« 紙切りや落語で涙した日 | トップページ | 二度あることは三度……蜷川×唐沢 »

2007.02.06

ある意味、予想通りのパルコ劇場

2月5日(月) 「フール フォア ラブ」プレビュー公演 19:00~ 於・PARCO劇場

作/サム・シェパード 演出/行定勲 出演/香川照之(エディ)、寺島しのぶ(メイ)、甲本雅裕(マーティン)、大谷亮介(老人)

 もともと本公演を見る予定にしていて、後からプレビュー公演のお知らせが来たので、ついうかうかと見に行ってしまった。この「しまった」という表現は、そもそも、私があまり得意じゃないタイプの舞台だとわかっていたから。でも、まあ出演者が魅力的だから、それをメインに見ましょう、というくらい。

 そして、寺島さんがNHKの「生活ほっとモーニング」に出演した時、稽古場の風景が映り、80分間ずっと対決してる、というようなことを仰ったので、それなりに覚悟して行ったのである。演出の行定さんは映画の人だし・・・。

 そういう意味では、内容的にも予想通りだったかな。上演時間は85分くらい。冒頭からしばらくは、香川-寺島の対決といった感じで、これがずっと続くとツライと思ってたけど、甲本さんに救われました。ま、2回見ることもないんだけど、次は千秋楽だ!

|

« 紙切りや落語で涙した日 | トップページ | 二度あることは三度……蜷川×唐沢 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

私も今日観てきました。
あのドアの効果音はなんだったのでしょうか?アレが意味不明というか、私には理解できなくて、それが最後まで気持ち悪かったのですが。
プレビューが終わって今日(7日)が一応の初日だったせいか、歌舞伎座でも博多座でも会えなかった純子奥さんを間近に見られて、ここんとこ毎月の眼福が途切れなくてよかった。と、それが妙に嬉しかったです(^^ゞ

投稿: 猫並 | 2007.02.07 23:05

猫並さま
今日でしたか! プレビューはおまけなので、じゃあ、初日と楽をお互いに担当ってことで(笑)。
あのドアの音ねぇ・・・ビクッと心臓に悪かったです。たしか蜷川×萬斎「オイディプス王」でも似た音は使われてたけど、あちらは重要な効果音だったはず。で、効果音がある時とない時は、何が違うんだ?とか考えたでしょ??

投稿: きびだんご | 2007.02.08 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙切りや落語で涙した日 | トップページ | 二度あることは三度……蜷川×唐沢 »