« 土曜日の鈴本はほぼ満員! | トップページ | 洒落た・・・Hip Comedy? »

2007.03.04

ベテランの軽妙な噺を楽しむ

3月4日(日) 「新日屋寄席 銀座落語会 vol.4」 14:00~ 於・新ばし 金田中

開口一番(一左・子ほめ)、一朝・七段目--仲入り--一朝二番煎じ

 今日の落語は、先月の歌舞伎座「仮名手本忠臣蔵」観劇とセットになっていたもの。時々、友人たちと歌舞伎を見るときには、切符の手配など面倒なので、こんな企画ものを利用するのである。金田中での落語会は、昨夏、小米朝さんを聞いたのだった。広~いお座敷なので、足が・・・しびれる・・・。

 私はとにかく、昨日も書いたように、毎日のように「七段目」を聞くことになってしまい、あらあら、という部分もあるが、記憶が鮮明なうちに聞き比べができるという利点があって、楽しみでもあった。

 前座さんは四番弟子と言ったかな。丁寧にはっきりと喋っていて好感。一朝師匠は寄席で聞いたことはあるはずだけれど、ずいぶん久しぶり。この会自体が、(落語だけ聞く人も多いようだが)歌舞伎とセットだし、「七段目」はネタ出しでもあり、歌舞伎がらみのマクラが楽しかった。そもそも一朝師匠は、二つ目時代に歌舞伎座で笛を吹いてらしたり、奥様が現・市蔵丈のお姉さんだとか、歌舞伎とは縁の深い方ですって。歌右衛門丈の声色なんかも、すご~い。2席目のマクラでは、林家彦六の物まねで大笑いだったし、そういうのがお得意なのかしら。

 「七段目」は、ほぼ市馬師匠と同じく、という感じ。やはり丁寧に演じられて、聞き応えがあった。芝居のところも、勿論!! どちらかといえば、小僧=おかる、の方がより自然な気がした。こういうのが持ち前のキャラなのかしら(市馬師匠だと、若旦那=平右衛門の方が好き)。

 そういえば、この冬は「二番煎じ」を聞かなかったかな。寒くなかったしね。今日など、もはや春らんまんという感じだったけど、ちょっと冬の気分。マクラで当時の火事に対する備え(なぜ「火の用心」と言って歩くか)などを丁寧に説明されたので、一行の雰囲気がよくわかった。こちらも、芸達者ぶりを遺憾なく発揮されて、それが自然というか「なんでもない」ふうだったのが、今思い返すに、すごいなあと・・・。

 さて、これでしばらくは「七段目」を聞く機会はなさそう・・・? 歌之助さん、市馬さん、一朝さん、それぞれに楽しい「七段目」ですごく満足!

*終演後、外へ出たら、新橋演舞場の前にハシゴ車と人だかりが! なになに? 火災予防訓練というのかしら、池端慎之介さんを一日署長に云々、と聞こえた。でも、演舞場だから、ちょっとシャレにならないかも~。

|

« 土曜日の鈴本はほぼ満員! | トップページ | 洒落た・・・Hip Comedy? »

落語」カテゴリの記事

コメント

歌右衛門と彦六って、そういえばそもそもこの二人が似ているのかも。勿論声のことだけど、もしや顔も。以前正雀が「奴さん」を踊りながら歌右衛門の声色をいれたときにゃ、ひっくりかえって笑ったのでした。

ご無沙汰でしたので、本名で出てみました。

投稿: 松乃鮨 | 2007.03.05 00:43

一朝師匠の「七段目」でしたか。連チャンを締めくくるには、ピッタリかも・・・。
一朝師匠といえば「芝居の喧嘩」!なわたしです(寄席で3回に2回は・・・。でも、いつ聞いても面白いからいいんですけどね)
「二番煎じ」もきっといいんでしょうねぇ。
そういえば、確かに今年は「二番煎じ」やりにくかったかも?でしたね。花見の噺も、早くやらないと、季節外れになっちゃいそうですし・・・。ネタだしの会の関係者はアセっているかも(笑)。
先月の明治安田で、志の輔師匠が「百年目」をおかけになったのは、先見の明あり!だったなぁと(その時は、さすがに「ちょっと早いかな?」と思ったのですが・・・)。

小米朝師匠の「七段目」も楽しくて、わたしは好きです(「また!」と思われる方もいらっしゃるようですが・・・笑)
若旦那はもちろん、地で行けますし、定吉もかわいいなぁと思うので、両方OK(笑)。

投稿: おまさ | 2007.03.05 07:24

>松乃鮨さま
まーまー、お久しぶり。本名にてご登場、ありがとうございます。って、偽名はなんだっけ(笑)。落語集、とんとお見限りですかい?
私はCDなどでも彦六を聴いたことがないんですが、一度聴いてみなくては。
正雀さんといえば、月末のミックス寄席・芝雀さんとの「すずめ二人會」とやらがありますね。対談もとても楽しみなのです。

>おまささま
一朝さん、「いっちょうけんめい」を聞いた記憶はあるんですけどね(汗)。「芝居の喧嘩」ですか!! ぜひ寄席で聞いてみたいです。
「二番煎じ」で火事のマクラが始まったときには、「火事息子」だと嬉しいな、と思ったりしたのですが(市馬落語集で殆ど聞けなかったので)、「二番煎じ」とわかって、正直、「外も、このお座敷も、暑いよ!」と、でも、夜回りの旦那衆が自慢の喉を披露するあたりが、ポイントだったのでしょうね。・・・ま、花見が出てくる噺でもよかったかも。
そういえば、昨夏、同じ「金田中」で小米朝さんの「四段目」の方は聞いていたのでした。賑やかな噺がお得意? 若旦那が地でいける、っていうのは強みですよね。

投稿: きびだんご | 2007.03.05 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土曜日の鈴本はほぼ満員! | トップページ | 洒落た・・・Hip Comedy? »