« 夜の部は「親子の情」 | トップページ | オール・メール・シェイクスピア! »

2007.03.27

初めての「掛け合い噺」

3月27日(火) 「すずめ二人會 春の巻」 19:00~ 於・内幸町ホール

開口一番(彦丸・たらちね)、正雀・毛せん芝居、対談中村芝雀林家正雀)--仲入り--掛け合い噺 芝浜(政五郎=正雀、おたつ=芝雀)

 去年は、けっこう芝雀丈を見たと思う。それまではボンヤリ見ていたのだけれど、ほどよく品があっていいなあ、と思い始めていた。ほら、私は「過剰」が苦手だからね。そんなところへ、いつも面白い企画を考えるミックス寄席のこの企画! もちろん行きますとも。

 ほんとのこというと、正雀師は独特の口調(と声)が、私の好みの部類ではない。だからめざして見に行く、ということはないのだけれど、寄席などで出会うと、いつもきっちり聞かせてくれる師匠。そういう信頼感はあるのだ。いわゆる芝居噺の継承者でもある。

 最初にこの「二人会」のことを聞いたときには、芝雀丈がゲストで出演されて対談でも?なんて思っていた。そうしたら、「芝浜」を一生懸命お稽古されてます、なんて話が入ってきて、えっ?落語をなさるの・・・?? なになに「掛け合い噺 芝浜」ですって。いったいこれは!

 仲入り後。幕が上がると、かなり横に長い高座の上には、上手側に正雀さんだけがいて頭を下げている。始まりは普通に「芝浜」の出だし。そして河岸へ行くときに立ち上がり、ぐるっと前にでてくる。犬の鳴き声の効果音も。正雀さんは今度は立ったままで噺を続ける。そして浜で財布を拾い「ただ今」と戻ってくるところで、芝雀丈の登場。並んで座って、政五郎とおたつの台詞を言う。二人が座っている間の距離は相当あいていて、「財布」と言って手渡す手拭いも、お互いに自分の物を使って連続して見せる感じ。

 こんな調子で、芝雀丈は何度か引っ込み、正雀さんは立ち上がって動いたりもしながら進行する。照明が工夫されたり、鐘が鳴ったりするし、途中の台詞で三味線が入るところもあった。黒子が座布団を持って出たシーンも。会話の部分では、さすがに芝雀丈の「聞いている演技」がすばらしい。落語の「芝浜」であれば、とうぜん高座には一人しかいないわけで、政五郎が喋っていれば政五郎を、おたつならおたつを頭に描く。でもこの場合は、会話の当事者が二人ともいるわけだからね。でも、政五郎が話しているときのおたつはよく見たけど、思い出してみればおたつの語りの時に正雀さんを見てはいなかったなぁ・・・。

 最後、大晦日におたつが嘘をついていたことを告白するシーンでは、ほんとに会場が静まりかえって、不覚にも涙が出てしまった。落語でこんなこともできるんだ、ということにも感動したという感じ。

 噺が終わってから、カーテンコール(?)の際、芝雀丈は、歌舞伎のような化粧も衣裳もなく素でやることのギャップ、正雀さんは、立ち上がって動きながら話すことへの戸惑いをおっしゃっていた。でも、こんなふうに完成された「舞台」になるまで、相当けいこを重ねられたのでは。また別の噺を聞ける機会があれば嬉しい。

|

« 夜の部は「親子の情」 | トップページ | オール・メール・シェイクスピア! »

歌舞伎・文楽」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

芝雀さん、私もけっこうツボにきています。
国立の観賞教室のような、さぞやりにくかろうという舞台も丁寧だし、初々しくて可愛くて、でも時蔵と同い年なのか!と。
去年の5月、女形の夕べというトークがあって、福助と芝雀と亀治郎でしゃべってる催しがあったんですが、控えめだけど沈まない、お茶目でご機嫌な芸風そのままのご本人に感動したのを覚えています。

芝浜や文七元結は、落語も歌舞伎も大好きな演目なのに、鹿芝居が全然楽しめなくて…
掛け合いっていうの、見てみたいですね~
またあるかなぁ。

投稿: 猫並 | 2007.03.29 19:39

猫並さま
そうそう、芝雀さんって初々しい感じですよね。
時蔵さんと同い年なんですか!!
(時蔵さんってば、あの髪の毛が・・・)

で、私は「鹿芝居」は見たことないの。
この掛け合い噺は、きっと第2弾があると思いますよ。
その時はぜひぜひ!!

投稿: きびだんご | 2007.03.29 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の部は「親子の情」 | トップページ | オール・メール・シェイクスピア! »