行われている「下北沢演芸祭」(春風亭昇太プロデュース)の一つ、平日の昼間、19日から22日までは喬太郎さんの独演会なのである。正直言うと、夜のSWAに行きたかったけど、取れなかったのであんまり悪あがきせずに、こちらにしてみた。下北沢というと、本多劇場とスズナリしか入ったことがなくて、スズナリですら息苦しさを感じるのに、もっともっと「閉所」じゃないの。いや~、こんなところで昼間っから落語を聴くなんて、秘密クラブめいているかも。

続きを読む "不思議な空間で落語を聴く"

| | コメント (2)

2007.02.19

祖母の立場(?)で涙した奥州安達原

2月19日(月) 「文楽公演 第1部 奥州安達原」 11:00~ 於・国立劇場小劇場

「朱雀堤(しゅしゃかつつみ)の段」「環の宮 明御殿の段」

 朝早い(ったって11時)のは大変かと思ってたけど、前日にひたすら充電したゆえ元気復活。珍しく走らずに余裕で劇場へ。第1部の楽しみのひとつは、呂勢大夫さんだったのだが、友人から、つばさ大夫さんもよく見る(聞く)ように、とのことで・・・(笑)。

 こういう若手がずらり床に並んで(6人だったかな。そして入れ替えもあって総勢9人)語る「朱雀堤」は、ストーリーというか状況を楽しむ、という感じかなあ。

続きを読む "祖母の立場(?)で涙した奥州安達原"

| | コメント (3)

2007.02.18

大序にワクワク!

2月17日(土) 「通し狂言 仮名手本忠臣蔵 昼の部」 11:00~

「大序」富十郎(高師直)、吉右衛門(桃井若狭之助)、菊五郎(塩冶判官)、信次郎(足利直義)ほか 「三段目」 「四段目」菊五郎(塩冶判官)、梅玉(石堂右馬之丞)、左團次(薬師寺)、東蔵(原郷右衛門)、幸四郎(大星由良之助)ほか 「道行」梅玉時蔵翫雀

 以前、「仮名手本」を通しで見たのは・・・もう4年以上前のことになるのか。筋書きによると、2002年の10月に上演されている。その翌月の国立劇場での通し上演は見ていない。というか、2か月続けて、歌舞伎座と国立劇場の双方で上演されたのか、と驚いてしまう。で、前回見た時、勘三郎(当時・勘九郎)が若狭之助を演じたことと、大序の色彩に目を奪われたことはよく覚えている。(逆に言えば、それ以外をあまり覚えていない)

続きを読む "大序にワクワク!"

| | コメント (2)

2007.02.16

地獄めぐりの合間に、また閻魔

2月14日(水) 「文楽公演 第2部 摂州合邦辻」 14:30~ 於・国立劇場小劇場

「万代池の段」「合邦庵室の段」

 この日、朝からあっちこっちしていたもので、どっと疲れが出てしまい、翌々日になっても回復せず。別に具合悪いわけじゃなくて、単にエネルギーが枯渇してるだけですが。っていうか、都心に出たついでに一日にいろいろやっちゃおう、という根性がよくないんだね~。午前中は活字で「マクベス」を読み、昼間の文楽は「玉手御前」の話で、夜は「地獄」って・・・そらぁ、どんなにタフでもつらいってば。

 住大夫さん。今回は正直、お年だなあというのを感じてしまった。人形では、合邦(文吾)の一徹な感じが好き。ストーリーが重いといえば重いんで、その分、時々ちょっと滑稽なシーンもあって(次郎丸が池に投げ入れられたり、浅香姫を玉手が足蹴にしたり・・・)、ちょっと救われる。

 タイトルは、地獄地獄・・・と思っていたさなか、万代池の段で、合邦が閻魔像を載せた車を引いて(「閻魔大王」と書かれた幟2本)出てきたから。舞台上の紅梅白梅がちょうど季節にピッタリで、絵として印象的だった。

 

| | コメント (2)

2007.02.14

地獄その2 三軒茶屋にて

2月14日(水) 「地獄八景:浮世百景」 19:00~ 於・世田谷パブリックシアター

監修/桂米朝 脚本/東野ひろあき 演出/G2 出演/佐藤アツヒロ、高橋由美子、山内圭哉、松永玲子、小松利昌、出口結美子、桂吉坊、市川笑也、桂吉弥、升毅、松尾貴史

(ポストトークは出演者11人全員+東野ひろあき氏(司会))

 チラシにも名前が出ている通り(そしてタイトルからもわかるように)上方落語に材を取ったお芝居である。どうやら松尾貴史さん、東野さんあたりが、話を進めていったもののよう。ストーリーの中にも、落語ネタがいーっぱい出てくる。

 けれど、見に来ている人は、「アツヒロくんが好き」とか「G2いいよね」みたいな感じが多いように思った。少なくとも私の周りはそうでした。だからというか、笑いも「イマドキの若者が好むタイプ」のものなのかもしれない。かくいう私は、なぜ見に行ったのかと言えば・・・まあ、落語がどのように使われてるの?という興味と、山内圭哉とか松永玲子が妙に気になってるから、かなあ。

続きを読む "地獄その2 三軒茶屋にて"

| | コメント (2)

2007.02.12

こっくり、ほどよく満腹の「忠臣蔵」

2月11日(日・祝) 「通し狂言 仮名手本忠臣蔵 夜の部」 16:30~ 於・歌舞伎座

五・六段目/菊五郎(勘平)、玉三郎(お軽)、時蔵(一文字屋お才)、梅玉(斧定九郎)ほか 七段目/吉右衛門(由良之助)、玉三郎(お軽)、仁左衛門(平右衛門)、芦燕(斧九太夫)ほか 十一段目/吉右衛門(由良之助)、東蔵(原郷右衛門)ほか

 昨年末に3ヶ月かけて通しで見たのは「元禄忠臣蔵」だが、それを見ているさなかに2月は歌舞伎座で「仮名手本忠臣蔵」の通しというのを知った。うむむ、なにゆえ今?という気もしたのだけれど(だって5、6段目とか、またですかという気分も正直あって)、それでもなんでも、行ってしまうワタクシ。だって、やっぱり出演者が魅力的なんだもの。特に七段目を見たかったのよ~。 

続きを読む "こっくり、ほどよく満腹の「忠臣蔵」"

| | コメント (6)

2007.02.11

地獄その1 三鷹にて

2月10日(土) 「MONO第34回公演 地獄でございます」 14:00~ 於・三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出/土田英生 出演/水沼健(田村)、土田英生(園川)、金替康博(明神)、尾方宣久(坂上)、奥村泰彦(成田)

 今月の予定のところにも書いたけれど、なぜか「地獄」と名のついたお芝居が同時期に上演され、どちらも見に行くことになった。まあこちらは「小劇場系」のものだけれど、近ごろ売り出し中の土田英生さんの劇団であり、会場も身近な三鷹なので、どれどれ、という感じで行ったのである。

 キャパ200少々の風のホールには、やはり若い人が多くてロビーにもそんな熱気を感じた。私の隣は大学生くらいの男の子2人組。開演前にも手にしたチラシを見ながらお芝居の話をしていて、そんな観客からして私には新鮮というか興味深かった。

 舞台の上は、「等活湯」と書かれた横長の碑みたいなのが真ん中にあって、菊の花やらあとソファとかテーブルセットなど、みんな白かブルー系。妙にクリーンな雰囲気。

続きを読む "地獄その1 三鷹にて"

| | コメント (0)

2007.02.10

落語、きてます?

2月9日(金) 「市馬落語集」 (19:30ころ到着) 於・お江戸日本橋亭

 (開口一番・市丸、市馬・猫の災難--仲入り--市馬・火事息子)

 今までも仕事で遅くなって、19時の開演に間に合わないということはあった。もっと遅くなってから駆けつけたことも。でも、満員で立見もできない、という事態は、全く予想していなかったなー。この1年あまり、明らかにお客さんが増えている、という感じはしてたけど。

 というわけで、まあ「火事息子」の方は、声だけはかろうじて聴いたというくらい。また早いうちにちゃんと客席で聴きたいと思う。私が生で「火事息子」を聴いたのは確か扇橋師匠のだと思うけど、市馬さんはその扇橋さんに教わったのだとか。

 落語ブームといっても、みんながみんな受けてるわけじゃないだろう。その中で、実力派の正統柳家、市馬師匠がきちんと評価されるのは嬉しいさ・・・でも、私の席だけは空けておいてくれ~(笑)。

| | コメント (2)

2007.02.08

「茶の湯」が聞きたくて

2月8日(木) 「池袋演芸場上席 夜の部」

(紋之助)、権太楼・谷風情け相撲--仲入り--一之輔・唖の釣、白酒・代書屋、正楽(紙切り:三軒長屋、花見酒、貫一お宮)、市馬・茶の湯

 ちょうど1週間前、上席の初日にも行ったのだけれど、ネタ出しされている中では一番聞きたい噺(市馬師匠では聞いたことがない)だったので、2度目の池袋へ! 今日はチケット売り場のモニターで、紋之助さんを確認しつつ入場して例の「板の上の5つの独楽」から見た。前回はただ色のちがう独楽だったけど、今日はその独楽の上にゴジラだのキングキドラだののフィギュアが載っていて、これもバージョンアップ?

続きを読む "「茶の湯」が聞きたくて"

| | コメント (0)

2007.02.07

二度あることは三度……蜷川×唐沢

2月7日(水) 「コリオレイナス」 13:00~ 於・彩の国さいたま芸術劇場

演出・芸術監督/蜷川幸雄 翻訳/松岡和子 出演/唐沢寿明、白石加代子、勝村政信、香寿たつき、吉田鋼太郎、瑳川哲朗ほか

 豆腐の角でアタマぶつけて死んでしまえ、自分。これは帰りの電車で友達に送ったメール。せっかく譲ってもらった「コリオレイナス」なのに、なんと開演時間を1時間間違えてしまった。ほんとうに大馬鹿モンである。しかも!! 蜷川×唐沢に限ってこんなことが起きる。これで3回目(日にちを間違えた、残業でどうしても行くことができなかった、そして今回)。そんなに粗忽なのかと呆れられるかもしれないけど、他の時はわりと慎重に、チケットを確認してるんだよね。なぜか、蜷川×唐沢に限って、魅入られたみたいに・・・。

 なので、全体の8割くらいしか見ていません。先日「2月の予定」を書いた時に、「コリオレイナス」は、行く方向80パーセントなんて暢気に言ってたのは、もしかしてこんな事態の前兆??

続きを読む "二度あることは三度……蜷川×唐沢"

| | コメント (0)

2007.02.06

ある意味、予想通りのパルコ劇場

2月5日(月) 「フール フォア ラブ」プレビュー公演 19:00~ 於・PARCO劇場

作/サム・シェパード 演出/行定勲 出演/香川照之(エディ)、寺島しのぶ(メイ)、甲本雅裕(マーティン)、大谷亮介(老人)

 もともと本公演を見る予定にしていて、後からプレビュー公演のお知らせが来たので、ついうかうかと見に行ってしまった。この「しまった」という表現は、そもそも、私があまり得意じゃないタイプの舞台だとわかっていたから。でも、まあ出演者が魅力的だから、それをメインに見ましょう、というくらい。

 そして、寺島さんがNHKの「生活ほっとモーニング」に出演した時、稽古場の風景が映り、80分間ずっと対決してる、というようなことを仰ったので、それなりに覚悟して行ったのである。演出の行定さんは映画の人だし・・・。

 そういう意味では、内容的にも予想通りだったかな。上演時間は85分くらい。冒頭からしばらくは、香川-寺島の対決といった感じで、これがずっと続くとツライと思ってたけど、甲本さんに救われました。ま、2回見ることもないんだけど、次は千秋楽だ!

| | コメント (2)

2007.02.04

紙切りや落語で涙した日

2月3日(土) 「花形演芸会」 18:00~ 於・国立演芸場

鏡味正二郎(曲芸)、遊雀・初天神、爆笑問題円馬・試し酒、(豆まき)--仲入り--二楽(紙切り:ペコちゃん、桜島、花嫁さん)、紫文(俗曲:鶴八鶴次郎、大岡越前)、喬太郎・ハワイの雪

 いやはや。落語ファンならずとも、この顔ぶれのすごさはわかるというもの。しかも1800円!!  所得税、払ってもいいです(笑)。もしかしたら、お正月初日の歌舞伎チケよりも、文楽チケ取りよりも、「入っててよかった、あぜくら会」なのかもしれない。でも、会員でも繋がったときには売り切れ、というのを聞いたから、私はとてもラッキーだったのね。

続きを読む "紙切りや落語で涙した日"

| | コメント (0)

2007.02.02

やっと「初・市馬」!!

2月1日(木) 「池袋演芸場二月上席 夜の部」 18:10ころ入場

(左龍)、紋之助(曲独楽)、金時・ふぐ鍋--仲入り--喬之助「寄合酒」、玉の輔「マキシム・ド・呑兵衛」、正楽(紙切り:抜け雀、藪医者、ミッキーマウス、市馬師匠の横顔)、市馬「抜け雀」

 結局1月の落語は「志の輔らくご」に行っただけに終わってしまい、2月に入ってやっと市馬師匠を聞きに行けた! この席は、連日ネタ出しされているから、ほかの日も行きたいのではあるが・・・。

 ところで、仕事帰りに行ったのだが、「有楽町線の池袋駅」からは初めて目的の出口に出ることができた。次回もちゃんと行けるかは、はなはだ心許ないけども。

続きを読む "やっと「初・市馬」!!"

| | コメント (0)

2007.02.01

さて今月は・・・《2月の巻》

2月1日(木) 「今月の、予定は未定!(^^)!」 出没予定メモ

歌舞伎・文楽・・・歌舞伎座・夜の部、国立劇場文楽公演(第1部・2部・3部)

落語・・・花形演芸会、市馬落語集、下北沢演芸祭(柳家喬太郎)

演劇・・・フール フォア ラブ、コリオレイナス、地獄でございます、地獄八景:浮世百景、わたしは誰でしょう

 頭の整理をしがてら、今月の予定を順不同で並べてみた。チケットを入手または手配済みのものはこんな感じ。だから、準備不要の寄席はここに入れてないけど、上席の池袋演芸場にも行きたいなあ。歌舞伎は仮名手本忠臣蔵の通しだから、どうせなら昼の部も見たいと思いつつ、今のところ予定が合わないので様子見。

 個人的におかしいのは、三鷹市芸術文化センターの「地獄でございます」と、世田谷パブリックシアターの「地獄八景:浮世百景」の、地獄つながり。しかも観劇日が接近してる。どんな地獄になりますのやら。

 先日ちょこっと書いた「コリオレイナス」は、行く方向80パーセント、というあたりまで来ている(なんのことだ!?)

 しかし、↑これらと、勤務時間が一定でない仕事を組み合わせた上に、ずっと家にいる日を週に1日は確保しようというのだから、ほとんどパズルの感覚である(苦笑)。

| | コメント (7)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »