« 地獄その1 三鷹にて | トップページ | 地獄その2 三軒茶屋にて »

2007.02.12

こっくり、ほどよく満腹の「忠臣蔵」

2月11日(日・祝) 「通し狂言 仮名手本忠臣蔵 夜の部」 16:30~ 於・歌舞伎座

五・六段目/菊五郎(勘平)、玉三郎(お軽)、時蔵(一文字屋お才)、梅玉(斧定九郎)ほか 七段目/吉右衛門(由良之助)、玉三郎(お軽)、仁左衛門(平右衛門)、芦燕(斧九太夫)ほか 十一段目/吉右衛門(由良之助)、東蔵(原郷右衛門)ほか

 昨年末に3ヶ月かけて通しで見たのは「元禄忠臣蔵」だが、それを見ているさなかに2月は歌舞伎座で「仮名手本忠臣蔵」の通しというのを知った。うむむ、なにゆえ今?という気もしたのだけれど(だって5、6段目とか、またですかという気分も正直あって)、それでもなんでも、行ってしまうワタクシ。だって、やっぱり出演者が魅力的なんだもの。特に七段目を見たかったのよ~。 

 結果的に、予想以上に満足満足という気分。ほんとに歌舞伎の面白さを味わったというか、「ああ、たっぷり見て楽しかった、いいのを見た、幸せ・・・」というような感覚が、どーんと来るがゆえの「満足」かなあ。それは海老蔵や菊之助を見て、美しさにぼーっとして「よかったわね、綺麗!」なんていうのとは、また違うもの。

 やはり菊五郎であり吉右衛門であり、玉三郎、仁左衛門などなどが、私の目を引きつけて離さない。なにげないような動きのひとつひとつを、おろそかにしていないということかもしれないし、伝統の上に立つ個人の力、なのかもしれない。

 ま、7段目まで、ぎゅっと力を入れて見てたから、(通しとは言うものの、そこからすぐ11段目だ)、最後に11段目でいい意味でクールダウン。頭をからっぽにして気分良く歌舞伎座を後にできる・・・という意味でも、よくできた話じゃないの。

 討ち入りの場面では、まだ12月の「元禄~」の記憶が新鮮だったから、ちょっと不思議な気分になったりしたけどね。ま、あえて言えば、斧定九郎(梅玉)が楽しくなかった(としか言えない)のと、力弥(児太郎)がやはり小さすぎるんでは、と思ったくらいかな。好きずきの範疇かも。

|

« 地獄その1 三鷹にて | トップページ | 地獄その2 三軒茶屋にて »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

コメント

ちゃんちゃんばらばらをやって、あえて十段目を外した構成だから児太郎=力弥なんですかね?
今月、お父さんはもちろん伯父さんもお祖父さんも出てない歌舞伎座に単身やってくる児太郎の楽屋ってどうなってるんだろう?って考えてしまいました(^^ゞ

私は、作りそのものは元禄忠臣蔵より仮名手本忠臣蔵の方がずっと好きです。ただ、どーいうわけか五六段目や十段目が人気でそればかりでるのが不満。疲れるけど、やっぱりコレは通しで見たいから、3,4年に1回くらいかけてくれたらいいなって思っちゃいます。

投稿: 猫並 | 2007.02.13 08:00

昨日、とりあえず昼の部を拝見してまいりました。
筋書きの上演記録をチェックしてみましたが、たぶん、通し上演を見るのは初めてな気が・・・。
意外に、通しでの上演はされていないのですね。

大序が新鮮でした。口上人形からチョボに合わせて、役者が目を開いていくところ、わくわくしますね。
あとは、「エヘン、ばっさり」のところが、おかしかったです。

夜は、演舞場に移動、「殿のちょんまげを切る女」を見物。ウーン、今までの2月公演にくらべると、ちょっと物足りないかなぁ???という気がしました。
直美さまの出番も、意外に少なかったですし(出てくれば、もちろんさらってましたけどね)。
ただ、久しぶりで小山三さんが拝見できたので、それはうれしかったです(笑)。

夜の部は、本日チケットを確保してあるのですが、果たして、開演に間に合うか知らん・・・。

投稿: おまさ | 2007.02.13 12:09

>猫並さま
芝居の流れの中だけで考えると、力弥でガクッとなっちゃうんですよね。そういえば、今月はお父さん、お祖父さん、おじさん、いとこたち・・・皆さん、出てらっしゃらないのですね。(と書き上げてるだけで、すごい世界だなあと思います)
ほんと、「そろそろ今年は通しがかかるかな」くらいの感じで見たいものです。

投稿: きびだんご | 2007.02.13 22:36

>おまささま
おお、先月私は演舞場→歌舞伎座のハシゴをしましたよ。おまささんはその逆コースだったのですね!!
で、今日、夜の部は無事に最初からご覧になれたかしら。

私は2月の演舞場は今までも行ってないんです。でも、そうか小山三さん!!  いいなあ。

投稿: きびだんご | 2007.02.13 22:49

はい、無事に夜の部最初から拝見できました!
やはり、七段目に尽きますね・・・。
吉右衛門=由良之助、仁左衛門=平右衛門、玉三郎=おかるは、よかったです。
そして、吉之丞さんの六段目・おかやも拝見できて、よかったです。
力弥は、わたしも、もうちょっと年上の方がいいかな?と思いました。

演舞場の2月は、ウーン、小山三さんが見たい!というだけでは、ちょっとオススメしないかな?という感じです。 今回は柄本さんもお休みだったし・・・。
4月の「桂春団治」は、見たい!のですが、4月はお能を2つもチケットとってしまったし、御園座という懸案事項もあるしなぁ・・・。

悩みは尽きませぬ・・・。

投稿: おまさ | 2007.02.15 20:49

おまささま
無事に、欠けることなく「通し」完成ですね。よかったよかった。
ほんと七段目は見応えがありました。もう1回見たいゾというくらい。

最近のおまささんは、お能に(も)傾斜ですか? そうそう私は御園座、たぶん確保できそうなので、もう行くしかありません!!

投稿: きびだんご | 2007.02.16 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地獄その1 三鷹にて | トップページ | 地獄その2 三軒茶屋にて »