« ある意味、予想通りのパルコ劇場 | トップページ | 「茶の湯」が聞きたくて »

2007.02.07

二度あることは三度……蜷川×唐沢

2月7日(水) 「コリオレイナス」 13:00~ 於・彩の国さいたま芸術劇場

演出・芸術監督/蜷川幸雄 翻訳/松岡和子 出演/唐沢寿明、白石加代子、勝村政信、香寿たつき、吉田鋼太郎、瑳川哲朗ほか

 豆腐の角でアタマぶつけて死んでしまえ、自分。これは帰りの電車で友達に送ったメール。せっかく譲ってもらった「コリオレイナス」なのに、なんと開演時間を1時間間違えてしまった。ほんとうに大馬鹿モンである。しかも!! 蜷川×唐沢に限ってこんなことが起きる。これで3回目(日にちを間違えた、残業でどうしても行くことができなかった、そして今回)。そんなに粗忽なのかと呆れられるかもしれないけど、他の時はわりと慎重に、チケットを確認してるんだよね。なぜか、蜷川×唐沢に限って、魅入られたみたいに・・・。

 なので、全体の8割くらいしか見ていません。先日「2月の予定」を書いた時に、「コリオレイナス」は、行く方向80パーセントなんて暢気に言ってたのは、もしかしてこんな事態の前兆??

 ゆえにストーリーとかを云々することはできないが(いや、全部見ててもろくに書けない気もする)、舞台の美しさやワクワクは堪能。「十二夜」のように鏡があって、なおかつ、もっと鏡自体を生かしていた。コリオレイナス(マーシアス)に対する民衆の存在が大きいのだけれど、鏡の効果的な使い方で、観客も「民衆」になってる感じ。あと、四天王像もなるほど!というところ。そして色彩の美しさ!! ローマの貴族や民衆が大勢出た時、それぞれの衣裳に茶色・ベージュ系を基調に多くの色が使われているのに、とても美しい。四天王像や襖絵(と言っていいかな、やはり仏教的な絵など)とも、響き合う色彩。そしてヴォルサイでは白。やっぱり、こういう美しさにやられちゃうのだ。

 唐沢さんは、そんなわけでなかなか見られない俳優さんではあるが、一直線なタイプの役柄がニンに合ってる気がした。いやそれよりも、勝村さんってほんとに舞台でより映えるのね、と実感。吉田鋼太郎さんの後半の演技(説得失敗のあたり)にも打たれ、見応えがあった。白石さんがなんとなく他と染まらない雰囲気で、ものすごい納得できる母親像なのに違和感はある。

 さて、蜷川×唐沢。四度目はあるのか!? その場合には「四度目の正直」になるのか!??(とりあえず、徐々に劇場に近づいてはいるので)

 

|

« ある意味、予想通りのパルコ劇場 | トップページ | 「茶の湯」が聞きたくて »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある意味、予想通りのパルコ劇場 | トップページ | 「茶の湯」が聞きたくて »